マタニティウェアを買うときの店舗と通販のメリット・デメリット!

July 23 [Wed], 2014, 3:57
マタニティウェアや授乳服を買おうと思ったら
きれいめでオシャレな服を着たいですよね。

出来れば他のプレママ(妊婦さん)や育児ママとかぶらない
かわいい感じのものがいいですね。

基本的に実店舗か通販で買うパターンがほとんどでしょう。

そこで、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

【店舗】

店舗のメリットは何といっても、
実物を見て触って試着できる点です。

実際の服の肌触りを確かめたり、着たときの印象を
自分の目で見て確認することができます。

細かなサイズも着心地やフィット感を試着で
確認できる点は大きいです。

デメリットとしては、店舗まで行かないといけない
という点があります。

お腹が大きくなって車を運転したり
電車に乗って移動するのは、妊婦さんにとっても
赤ちゃん(胎児)にとっても負担となります。

お店まで買いに行く時には
遠出をせず近所のお店で済ませるようにしましょう。

金額的には西松屋のように安いチェーン店から
高めのマタニティウェアを扱うお店まで様々です。

ただ、全国展開している店舗では
他の妊婦さんとかぶってしまう事も少なくありません。


【通販】

通販のメリットはマタニティ服の種類がとても豊富なことです。

ブランド物も比較的安くで販売しているショップもありますし
大きいサイズや仕事でも着回しできる服など
店舗ではなかなか無いタイプの物もたくさんあります。

大きいところでは楽天が有名ですが、
個人的には独自で運営しているネットショップがおすすめです。

品質の良い服が激安で販売されている事も多いですし、
韓国などの海外からの良質のマタニティを扱っているお店もあります。

デメリットとしては、商品が届くまで実物を触れないという点です。

写真では伝わりきれない部分があるので、
欲しい服があったら画像や説明文をしっかり読むようにしましょう。

通販でマタニティウェアを買うときのポイントとしては、

1.モデルが着ている写真が掲載されている(多いほど良い)
2.説明文に商品特徴や肌触りなどがしっかりと書かれている
3.サイズが細かく表示されている
4.返品交換や返金対応をしている

を良く見るようにしてください。


特に、4番目の「返品交換や返金対応をしている」は
通販のショップを選ぶ時には特に重要です。

写真や文字だけでは伝わりきれないところがあるので
万が一の時には返品交換や返金に対応してくれるお店が安心です。


店舗と通販のどちらにもメリット・デメリットがありますが、
個人的には通販をおすすめします。

実物を触れないという点はありますが、
商品の種類やサイズ、シチュエーションを考えると
ネットでさがして通販で買うというのが手軽です。

赤ちゃんがお腹の中にいることを考えても
通販の方が便利に使えます。

沢山ある通販の中でも「Milk tea(ミルクティー)」が
安くて可愛い授乳服やマタニティウェアが多いのでおすすめです。

デザイン性の高い商品を低価格で販売するという
ショップコンセプト通りのオシャレな服装ばかりです。

タイムセールや福袋などのキャンペーンも
定期的に実施されているので要チェックの通販サイトです。

   ▼ 5年連続ネットショップ大賞受賞の安心ショップ ▼