女性に人気の資格一覧

  • 簿記の資格
  • 建築模型の資格
  • 食育インストラクターの資格
  • テープライターの資格
  • 賞状書士の資格
  • ボールペン習字の通信講座
  • メイクアップアーティストの資格
  • Webデザイナーの資格
  • インテリアコーディネーターの資格
  • ボディセラピストの資格
  • 行政書士の資格
  • プログラマーの資格
  • 手編みの通信講座
  • Webプロデューサーの資格
  • 販売士の資格
  • パソコンインストラクターの資格
  • オラクルマスターの試験
  • トリマーの資格
  • 校正の資格
  • 鍼灸師の資格
  • 社会保険労務士の資格
  • 宅地建物取引主任者の資格
  • 整体師の資格
  • 保育士の資格
    2014.06.18 [Wed] 11:45

    「保育士の資格取得を目指そう」(国家試験)

    ★保育士の資格を取得すればどんな仕事をするんでしょう?

    ・厚生労働省の児童福祉法にもとづく職種で、保護者に代わって乳幼児の保育に携わる仕事であります。
    ・食事、トイレ等の身の回りの世話や遊びを通して、生活習慣を学ぶのを助けるのです。
    ・給料面は、安定収入が期待できるでしょう。

    ★保育士の資格はこんな人に向いている

    ・子供が好きな人である事が大前提です。
    ・一度に数人の子供達を世話するので、体力のある人がいいでしょう。

    ★保育士の資格を取得するには、またその後の就職は?

    ・保育士の国家資格が必須です。試験日程は各都道府県によって異なるので、問い合わせておきましょう。
    ・厚生労働大臣指定の学校を卒業すれば取得出来ますが、都道府県単位で実施される保育士試験に合格して取得する方法もあります。

    ・その試験対策は、専門学校(スクール)・養成施設・通信教育等を活用し、問題集・過去問題などを復習しましょう。さらに、傾向と対策が掌握できる養成講座・模擬試験も利用して合格を目指しましょう。
    ・保育士試験の合格率は例年1割ほどでしょう。

    ・就職は、保育所の他に母子生活支援施設、乳児院、児童養護施設、知的障害者施設、さらには、映画館、美術館、デパートなどの一時的に子供を預ける所も保育士の活躍の場です。現在、「待機児童ゼロ」を目指して保育施設の充実を進めているため、今後、保育士の求人が増えると考えられています。
    ・保育士の求人に関する情報収集は、次の情報媒体を用いるのが一般的です。
    公共職業安定所(ハロー・ワーク)/就職フェア、転職フェア/新聞折込チラシ、新聞紙面への広告 /大学就職部(大卒新卒の求人)/保育士求人情報ウェブサイト/人材斡旋会社(職業紹介会社) /派遣会社(紹介予定派遣)など幅広くあります。求人・募集はよくチェックしましょう。 
     

    人気の医療事務の資格
    2013.12.20 [Fri] 09:46

    「人気の医療資格取得を目指そう」

    人気の医療資格とは

    ・近年、医療事務の仕事を目指す人が増えていますが、まずはじめに医療事務関係の資格を取得してから就職先を探すケースも多いようです。医療事務関係の資格にもいろいろなものがありますが、人気の医療資格の一つに「医療事務技能審査試験」を挙げることができます。

    ・人気の医療資格である「医療事務技能審査試験」は、厚生労働大臣許可の財団法人日本医療教育財団が実施しているものです。「医科」と「歯科」のふたつに分かれており、合格すると、一級メディカルクラーク、二級メディカルクラークの資格認定を受けることができます。

    「医療事務管理士」も、人気の医療資格です。
    「医療事務管理士」の資格認定を受けるためには、「医療事務管理士技能認定試験」という資格試験にパスする必要があります。「医科」と「歯科」のふたつがあり、試験の実施時期は毎年奇数月の第4土曜日となっています。

    ・医療事務関連の資格には、合格率のかなり低い難しいものもあります。人気の医療資格を目指すなら、目標をしっかり持って地道な努力を積み重ねていく必要があると言えるでしょう。できたばかりの新しい資格から将来性のありそうなものを選ぶというのも、一つのやり方かもしれません。

    医療関連の資格後の、就職は?

    ・インターネットでの医療・介護の求人就職・転職情報サイトが全国各地にたくさん掲載されています。医療機関や介護施設でしっかりと働きたい、安定した給与収入が欲しい、信頼できる職場環境が今すぐに欲しい人などは、会員登録すれば、就職活動にとても便利な機能となっています。

    就職に有利な大人気の資格 医療事務の資格詳細はこちら
     

    通信講座の選択方法
    2013.05.19 [Sun] 10:00

    ◆通信講座の選択方法

    通信講座、開催している機関は複数あり、選び方によっては、授業の内容が変わっていたり、受講料が変わっていたりします。
    通信講座を選ぶ時には、間違えないように、慎重にした方が良いと思います。

    ●選択方法
    ・通信講座の申し込みをする前に、通信講座の内容や、それを受講する事で、身につけられる技術や資格、通信講座開催の会社によっては、サポート体制が異なったりしますので、そのような内容を比較、検討する必要があります。

    ・同じ種類の講座でも、通信講座を開講している会社によって、テキストの内容、受講料等が変わってきます。
    インターネットの比較サイトを見て比較したり、口コミを見たりするのも良いでしょう。
    とにかく、十分に比較した上で、受講する講座を決めると良いと思います。

    ●教育訓練給付制度適用されている講座のケース
    ・受講料を多少給付してくれる制度が適用されています。
    ・全員が適用される訳ではなく、今までの職歴などで給付額が決まってきますし、適用されない方もいますので、そういった事も含めて考えていくと良いでしょう。
    ・もし適用されるなら、多少割高な講座でも、受講しやすくなるかもしれません。

    ●受講講座が決まっているケース
    ・みつけた会社の講座に直ぐに申し込むのではなく、必ず複数の会社から資料を請求する事が大切です。
    ・資料の中に書いてある事を充分理解し、自分に合った会社を選ぶ事が大事です。
     

    通信講座で資格取得
    2013.04.19 [Fri] 09:32

    ◆通信講座で資格取得

    ●通信講座のいいところ
    スクールへ通う時間などを考えてみると、その時間を勉強時間に充当する方が良いかもしれない、とさえ思えますが、そこで通信講座がピッタリではないでしょうか。

    ・空いている時間に少しずつ勉強をしていく
    ・通勤時間でも良い
    ・お風呂の時間でも良い
    ・夜寝る前に少しでも良い

    など、難しくて、知識をコツコツ蓄えていくタイプの勉強は、通信講座でも充分ではないかと考えられます
    スクールに通う時間がないけど、行政書士のような国家資格が欲しいと考えているのであれば、通信講座を選んでみても良いかもしれませんね。

    通信講座というと、自分自身で勉強のペースを作って勉強していくというイメージがあり、難しい勉強などは出来ないのではないかというイメージもあります。

    もちろん、通信講座は直接講師から指導を受ける訳ではないので、勉強に対する理解度が必要になってはくるのですが、近頃の通信講座ではそのような事を解消しようと、インターネットを利用とカメラを使用し、講師から指導を受けられるような、仕組みを利用している通信講座もあるのです。

    特に、通信講座ではたいへんだと思っているような資格、例えば行政書士のように国家試験が、最近では通信講座で取得出来るようになってきているのです。

    行政書士のような国家試験を資格取得するのって、何年もスクールに通い、それでも取得するのは大変だというイメージがあります。
    しかし、コツコツ自分自身で勉強をしていくというイメージもありますね。
     

    人気のある国家資格
    2012.11.06 [Tue] 09:00

    どのよう資格が人気を集めているのでしょうか
    就職に有利に働く資格が当然ながら人気は高いでしょう。
    しかし、難易度も加味しておかなければなりません。

    人気のある国家資格と言うものを考える時には、人気のある職業を考えていかなければならないのです。
    人気があると言うことは競争率が高いと言うことを意味します。
    就職難の時代であれば、その実現はさらに難しいということです。
    自分が進むべき道を決めたならば、そのための資格を調べてみましょう。
    人気よりも自分自身の立場で考えるようにしなければなりません。

    IT関係の資格に人気があります。
    パソコンの操作やネットワークの仕組みなどを知っていれば、就職先の幅はかなり広がると考えていいのではないでしょうか。

    また、あまり難しい試験はいくら人気があっても簡単には取ることができません。
    弁理士や公認会計士と言った資格はたいていの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。
    このような難易度の高い資格を取ると言うことは、その道に進むと決めている人にとってはどうしても取るべきでしょう。
    それがないと仕事にならないということなのです。