卒乳でしぼんだ胸を育てるブラって?
2014.05.19 [Mon] 19:38

赤ちゃんが一歳を超える頃になると
そろそろ卒乳を始める人も多いと思います。



おっぱいを飲まなくなったら
赤ちゃんから幼児にステップアップですね。
今までガンバったママさんお疲れ様です。



しかし、大きくなった我が子を見て嬉しく思うのと同時に
散々吸われつくしてしぼんでしまった
自分のおっぱいに悲しくなる気持ちも
あると言う人も少なくないと思います。



赤ちゃんが卒乳をしたら、
今度は育乳を始めましょう!



自分に合った下着を着用して
毎日補正をすることで
少しづつ胸が育っていきますよ。



もう一度自信を持って胸元の開いた服を
キレイに着こなすために、
育乳ブラを使ってみてくださいね。



卒乳でしぼんだ胸を育てるブラって?
 

妊娠線が消えるクリーム発見!効果的な産後ケアとは?
2014.04.22 [Tue] 14:17

妊娠線はストレッチマークとも言われ、
大きくなるお腹に皮膚が付いていけず、
真皮と皮下組織に亀裂が合いってしまうのが原因です。



もともと小柄で皮膚の面積が狭い痩せてる人や
双子などを妊娠して通常よりも
お腹が大きくなってしまった時などに
できやすいと言われています。



私も割と小柄な方でしたので、やばい!と思って妊娠線が出来ないように、
跡が出来ないようにとクリームやオイルで予防マッサージをしていたのですが、
もともとの肌質もあってか、恥ずかしいのですが妊娠線が出来てしまいました。



できやすい場所と言われているへそまわりを中心に、
おへその上下あたりが一番できました。
保湿が十分に足りてなかったのかもしれません。



「妊娠線って塗ってもできるんだ。」ととてもショックで落ちこみましたが、
産後に知り合ったママ友に、
「私も妊娠線出来たけど、今はもうほとんど消えたよ。」
と言われ実際にお腹を見せてもらったのですが、
本当によくよく見ないと分からない程度に消えていました。



思わず「私もそんなに目立たなくしたい!何使ったのか教えて!」
とそのままにお願いしたところ、あるクリームを教えてくれました。



そのクリームは、ヒトオリゴペプチド-3という
とても高級な美容成分が配合されていて、
弾力と透明感のある肌を作るには欠かせない成分の一つ。
角質層までしっかりと浸透してターンオーバーを促進する働きもあります。



ビューティーモデルで知られる田中マヤさんも、
出産のときに愛用していたクリームだそうで、
そのママ友も、雑誌で読んで使い始めたそうです。



妊娠線って、予防することが一番いいですけど、
私みたいにできてしまった人にも効果的な物って
あまりないので本当に助かりますよね。



あれから産後半年くらいたつのですが、
本当に少しづつ変化がある様で、
旦那もびっくりしています。



まだママ友の様に治すことが出来ていませんが、
少しでも跡を残さないように、
もうしばらく継続して頑張っていこうと思います。



私と同じように妊娠線を消したい。
妊娠線の産後ケアをしたい。
というあなたにぜひ一度使ってみてほしいです。



商品の詳しい説明はコチラからご覧になれますので、
参考にしてみてくださいね。

↓ ↓ ↓








 

妊娠線のできやすい人の特徴って?
2014.04.22 [Tue] 14:16

妊娠は嬉しいですけど、妊娠線が出来るのは嫌ですよね。
美容意識の高い韓国では、妊娠線が出来るのが嫌で、
出生率が低下したと言うデータがあるほどです。



妊娠線にはできやすい体質というものがあるらしく、
小柄で痩せ形の人や、乾燥肌の人が、
比較的妊娠線のできやすい人だそうです。



考えてみればお腹が大きくなるのですから、
それまで表面積が狭ければ狭いほど、
引き伸ばされる割合が高くなるので、
皮膚が付いていけなくなるのは分かるような気がします。



その上皮膚が乾燥していたら、
紙の様に破けてしまう感じで
細胞がちぎれてしまいやすいのですね。



それが恐ろしくて、毎日クリームで予防していたのですが、
それにもかかわらずに妊娠線が出来てしまったのです。



とても落ちこみましたが、産後の適切なケアで、
出来てしまった妊娠線も、限りなく薄くすることが出来るとわかり、
今は一生懸命お手入れの最中です。



パッと見た目には消えてしまったように見えるくらい
改善することも出来るようです。



諦めないで、子供と水着を着てプールや海に出かけられるように
頑張って治していこうと思っています!



田中マヤさんも愛用していた、妊娠線を消すストレッチマーククリームは
コチラです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

↓ ↓ ↓








 
サービス会社で比較する