葉酸代謝遺伝子検査とは?

June 02 [Mon], 2014, 20:00
私たち人間の身体にとって欠かせない栄養素のひとつ葉酸。
この葉酸が減少してくると人間は様々な機能障害が
引き起こされるといわれています。

葉酸不足が引き起こすリスクの一つに認知症(痴呆症)があります。



ホモシステイン(アミノ酸)が血中に増えると、
活性酸素が高濃度になり動脈硬化のリスクが増え、
脳内の血管にも悪影響を与えることが報告されています。

このホモシステインの血中濃度の上昇によって、
脳血管性認知症やアルツハイマー型認知症のリスクが
正常な人に比べて3倍も跳ね上がる結果が出ました。

このホモシステインを抑制する働きがあるのが、

⇒ 血液中の葉酸群だったんです。

日本人の約5人に1人は葉酸不足による
ホモシステインの値が上昇しやすい体質といわれています。

ホモシステインの血中濃度の増加の原因は、
喫煙や加齢などありますが、遺伝的な要素も大きく関係していて
数値が高くなりやすい体質であることも調査結果として出ています。

ですからホモシステインを消化して数値を抑えてくれる葉酸が、
遺伝的に多いのか少ないのかご自身のタイプを判別することによって、
今後の食生活や日常生活の対処法など対策が立てられます。

⇒ 葉酸の遺伝子タイプを簡単に検査するキットが人気!

今の時代は、自宅で口腔粘膜を自分で採取して簡単に
遺伝子検査が出来るようになりました。
それによって自分の遺伝子的に病気のリスクが判断できるようになったんです。

この葉酸代謝遺伝子検査キットも簡単に遺伝子検査ができる人気の商品で、
将来の認知症や痴呆症のリスクを調べられるだけではなく、動脈硬化や
脳卒中のリスク、骨粗しょう症のリスクなどが明確に判るんです。

遺伝子による各種数値の診断だけではなく、
専門家による食品や栄養素のアドバイスを受けることが出来るので、
数値を見ただけでは判らない人にもお勧めの検査キットです。


ご自身の健康が気になる方は、
下記の公式ページで詳細をご覧になってみて下さい。







ホモシステインと葉酸の関係とは?

June 02 [Mon], 2014, 20:00
数ある血中のアミノ酸の中でホモシステインの数値が上がると、
酸化作用によるストレスによって血管内の皮細胞に障害を与えて、
血栓が出来やすくなるといわれています。

要するにホモシステインは、脳内の血管にも悪影響を与えて
動脈硬化による脳卒中や認知症のリスクなどを引き起こす原因なんです。

ただし、人間にはこの悪しきホモシステインに対抗すべく、
血中に葉酸群を持っています。
この葉酸群がホモシステインをやっつけてくれる味方なんですね。

でも葉酸の血中濃度には遺伝子レベルでタイプが分かれるんです。
遺伝のタイプ別によって今後のリスクの軽減方法や、
生活習慣の見直しをするのがベスト。

その遺伝子タイプを簡単に検査できるキットが
葉酸代謝遺伝子検査キットだったんですね。

妊娠ママに必須の栄養素は葉酸?

June 02 [Mon], 2014, 19:59
厚生労働省によれば、今後妊娠を予定している女性に対して、
1日400μg(0.4mg)の葉酸を摂取するよう呼びかけています。
これは栄養補助食品などから摂ることが可能です。

妊娠をすると多くのビタミンが消費されて、
必然的にビタミン不足(特にビタミンB)になりやすく、
よって葉酸も不足してしまうことになります。

葉酸が不足すると神経管閉鎖障害などの
リスクが高まってしまうことから、葉酸が含まれる
ビタミンB群を摂取するように呼びかけているんです。

妊娠を予定されている方は、一度、葉酸代謝遺伝子検査を
受けて、遺伝子タイプを知っておくといいと思います。

妊娠ママさんにも葉酸代謝遺伝子検査キットは注目の的。

自分の葉酸代謝レベルが判るだけではなく、
専門家からのアドバイスも受けることが出来るのがポイント。
遺伝子検査がここまで簡単に出来ると評判の検査キットです。