【 更新情報 】

スポンサードリンク

最近のトレンド ウルフカット

アシメカットと共にトレンドになりつつあるのがウルフカットです。わかりやすく芸能人の髪型で言うと、少し前の中島美嘉さんのようなヘアスタイルですね。CDで言うと「雪の華」あたりでしょうか。ウルフカット自体は別に目新しいヘアスタイルではなく、昔からありました。簡単に言うと、トップが短く、下が長い、という髪型です。で、トップの部分を立てる、という感じですね。わかりやすく言うと、長渕剛さんの髪型が昔ながらの典型的なウルフカットになります。しかし最近流行しているウルフカットは、全体的に髪の毛の長さがもっと長くなります。つまり襟足もトップも長くなります。特にお兄系と言われるファッションを好む、ホストっぽい格好をするメンズの間では人気のある髪型ですね。あまり長い髪の毛を立たせたり、襟足を長くし過ぎたりすると、80年代のビジュアル系バンドのヘアスタイルになってしまうので注意しましょう。このようにウルフカットは一歩間違えると時代遅れの髪型になってしまいます。自分がやりたいウルフカットがある場合、その写真なり画像なりを美容師に見せてカットしてもらうのがベストです。また、カットよりもアレンジの仕方がカギを握っているので、アレンジの方法もしっかり美容師から学ぶことがカッコいいウルフカットに仕上げるポイントです。

最近のトレンド アシメカット

最近トレンドの最先端を行っているヘアスタイルの1つにアシメカットがあります。アシメとはアンシンメトリーの略で、要するに左右非対称の髪型です。どこをアンシンメトリーにするかというと、まず1つには前髪です。前髪の長さが左右で違う長さになります。右側のみ長かったり、左側のみ長かったり、という感じですね。もう1つはサイドのメリハリのつけ方です。例えば片方はバリカンで刈り上げ、片方はシャギーを入れるといった形で全く異なるアレンジをします。これはアシメカットの中でも割と極端に変化をつけたものですが、さりげないアシメにするには「ソフトアシメ」という手法を用います。アシメの印象を前面に押し出すのではなく、部分的にアシメの要素を取り入れて、奇抜さを狙わずに上手にトレンドを取り入れるスタイルです。やはりアシメを入れるポイントとしては前髪とサイドになるでしょう。例えば前髪に関しては大胆にシャギーを入れてギザギザにしていき、右か左かどちらかに向かって長めに整えていきます。サイドは下は短め、上は長めにしてグラデーションをつけ、片方は自然な感じに、もう片方は毛先を大胆に跳ねさせる、というような形です。芸能人でいうと堂本剛のような感じでしょうかね。

ボブが人気です

ロングヘアのヘアスタイルは最近人気がやや落ちていますが、それでもなお根強い人気があるのも事実ではないでしょうか。ロングヘアだと髪型のアレンジも結構たくさん出来ますしね。結婚式や入学式、卒業式にダンスパーティーなどなど色々な時と場合に合わせて髪形を作れるのが大きなメリットです。という事で、様々なアレンジをしてヘアスタイルを楽しみたい、という女性いはやはりロングヘアが1番オススメでしょうか。私は美容院で働く現役の美容師ですが、お店で多いオーダーは「菅野美穂さんみたいにして下さい」というものです。菅野美穂さんは昔から根強い人気を誇っています。米倉涼子さん、篠原涼子さんの髪型もずっと安定した人気です。短い髪型、ボブになると上戸綾さんが多いです。後述しますが、最近はボブやショートに人気が非常に高いです。ロングヘアの方がばっさり切って新しい髪型に、という方が多くなりました。ロングでは夜会巻きや名古屋巻き、キャバ嬢巻きにして下さい、というオーダーが多いです。あ、おだんごヘアにしたいって人も多いですよ。トップで大きなおだんごを1つ作る、という髪型ですね。チャイナ娘みたいに左右2つのおだんご、という方はいませんよ。おだんごヘアにする場合はある程度の長さが必要になりますが、きれいなおだんごを作るには美容院できれいに梳いてもらった方がいいですよ。毛量が減っておだんごが作りやすくなります。

ショートの人気も上がっています

今も昔も不動の人気を誇る髪型っていうのは実はボブなんですよね。セミロングからボブの中間あたり、というオーダーが1番多いんです。女性誌のヘアスタイルに関してのアンケートなどを見ても「やってみたい髪型」の1位はボブでしたし、男性誌の「女性にしてもらいたいヘアスタイルランキング」でもボブがダントツの1位でした。最近は短めのボブからショートヘアという長さをオーダーする女性が増えてきているので、流行の髪型という意味ではボブやショート、と言えるのではないでしょうか。ただし、短いヘアスタイルはTPOに合わせたアレンジがしにくいという難点があります。パーマもかけにくいですし、ワックスでニュアンスをつける程度になってしまいます。あと最近の傾向として、就職活動の為にショートにする、という女性が多くなっています。決意の現れというよりも、ショートの方が面接官に好まれる、という事らしいです。髪型で就職が決まるとは思えませんが、与える印象が良い、という事なのでしょうか。ショートの場合は顔の形や頭の形がハッキリ出てしまうので、ラインがきれいじゃない人は避けた方が無難です。ロングヘアが似合わない人はあまりいませんが、ショートが似合わない、という人は多いです。誰にでも似合うヘアスタイルではありませんので、その辺りは美容師とよく打ち合わせをして髪型を決めることをオススメします。

ショートボブのアレンジ方法

女性は「男性が好む髪型=ロング」と信じて疑わない方がいますが、これは大きな間違いです。女性が思っているほど男性は女性のロングにこだわっていないです。今の男性に1番人気の髪型は「ショートボブ」ですね。男性のお客さんに聞いてアンケートを取ったので間違いないです。上戸綾さん、浜崎あゆみさん、倖田來未さん辺りの影響が大きいと思います。ショートボブであればある程度の長さは残っているので、女性らしいアレンジにも、ボーイッシュなアレンジにもする事が出来る、ある意味おいしいヘアスタイルです。ショートボブだとメンズ用のワックスが使えるようになります。メンズ用はハードなアレンジが出来るワックスが多いので、使い方によっては面白い髪型を作れますよ。個人的にオススメしたいのは、ワックスに少しジェルを混ぜて使う使い方。ワックスの自在なアレンジと、ジェルのホールド感をマッチさせる事がポイント。今までにないヘアスタイルを実現出来ますよ。リーゼントなんかにすると新鮮でいいかもしれません。ショートボブは洗った後の乾燥もラクですし、朝のセットもすぐに終わります。ハマる人はハマりますよ。ただし寝ぐせがついた時に直すのがやっかいですが・・・。暖かくなるのに合わせてヘアスタイルを変えて気分一新!なんていうのも素敵ですね。
P R