妊娠中に便秘を改善する方法とは?

July 16 [Sat], 2016, 15:46
妊娠してから便秘が悪化して1週間くらい出ない。
赤ちゃんのためにしっかり食べるので体重が急増した。


そんな悩みでお困りではありませんか?


特に妊娠中は、便秘になりやすいため、
普段便秘していない方でも、
便秘になることがあるようです。


その理由は、
お腹の中の赤ちゃんが腸を圧迫している
ということが考えられます。


しかし、それ以外にも、
妊娠中の精神的ストレスや、
運動不足によって筋肉が緩むため、
胃や腸の働きが弱くなることも原因になります。


妊娠中の便秘解消法は

◎水分補給

 妊娠中は、つわりの影響で、
 水分不足になりやすいといわれています。


 また、おなかの赤ちゃんにも栄養を運ぶ必要があるので、
 血液の循環が激しくなって、
 その時にたくさんの水分を必要とします。


 水分が不足すると、便が固くなって
 腸の中をスムーズに移動できなくなります。


 なので、妊娠中はいつも以上に
 水分補給が大切になるのです。


◎適度な運動をする

 妊娠中は、何かと安静にしていて
 運動しないことも多いと思います。


 特につわりの時期は食事がおろそかになりがちなので、
 代謝も下がっているかもしれません。


 しかし、適度な運動をすることで、
 腸を刺激して、活発に働かせることができるほか、
 代謝が上がって脂肪が燃焼する効果もあり、
 体重の急増を抑えることもできます。


 激しい運動はできないかもしれませんが、
 軽いウォ―キングや体操などをするだけでも
 効果はあがります。


◎食生活の改善

 妊娠中はつわりなどがあって
 栄養バランスが乱れがちになるため、
 便秘になりやすくなります。


 なので、便秘を解消に効果的な
 食事をとることが大切です。


 便秘解消には、
 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を
 2:1でとるといいといわれています。


 水溶性食物繊維は、
 水に溶けて便を柔らかくする働きがあり、
 ワカメ、昆布などの海藻類に多く含まれる他、
 こんにゃく、キャベツ、大根にも含まれます。


 一方、不溶性食物繊維は、
 便を増やして排便しやすくする働きがあり、
 リンゴや大豆、ゴボウなどに多く含まれています。


 さらに、乳酸菌やオリゴ糖をとることで、
 腸内環境を改善することも大切です。


 ヨーグルトやオリゴ糖製品を毎日食べることは
 便秘改善に効果的です。




でも、元々便秘がちな方ほど、
腸内環境もかなり悪化しているので、
何をやっても効果が出ないのかもしれません。


そこで、妊娠中の便秘で体重の急増が気になる方には、
頑固な便秘も解消できてスッキリ痩せられると
口コミで評判の美甘麗茶がおすすめです。


美甘麗茶を飲むと、
腸の働きが活発になり、便秘解消、
さらに、脂肪燃焼効果や
脂肪吸収を抑える効果もあるからです。


しかも、カロリーが0な上に、
糖分もカフェインも入っていないので、
妊婦さんでも安心して飲めると思います。


美甘麗茶のダイエット効果について
さらに詳しく知りたい方は、
こちらの画像をクリックしてみてください。
  ↓    ↓    ↓