ニンニク卵黄の豆知識:保管方法についての紹介です。 

March 01 [Fri], 2013, 17:04
近年、話題になっているニンニク卵黄ですが、ニンニク卵黄とは何でしょうか。
にんにくが伝えられたのは、日本では紀元前とされています。
中国大陸から伝えられて、広く食されてはいましたが、日本人は臭いに敏感だったのと仏教において、禁忌とされていたために、にんにくは暫く姿を消していました。
しかし、その中で、日本の薩摩(今の鹿児島県)では、にんにくが食べられていました。
臭いが差別の原因にもなっていたので、その臭いを消すために色々な対処法が生まれました。
その中の一つが、「にんにくと卵黄を練り合わせて炒り上げる」という今の、ニンニク卵黄という方法が編み出されてました。
先人たちの知恵と努力で、滋養に優れている食品同士で合わせることにより、更に優れた滋養食を編み出しただけでなく、刺激と臭いと味を封じ込めて、保存性まで高めたのが「ニンニク卵黄」です。
ニンニク卵黄は、江戸時代頃に、当時の薩摩地方の民間の滋養食が起源とされています。
現在、ニンニク卵黄の多くは、サプリメントとして発売されています。
その中で、そのサプリメントの保管方法をご紹介します。
まず、基本的な保管方法として、開封前、または開封後に関わらず、直接日光や、高温多湿になるところは避けて、出来る限り涼しいところに保管します。
開封後の保管方法ですが、パッケージ部分のチャックをしっかり閉じて、出来る限り早く使用するようにします。
この場合、冷蔵庫などに入れて保管した方がいいでしょう。
手軽ににんにく卵黄で健康生活をはじめましょう。



             

                                                     

ニンニク卵黄の豆知識:産地について知りたい 

March 01 [Fri], 2013, 17:03
ニンニク卵黄は、疲労回復効果や滋養強壮効果が高いニンニクと高品質な卵黄を使用した大変健康効果の高い健康食品だと言われています。
ニンニク卵黄の産地について知りたいと思っている方が多いと言われています。
中国産のにんにくは、価格が安くネットなどで数多く販売されていますが、国産にんにくは一個の価格が高めだと感じている方が多いと言われています。
国産のニンニクは、臭いが強く擦った時の粘りも強いため、中国産に比べると健康効果の高いアリシンを豊富に含んでいます。
ニンニクの産地は、国内では青森県が70パーセントを占めていて、残りは他の東北地方や四国地方などで作られています。
ニンニク卵黄は、国内産のニンニクを使用して作られた商品を選ぶようにすると、安全性が高く高品質な商品が多いです。
値段の安さだけに飛びつかず、ニンニク卵黄を販売しているお店のニンニクの産地を調べておく必要があります。
数多くのお店で、ニンニク卵黄が販売されているので、高品質で安全性の高いニンニクを使用しているお店を選ぶことが大切です。
通販でも、購入することが出来るお店が増えていて、初回購入の場合はお得なお値段で購入できる場合が多いです。
中国産のニンニク卵黄は、農薬などの問題で不安を感じている方が多いと思うので、出来れば国内産の商品を購入するようにすると安心して飲むことが出来ます。
気になる臭いなどがしないように特殊な製法で作られているので、人前でも安心出来ます。

ニンニク卵黄に含まれる栄養素:レシチンについて効果と効能等 

March 01 [Fri], 2013, 17:03
ニンニク卵黄に含まれる栄養素レシチンについてしらべてみました。
レシチンとは卵黄に含まれる成分で人間の身体の中にある細胞膜を構成している成分なので健康維持に大事な役割を果たしています。また卵黄にはタンパク質、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEミネラルなども含まれています。
レシチンが不足すると疲れやすい、免疫低下、不眠などの体の不調を引き起こしてしまいます。
レシチンには、老化を防ぐ抗酸化作用、コレステロールを下げる作用、頭の活性化、美肌、などの効果もたくさんあります。
ニンニク卵黄となって、にんにくのアリシンと卵黄のレシチンが合わさることによって脂質アリシンになります。
脂質アリシンによって体内の活性酸素を取り除き、老化を防ぎ、動脈硬化予防などにつながります。
ニンニクに含まれるビタミンB1には体のエネルギーに変わる役割があり、ビタミンB1が低下すると脳や筋肉の働きが低下するといわれています。
ニンニク卵黄にはビタミンB1も含まれていますので、スタミナアップに最適です。
卵黄にはコリンという成分も含まれていてこれがコレステロールの排出を促してくれます。
ほかの食品に比べてコリンの含有量が多いので、卵黄から取れるコリンは吸収もいいといわれています。
サプリメントの状態になって手軽に取り入れられるようになったことから、健康食品として取り入れやすく、にんにくの匂いに対する抵抗もあまりなくなったので、摂取しやすいものとしてニンニク卵黄は親しまれています。

ニンニク卵黄の魅力:感染症予防にニンニクを役立てよう 

March 01 [Fri], 2013, 17:02
滋養強壮などに飲んでいる人の多いニンニク卵黄ですが、そのパワーは栄養補給にとどまらず、さまざまな成分によって多くの効果を出したりその手助けをしたりします。
ニンニク卵黄は実は感染症予防にも適した食品です。
もちろんそれは栄養補給や滋養強壮の面から体力をつけることでの予防ということもありますが、見逃せないのは重要な原料であるニンニクの感染症予防力です。
ニンニクは少なくとも二つの感染症予防力を持っています。
一つは間接的予防力として、身体の抵抗力を高めることです。
これはニンニクに含まれるアリシンがビタミンB1の力を高めることから発生する効果です。
疲労を受けるとビタミンB1の要求量が上がるのですが、ニンニクはそのビタミンB1を助けることができます。
またニンニク自体もビタミンB1を持っていますが、同時に含まれるアリシンを結合し吸収しやすくなっているのも特徴です。
もう一つは直接的な予防力で、ニンニクが細菌への抵抗力を保持していることです。
世間を騒がせるO157菌等の腸管出血性大腸菌に対する殺菌力はすでに実験で確かめられており、ニンニクの摂取が消化器系の感染予防に貢献できることが知られています。
ニンニク卵黄にはこのような力を持つニンニクと、アミノ酸やビタミンAといった良質の栄養を含む卵黄が含まれており、身体の抵抗力や回復力を助けるには適した食物です。
もちろんバランスの良い食生活が大事ですが、それだけでは足りない時やバランスが崩れている時には、ニンニク卵黄をうまく活用することで補いましょう。

ニンニク卵黄とは 健康について 

March 01 [Fri], 2013, 17:01
ニンニク卵黄とは、ニンニクと卵黄を合わせたもので、主に九州南部を中心に伝わってきた健康食品です。
ニンニク卵黄は栄養価の高い食品として知られています。
ではニンニク卵黄にはどんな栄養があるのでしょうか?
まずニンニクですが、ニンニクには「アリシン」「アリチアミン」という物質が含まれています。
「アリシン」はビタミンB1と結合すると「アリチアミン」という物質になります。
ビタミンB1は体のエネルギーになる大切な成分ですが、体の中で壊れやすく、吸収しにくい栄養素です。
そんなビタミンB1とニンニクに含まれるアリシンが合わさると、ビタミンB1の栄養素を100%吸収してくれるアリチアミンになるのです。
つまり、ニンニクを食べるとエネルギー補充!元気になるというわけです。
他にも疲労回復、滋養強壮に効果があるアイリン、血圧を正常にし、脂肪燃焼の手助けもしてくれるカリウム、鉄分、カルシウム、ビタミンC…と、体にとって良い成分が豊富に含まれています。
続いて卵黄です。
玉子は食べ過ぎるとコレステロール値を上げるからよくない、という話をよく聞きますが、実は食べ過ぎても影響がありません。
それどころか、玉子に含まれる「レンチン」という成分が、逆に血管の中の悪玉コレステロールを排出してくれるのです。
さらに卵黄はこのレンチンの吸収率が他の食品より良いので、たくさん食べても何の心配も無いのです。
さらに卵黄にはアンチエイジングに効果のあるビタミンEなども含まれます。
そんなニンニクと卵黄がタッグを組んだニンニク卵黄は、体の内側から元気と若々しさを保ち、健康でいられる手助けをしてくれるのです。

(PR)
健康生活とダイエット
ダイエットは健康のためには必要ですが、過度の食事を抜くといったダイエットはやめましょう。
食事を抜いて体を壊すぐらいなら、ストレッチパンツのように履くだけで痩せて見えるアイテムを活用する事からはじめてみてはどうでしょう。(参考:ストレッチパンツガイド
見た目も健康的に、体の中もニンニク卵黄で健康的にパワフルに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ニンニクマニア
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる