妊娠16週の貧血の原因と対策 めまいや立ちくらみも解消!

March 31 [Fri], 2017, 12:28
妊娠してからというもの、ただでさえつわりがしんどいのに、さらに妊娠16週前後から貧血の症状にも襲われて、踏んだり蹴ったりの状態でした。

朝起きたときからなんだか体が重く、起きた瞬間から頭からさーっと血の気が引いて、いきなり立ちくらみをしたときにはさすがに、やばいと感じました。



鉄分を補っても思うように症状が改善せず、お腹の子への悪影響が随分と心配だったんですが、その後は貧血はすっかりなくなり、つわりもウソみたいに収まりました。

立ちくらみで意識が遠のくようなことは一切なくなり、朝は元気に起き上がれるようになりました。血色も良くなり体の冷えも随分と収まりました。



検診に行く旅に赤ちゃんが順調に育っているのを確認することができたんですが、私がどうやって貧血を解消したのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■葉酸不足で貧血になりやすい


貧血と言えば鉄分を補ってあげれば勝手に治るようなイメージを持っているかもしれませんが、実は葉酸不足でも貧血になることがあるんです。

葉酸も血液を作るのに必要な栄養素だからです。妊娠中は胎児も大量の葉酸を必要とするため、どうしてもママの体のほうで葉酸が足りなくなり、なおさら貧血に見舞われやすいんです。


貧血っぽいなと思ったら鉄分だけじゃなくて葉酸も補いましょう。万が一、葉酸が胎児にも不足していたら、深刻な成長不足を招いてしまいます。


■葉酸はサプリで補給


葉酸は食べ物で補うこともできますが、サプリメントを使ったほうが良いんです。天然の食べ物に含まれている葉酸だと吸収率がひどく悪いからです。ひどい場合には摂取した量の20%以下しか吸収できないこともあるんです。

サプリなら、飲んだ量をほぼすべて吸収できるものの、市販の安いものはあまり使わないほうが良いです。保存期間をながくしたり大量生産するために、添加物がたっぷり含まれているものが多いからです。


それに葉酸だけじゃなくてビタミン12も大切です。葉酸だけ摂取してもビタミン12がなければ、葉酸が本来の効果を十分に発揮できないからです。


■妊婦の葉酸補給に最適なサプリ


妊婦向けの葉酸サプリを選ぶ場合には、ビタミン12が含まれていることなど、いくつか条件があります。胎児の奇形リスクを高めるビタミンAの量が抑えられていることも大切です。

他にもいくつかン条件があるんですが、とりあえず私が使っているベルタ葉酸サプリを使えば安心です。体に悪影響を与える心配なく飲み続けることができます。


ベルタ葉酸サプリにはさらに、「ビタミンB6」や「亜鉛」も含まれていて、つわりを和らげてくれる効果も期待できるので、つわりがひどい場合には特におすすめです。

睡眠の質を高めてくれるトリプトファンという成分も含まれているので、眠りが深くなって、疲れが抜けやすくなりました。


それに葉酸は貧血防止や胎児の成長を促すだけじゃありません。赤ちゃんの免疫力を高めてくれるし、出産後の母乳のでも促してくれるんです。


私の貧血と葉酸不足を解決してくれたベルタ葉酸サプリがこれです。プラセンタ・コラーゲンやコラーゲンの含まれているので、妊娠中におろそかになりがちな美容も支えてくれますよ。
↓↓↓






葉酸がたくさん含まれている食べ物

May 24 [Tue], 2016, 12:24
葉酸を食べ物から補うのなら、焼きのりやモロヘイヤ、ほうれん草を食べると良いです。焼き海苔だと100g中1900μg、モロヘイヤだと100g中250μg、ホウレンソウだと100g210μg含まれています。
ちなみに、妊婦が1日に必要な葉酸は400μg。これだけの葉酸を食べ物だけで補給するとなると、心配なのは栄養バランスです。特定の食品に偏りがちになってしまいます。

それに食品に含まれる葉酸はポリグルタミン酸型と行って、吸収率がきわめて悪いタイプなんです。仮に400μg補ったとしても、半分以下しか体に吸収されないんです。
妊娠中に無駄な体調不良や発育不足を招くくらいなら、サプリメントを使っててっとり早く葉酸を補ったほうが良いですすよ。

貧血が続くのも体には決して良くはなしい、流産や早産のリスクだって高めてしまうので、葉酸はできるだけ大目にとるようにしたほうが良いです。

ベルタ葉酸の評判

May 24 [Tue], 2016, 12:19