【 更新情報 】

スポンサードリンク

妊婦の超音波検査

妊婦の超音波検査

妊娠の有無から始まり、赤ちゃんの発育状態、奇形などの異常、羊水量、胎盤の位置関係、
臍帯の血管本数など、妊娠初期から出産までを画像として目で見ることができる検査が超音波検査です。

妊娠検査時には無料の医療機関が多いですが、
医学的に超音波検査が必要とするときは保険診療となります。

 超音波を検査に利用することの利点を説明します。
  (1) 非侵襲的な検査のため、ほとんど苦痛はない。
  (2) X線のように被爆の心配はなく、妊婦に対しても安全な検査である。  
  (3) 装置が小型で移動可能であり、妊婦の状態に合わせて、
      ベッドサイドでも検査できる。
  (4) リアルタイムに、任意の方向の断面が描出でき、胎児の様子がうかがえます。
  (5) 妊婦の治療でも超音波をガイドとした治療、ドレナージなどが行える。

妊娠中に受ける検査項目

妊娠中に受ける検査項目

妊娠中の検査には、本来お母さんの健康を管理して、さらに赤ちゃんの健康を管理しようという意味があります。

赤ちゃんをあらゆる病気から守るために、検査はお母さんの責任・義務でもあります。

最近は金銭面や億劫さから妊娠検診をうけない妊婦さんもいますが、
赤ちゃんの為を思うなら必ず産婦人科の妊婦検査へ行きましょう

東京近郊のある産婦人科では超音波検査、子宮顎がん検査、血液型検査、貧血、血糖糖負荷試験、

ヘパプラスチン、不規則性抗体、膣分泌物細菌培養、ノンストレステスト、感染症の検査等を行っています。

これらは現在に日本の産婦人科で標準的な検査項目と言えます。

ある産婦人科だけが行っているという検査ではありません。

しかし、妊娠検査は自費診療と定められており、費用がかさみます

出産育児一時金の事前申請

出産育児一時金の事前申請の流れ
1 お勤めの会社組合または市役所から出産育児一時金の  事前申請書をもらう。
2 医療機関に出産育児一時金の受取代理人欄に記入して  いただく。
3 出産予定日の一ヶ月前に、お勤めの会社あるいは市役  所へ出産育児一時金の事前申請用紙を提出する。
  このとき、母子健康手帳などの出産予定日を証明する  書類提示が必要です。
  このとき、出産育児一時金を事前申請が遅延などにより医療機関へ出産育児一時金の確認ができない場合は、産後の一ヶ月健診時に出産育児一時金の相当額(産科医療保障制度掛金3万円)を支払う場合もあります。

以上で出産育児一時金の事前申請の手続き終了です。出産の後、入院費が出産育児一時金より多かったら退院する際出産育児一時金との差額を払います。逆に出産育児一時金より少なかったら出産育児一時金との差額を医療機関窓口から受け取ることができます。

妊娠中に受ける検査項目

妊娠中に受ける検査項目

妊娠中の検査には、本来お母さんの健康を管理して、
さらに赤ちゃんの健康を管理しようという意味があります。

赤ちゃんをあらゆる病気から守るために、検査はお母さんの責任・義務でもあります。

最近は金銭面や億劫さから妊娠検診をうけない妊婦さんもいますが、赤ちゃんの為を思うなら必ず行きましょう。

東京近郊のある産婦人科では超音波検査、子宮顎がん検査、血液型検査、貧血、血糖糖負荷試験、
ヘパプラスチン、不規則性抗体、膣分泌物細菌培養、ノンストレステスト、感染症の検査等を行っています。

これらは現在に日本の産婦人科で標準的な検査項目と言えます。ある産婦人科だけが行っているという検査ではありません。

しかし、妊娠検査は自費診療と定められており、費用がかさみます。

出産育児一時金ってもらえるの?

出産育児一時金

通常、お産には35万円+産科医療保障制度の掛け金3万円程の費用がかかります。その後、会社組合や市役所に出産育児一時金を申請するケースがほとんどです。

しかし、出産入院の際お金のことで頭を悩ます原因にもなりかねません。

そこで、平成18年10月より出産予定日の一ヶ月前から出産育児一時金を事前申請できるようになり、最近では出産育児一時金の事前申請を利用する妊婦さんが増えてきています。
出産育児一時金を事前申請すると妊婦さんを通さずに医療機関に直接給付金が支払われる形になります。

産科医療保障制度の補償対象

産科医療保障制度の補償対象

「出生体重2,000g以上かつ妊娠33週以上」
「妊娠28週以上で所定の要件に該当した場合」で出生した赤ちゃんに、身体障害者等級1級または2級相当の重度脳性麻痺が発症した場合に産科医療保障制度の補償対象になります。

掛け金相当分の3万円が分娩費に加算されますが、出産育児一時金が35万円に3万円が加算されるので、産科医療保障制度に参加している機関であれば妊婦様の負担はかわりません。

しかし、妊婦様家族の一時的な負担は増えてしまいますので出産で入院の際、保証金40万円を支払わなくても良い出産育児一時金の事前申請をお勧めします。

産科医療保障制度と妊婦さん

産科医療保障制度とは

出産は人生の一大イベントです

おなかの中にいる赤ちゃんを栄養管理して妊婦さんの体重管理をして妊婦さんだけでなく、

周りの人にも支えていよいよ出産が近づきます。

全国津々浦々の産婦人科ではでは、皆様が大切に育んだ赤ちゃんを元気健康に生まれてくるために、
医師や助産師などがたいへんな努力をしていますが、
それでも予期せぬできごとが起こってしまうことがあります。

お産のときに関連して発症した重度脳性麻痺。赤ちゃんとそのご家族の経済的負担をすみやかに保証する制度です。2009年1月1日から産科医療制度が開始します。

「産科医療補償制度」は、お産をしたときになんらかの理由で障害を抱えた赤ちゃんとそのご家族のことを考えた新しい補償制度です。

原因分析を行い再発防止に資する情報を提供することにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図る目的の制度が産科医療保障制度です。

母子健康手帳の発行の仕方

母子手帳の使い方

 母子手帳は妊娠12週までに、市役所や区役所、各出張所、保健センターで受け取れます。
(例えば東京都東村山市民の妊婦さんなら府中街道沿いの東村山市役所、文京区の妊婦さんなら後楽園駅上のシビックセンターなどそれぞれの市町村に窓口はあります。)
妊娠10週目あたりは妊婦としてつわりのつらい時期です。
どうしても外出には足がおっくうになるもの。
つわりだと常にトイレの位置を気にしなくてはならないし。
だけど、妊娠の経過を記す大切な記録簿が母子手帳です。
車をだしてもらったり、タクシーを利用するなどして早めに母子手帳を手に入れましょう。
母子健康手帳の発行に免許書や住民票などの各証明書は必要ありません。
このとき、まだ籍をいれてない妊婦さんも大勢います。
母子手帳をもらうときには旧姓でもらい、籍をいれてから母子手帳の名前を書き直してもよいでしょう。
母子手帳を受け取られたら次の2種類の受診票に記入します。
別紙母子健康手帳の中の太枠事項にあります。
1 妊婦HIV抗体検査受診票(ピンク色)
2 妊婦一般健康診断票 1回目は白、2回目は青、3回  目は白、4回目は黄色、5回目は青

これら妊婦HIV抗体検査受診票と妊婦一般健康診断票の公費用紙は母子健康手帳の中に入れて窓口に提出します。

母子手帳は大抵ビニールのカバーがかかっていますが、これだけでは紛失のおそれがあります。
産婦人科の診察券や赤ちゃんのエコーの写真が入る母子手帳カバーが売っているので利用してみては
いかがでしょうか。


おすすめの母子手帳カバー

妊婦健診で来院

妊婦健診で来院
産婦人科は関東近郊だけでもかなりの数がありますが、とある東京近郊の有名な自然分娩で安心な産婦人科での診察手順を紹介します。

1 産婦人科の受付には診察券と母子手帳を出します。
2 妊婦検査ではまず尿検査をします。
  検尿トイレの中に、コップと鉛筆が準備してあります。
  コップに妊婦さんの名前をフルネームで書き、検尿を窓口に出します。
3 検尿の次には妊婦検査血圧測定があります。
  緊張せず落ち着いて測ります。袖をまくりリラックスとして血圧測定器に腕を通します。
  血圧の計測値がプリントされた紙が出てきます。
  最高血圧130以上または最低血圧80以上は少しあいだをおいて再測定してください。
4 そして、妊婦健診では重要な体重測定です。
  服を着たまま靴を脱いで測定してください。
  体重の値は健診用紙に記入して提出します。
5 受付に血圧・体重を書いた紙を出し、待合室でお名前が呼ばれるまで待ちます。

  これが一連の流れかな。これから検診のたびに何回もやるから自然と覚えていきます。
  産婦人科は他の大きな病院と違い、やはり待合室にもやすらぎをかんじられるところがありますね。
  託児所つきのところや、大きな観葉植物、そして子供も多いのでお子様用の絵本もたくさん
  常備しています

  

{病院}妊娠健診について{病院}

はじめての妊娠検診

妊娠された多くのお母さん。
妊娠して増加した体重管理や妊娠中に摂取する栄養、そして妊娠に大事な休憩や休息に注意していれば、健康に出産の日を迎えることができるでしょう。
しかし、そのうちの2割の妊娠中のお母さんが妊娠健診で異常が発見されます。
異常の兆しを逃さないためにも、妊娠健診の受診は大切なお母さんの役目です。
自覚症状がなくても定期健診は必ず受診しましょう。

通常妊娠12週より、母子健康手帳いわゆる母子手帳を使った妊娠検診が始まります。
妊娠健診の間隔は毎週いく必要がなく、妊娠の周期でかわります。

妊娠12週〜妊娠23週のお母さん 4週間に一度の妊娠健診
妊娠24週〜妊娠35週のお母さん 2週間に一度の妊娠健診
妊娠36週以降のお母さんは   1週間に一度の妊娠健診
P R