JRAの後藤浩輝騎手が首つり自殺で死亡

February 27 [Fri], 2015, 15:00
JRAの後藤浩輝騎手(40)が自殺したということで
驚きました。

二度大けがをしていたということでもしかしたら、
二度同じ騎手とぶつかり落馬したという人なのではないか
気になりましたが、その騎手みたいですね。

接触した相手騎手は岩田康誠騎手だったみたいです。

かなりの不運不幸な騎手ということで記憶に残っていました。


2月27日午前、茨城県内の自宅で首をつっているところを発見された。

2012〜13年に頸椎(けいつい)骨折で1年以上治療とリハビリを、
2014年4月27日に再び東京競馬で落馬し頸椎を骨折。

その年の11月22日に7カ月ぶり復帰。

今月21日には東京11R・ダイヤモンドSで落馬して
頸椎捻挫と診断されていた。

しかし状態は軽かったようで翌日には京都競馬で騎乗して2勝を挙げていた。

週末の中山競馬にも騎乗予定だった。

一度のけがで大けがで大事なところなだけに引退も
おかしくはないという状況の中で復帰したので凄いと
思っていましたし深くは考えないとかすぐに忘れることが
できるような人かと思っていたのでまさかの自殺でした。


けがしてやっと復帰できてすぐにまたけがをすればもう
引退を考えても良さそうな感じの中、続けただけでも
凄いというか。

復帰できたほどの人なのだから、
2度不幸な目に遭ったと明るく言えるほど
あまり考えないような人なのだと思っていました。

いろいろ調べてみると騎手のけがというのはけっこう多い
ものですね。

動物に身を任せ、殺到する中で走る、
何かあれば高いところから放り出されるという
危険な環境なのだなと思い知らされました。

スポーツの中でもケガが多くそして重いことが多く、
体重管理も大変で
かなり危険で過酷な世界なのですね。









  • URL:http://yaplog.jp/ninnkigood/archive/164
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。