【 更新情報 】

スポンサード リンク

簡単に出来る二の腕ダイエット法

◆机押さえ
簡単にできる運動は、「机押さえ」です。
やり方も簡単ですし、気がついた時に10〜15回程度行なうだけです。
力も余りいらない方法ですが、すぐに効果は出てきます。
@椅子に座って机に向かいます。
A両脇を締めて、手のひらを上に向けて机の上に置きます。
B両脇を締めたまま、肩が動かないように、手の甲で机をグググ〜ッと押し下げるように力を入れます。
C5秒ぐらい、この状態をキープしたら、力をゆるめます。
これを10〜15回ぐらい繰り返しましょう。
簡単な方法ですが、ポイントは両脇と肩です。
この2つをキープすると、肘が同じ位置にきます。
肘関節を固定して運動するので、必要な部分しか運動しません。
目的の筋肉は、「上腕三頭筋」です。
意識して動かすようにしましょう。

◆座って床運動
テレビでも見ながら、ゆっくりと運動しましょう。
スペース的には、まっすぐに寝る状態になれる範囲があれば出来ます。
本当は「体育座り」から後ろに転がって頭が当らなければ十分です。
@床に体育座りで座ります。
A両手を後ろについて、軽くもたれかかります。
Bゆっくり肘を曲げて、後ろに倒れていきます。
C後ろにコケそうになる所にきたら、5秒間キープします。
Dゆっくりと肘を伸ばして元に戻します。
これを10〜15回繰り返します。
ゆっくりと動いて、5秒間キープがポイントです。
初めのうちは後ろに倒れる動きが小さくても構いません。
腕に力を入れて支えている時間が長いほど効果があがります。

◆ペットボトル運動
わざわざダンベルを買う必要もありません。
使用済みペットボトルを2本準備して、水などを入れたらダンベルが出来上がります。
初めのうちは小さいペットボトルから始めて、慣れてきたら2リットルに挑戦しましょう。
この方法の場合は、いっしょに握力も鍛えられます。
@水の入ったペットボトルを持って立ちます。
A両脇を締めてから、肘をゆっくりと背中の方へと移動させます。
B肘がきつくなったら、今度は腕を後ろへと伸ばします。
Cそのまま5秒間我慢します。
D肘を動かさずに腕のみ力を抜いて肘だけ背中の方へと伸ばした状態に戻します。
※また腕だけを後ろへと伸ばします。
ポイントは出来るだけ、ゆっくりと動かすことと、肘を動かさないことです。
ちょっとキツイを感じる場合は、力を緩めたときに両手を@の状態に戻しても構いません。
この方法は、急に動かすと肘に負荷が掛かっているので関節を痛めてしまいます。
ゆっくりと、意識しながら動かすのがコツです。

◆背中伸ばし
ベッドや布団でやりましょう。
この方法は腰を痛めている人にオススメです。
@うつ伏せに寝ます。
A両脇を締めて、えびぞり姿勢になるように腕で起きます。
B起き上がったら、力を緩めて、うつ伏せの状態に戻ります。
この方法の時は、腕を前押しする時に効果があります。
起きる時や元に戻すときに出来るだけ、ゆっくりと行いましょう。
自分の体重が、そのまま腕に掛かってきます。
ゆっくりな分だけ、キツイかな〜と感じます。

簡単に出来る二の腕ダイエット法

「二の腕」は、腕の肩から肘までの部分のことを言います。
女性が気にする「二の腕」は筋肉より脂肪が多い箇所です。
筋肉より脂肪が多いので、気になる弛みとして目立つのです。
「二の腕」のダイエットは、「二の腕」にある筋肉を鍛えるとスリムになります。
「二の腕」の筋肉は、「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」と言います。
「上腕二頭筋」は、力こぶができる部分の筋肉です。
逆に反対側の「弛み」の部分が、「上腕三頭筋」です。
ここで判りますが、二の腕ダイエットは「上腕三頭筋」を鍛えてスリムに見せます。
運動でダイエットしますが、動かす時の力は、余りいりません。
もともと「上腕二頭筋」は物を引っ張る時に使う筋肉です。
カバンを持ち上げたりして、よく使うので自然の生活サイクルで使っています。
ダイエットする「上腕三頭筋」は、物を押す時に使う筋肉です。
物を押す動作は、日常生活の中でも余り使わない箇所です。
簡単にできる運動は、「机押さえ」です。
やり方も簡単ですし、気がついた時に10〜15回程度行なうだけです。
力も余りいらない方法ですが、すぐに効果は出てきます。
@椅子に座って机に向かいます。
A両脇を締めて、手のひらを上に向けて机の上に置きます。
B両脇を締めたまま、肩が動かないように、手の甲で机をグググ〜ッと押し下げるように力を入れます。
C5秒ぐらい、この状態をキープしたら、力をゆるめます。
これを10〜15回ぐらい繰り返しましょう。
簡単な方法ですが、ポイントは両脇と肩です。
この2つをキープすると、肘が同じ位置にきます。
肘関節を固定して運動するので、必要な部分しか運動しません。
目的の筋肉は、「上腕三頭筋」です。
意識して動かすようにしましょう。

二の腕ダイエット商品を利用する

二の腕のダイエットになる商品も沢山販売されていますね。
インターネットや雑誌など見ていると、二の腕ダイエットに関する商品を見かけることがあるかと思います。
二の腕のダイエット専用のものもあれば、二の腕以外にも太ももやヒップにも使用できるダイエット商品もあります。
二の腕のダイエットにあたり、エクササイズでは効果がなかった、続かなかったなんて人は試してみるのもいいかもしれません。
二の腕のダイエット法で、バイバイ体操する方法やストッキングを利用した方法を紹介しましたが、楽しんで続けれられなければ結局長続きしないですし、それでは効果も得られないですよね。
二の腕のダイエット商品では、二の腕に巻きつけて刺激を与えるタイプや、ウェアを着ることによって発汗を促し、ダイエット効果をあげるものなどがあります。
例えばダイエット商品だけに頼ってもやせられなくても、運動や簡単なエクササイズにこういったものをプラスすると効果も現れやすくなるかもしれませんね。
辛くない程度に適度な負担を自分にかけることによって、体は変化していくのかもしれませんね。

二の腕ダイエットに効果のあるエクササイズ

二の腕のダイエット方法はエクササイズが何よりですよね。
二の腕ってずっと効果が出にくい場所だと思っていたのですが、
専門家さんの言葉で「比較的効果が出やすい」という意見もみかけました!
その言葉を頼りに二の腕のダイエット、頑張っていきましょう!
ダイエットで一番大切なのは、気軽に続けられること。
それにプラスして効果を期待するには、簡単なエクササイズが一番かな〜と思います!
二の腕のダイエットになる体操で刺激していきたいのは、上腕三頭筋だそう。
上腕三頭筋を動かす為のエクササイズはいくつかありますが、
例えばペットボトルにお水を入れたもの、これをダンベルがわりに使うことができます。
これなら思い立った時に二の腕のダイエットができますし、
中に入れるお水の量で重さを加減できるので、
通常のダンベルより高機能かもしれませんね☆
バイバイなどの日常動作を二の腕を意識して体操風にやるだけでも違うと思います。
これなら簡単ですよね。
ダイエットには色々と方法がありますが、
二の腕のダイエット法も工夫すればいつでもできるものばかりです。
ストッキングを二本繋ぎ、背中側に回して両端を持ち、腕を真上を意識するようにあげる方法なども、
日用品を有効活用した簡単なダイエット方法と言えそうです☆

二の腕ダイエットに挑戦

二の腕のダイエット方法をどなたかご存知じゃないですか!?
私は20代の後半から二の腕が気になりだして、それからはどんどん弛むいっぽう。
いろいろな方法を試してはみたのですが、どれも長続きしなくて・・・
もうこのままでは私、二の腕を見せられず、常にダイエットダイエットで結婚どころじゃありません。
二の腕のダイエットに悩む女性も多いのではないでしょうか?
二の腕のダイエットって、ちょっとやそっとじゃできないイメージがありますよね。
簡単にできる二の腕ダイエット法が気になりますよね!!
二の腕のダイエットには、とにかく普段使わない、二の腕の内側を刺激するといいと聞きます。
専用のウェアを着てのエクササイズや、体操、
あとはバイバイのような腕振りの運動も良さそうです。
とにかくきちんとやせてくれるまで、せめてほんの少しでも効果が出るまで、
気軽に続けらないと意味がないですよね。
簡単で効果のある二の腕のダイエット方法を探し当ててみせる!
全身運動も勿論大切なのですが、全身運動だとどうしてもやせるのは
太ももやヒップになりがち。
二の腕のやせたい気持ちに応えるダイエットを探していきましょう♪