【 更新情報 】

スポンサード リンク

お口の嫌な臭い、気になりませんか?

口臭・・・下は幼い子供から、高齢の方まで、本当に多くの人が口臭の問題を抱えていて、
そのほとんどの人が誰にも言えず苦しんでいます。

人の口臭はわかっても教えてあげにくいし、ましてや自分の口臭は自分ではわからないものです。
家族から言われて始めて気づく人も多いはずです。

ついつい、口臭のため相手との距離をとってしまう。

相手の人にのけぞられてしまう。

自分の口臭が気になり話ができなくなり、話すのが怖くなる。

子供から「ママの息臭い」、「お母さんの口、うんこの臭いがする」などと言われる。

子供の口臭が気になる、口臭でいじめられるのではないかと心配。

など、口臭で悩んでいる人の声は数多く、あとを絶ちません。
口臭は虫歯と同じように、「放っておけば治る」という問題ではありません。
放っておくと必ず悪化するのが口臭です。

しかし、あきらめる事はありません。

加齢による口臭、子供の口臭、女性特有の口臭、若年の口臭、病気による口臭… 
どんな口臭でも正しい方法さえわかれば、誰でも爽やかな息を手に入れることができます。

それは、ほんの少しの知識と工夫さえあれば、自宅で簡単に、
そしてお金をかけずに克服することができるそうです。

こちらのサイト、オススメします。
http://www.kosyu-gekitai.com/kosyu/

体臭で嫌われていませんか?


20代〜30代の男女にアンケート調査を実施したところ、
「女性の体臭を不快と感じた」ことのある男性はわずか12%であったのに対し、
「男性の体臭を不快と感じた」女性は100%という結果でした。
これは世の中のすべての女性が男の体臭を臭い!と感じているということです。
自分の臭いはなかなか気づかないものですが、”クサイ男”は女性に嫌われます。

自分のからだから発する臭い、或いは、職場の同僚や家族から発する体臭に、
悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

臭いというものは目には見えませんが、それが悪臭だった場合には、周りの人をとても不快にさせ、
時には人間関係に歪みを引き起こしかねない厄介なものです

体臭ができるメカニズムは、ほぼ解明されてて、体臭は皮膚の脂質の酸化が大きな原因だそうです。
体臭のメカニズムはむつかしいので、専門家に譲りますが、

汗をかいたらマメに対処をして、汗をかいたまま放置しないことが重要です。また、
基本的に肉類の多い食生活をしていると体臭が強くなります。
肉・牛乳・チーズなどは控えるように、
辛いものや臭いの強いニンニク・ニラ・ネギ・ラッキョウは、夏には控えたほうが良いようです。

体臭予防するのに、普段の入浴では、湯船にコップ半分弱ほどの酢を混ぜるのも、
効果があるそうです。酢は肌を弱酸性に保ち、雑菌の繁殖を抑えてくれるそうです。
試してみてはいかがでしょうか。

足の臭い悩み、どうしていますか?

足の臭いで真剣に悩んでいます。
足の臭いで悩んでいます。真剣です。20代女なのですが足が臭いのです・・・!
春夏秋冬、基本的に臭い・・。(涙)
ご主人の足が臭い・・・という方いらっしゃいますか?
失礼な悩みかもしれませんが、うちの主人は足が半端なく臭いです。

など、自分や、家族の足の臭いに鼻持ちならないと、悩んでいる人が多勢おられます。
いいたいけど,言えば怒る。だから我慢する。でも我慢ならない。
「臭い足で歩くな!風呂入って洗え!!!」と、おなかの中で叫ぶ。いいたくなりますよね。
そこでちょっとしたご提案、
薬用石鹸ミューズ!で洗う。
この石鹸はデオドラント効果がとても高いです。これで洗っていると、
ニオイがだいぶ軽減してきます!
それと、靴に消臭効果の高めの中敷き!これを頻繁に変えるのも効果的です。
また、聞いた話ですが、容器に酢を入れ皮を剥いた生のにんにくを入れて1ヶ月待ちます。
その液体をガーゼなどにつけ足に塗ると足の臭いがなくなり、風呂上りは全然臭わないとのこと。
あと、靴の中に10円玉を入れておくと、臭い菌が繁殖しないと聞きました。
真意のほどはわかりませんが、まずは足についている細菌から消毒しましょう。
気になる方はお試しあれ。

加齢臭の対策と予防

自分では気付かない加齢臭で知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけていませんか?
私事ではありますが、私は現在ある温泉施設で調理の仕事をしている調理人です。
職場柄、高齢の方が多数おみえになります。臭います。加齢臭です。
「年寄り○○○、やがて行く道」です。そこで、
加齢臭の対策と予防として、数々の、加齢臭予防グッズ:サプリメント、
加齢臭予防グッズ:ボディシャンプー、加齢臭予防グッズ:石鹸、などが販売されています。が、
加齢臭予防グッズもさることながら、
加齢臭には活性酸素対策が重要だそうです。
脂肪過多の食事や、タンパク質偏食に気をつけること、アルコールの飲みすぎなどにも注意が必要です
それにタバコは活性酸素そのものを作り、ヤニ臭さは、加齢臭のなかの代表にもなります。
さらにストレスや、不規則な生活、運動、強い日光なども、活性酸素を作ります。
加齢臭にとって重要なのは、清潔な生活です。ことに皮膚の汚れや過多な脂肪分は、
石鹸などで洗い落とし、さっぱりとすることが大切みたいです。
汗をかく暑い夏などはこまめに下着を変えて、
加齢臭の原因となる菌が繁殖するのを防ぐことが必要です。
40歳代から急増する加齢臭、気になる臭いにサヨナラしたいものですね。

〜頭皮の臭いの予防対策〜

頭皮って、ふと思いついて指を突っ込んで臭ってみたら、なんかくさかった、って経験ありますよね。
特に夏。汗をかいた時の頭皮の臭いって、独特でかなりきついものがあります。
なんか、くさいんだけど嗅いでしまう。そして自分の頭皮の臭いに顔をしかめてしまう。
自分の臭いはまだ我慢できても、人の臭いは、嫌な臭いで鼻持ちならない・・・。あると思います。
頭皮のにおいに悩んでいるのは男女問わず、年齢も問わず、多勢の人が悩んでいます。
そこで、チョットだけ、頭皮の臭いの予防対策お教えします。
まず、洗髪は、
*過度なシャンプーは厳禁です。ほどほどで大丈夫。
*シャンプーやトリートメントはよく洗い流す。シャンプーやトリートメントが残っていると異臭の原因につながります。
*低刺激性のシャンプーやトリートメントを使用する。自分にあったものが一番ですが、オススメは弱酸性。
*髪はよく乾かす。ドライヤーでゆっくり低温でよく乾かす事が大事です。(特に長い髪の女性は時間をかけて)
それ以外に大事なのは、ずばり、ふだんの生活。
おもに食生活が大事です。
脂っこいものや、肉類などばっかりとっていては、体臭そのものもきつくなります。
シャンプーなどで一時的にごまかしていても、ここから改善しないとだめみたいです。
野菜を多く取り、タンパク質は大豆や野菜などの良質なものに変えるなど、
日頃のこころがけ、日々のつみかさねが何よりも大事。
そういうわけで、頭皮の臭いが気になるという人は、食生活を見直すことも必要かと思います。
汗をかいても臭わない頭皮へ。わたしもがんばろう……。
P R
カテゴリアーカイブ