自分ひとりで任意整理 

November 24 [Wed], 2010, 10:31
自分ひとりで任意整理をするには、それなりの財政的な余裕と、精神的な強さが必要で、さらに法律の知識も必要になり、消費者金融の数が多いと言うときに、自分ひとりだけでは借金整理をすることは難しいと思います。

自己破産や民事再生を自分だけで、専門家を頼らずにやろうという場合は、消費者金融に気付かれないようにするために、利息だけは払うと約束し、自己破産や民事再生をやることを伏せておく必要があり、自己破産や民事再生などの法的手続きをしそうだと相手に気付かれると、妨害をしてくる消費者金融も多いからです。

この手続きは、できるだけ早く裁判所の窓口から書式集を手に入れて、準備しておくことも大切ですし、自分自身で自己破産や民事再生を申し立てたら、消費者金融などのすべての債権者に文書によって、事件番号を連絡しておきましょう。

また、自己破産などを申し立てした後は、取立ては出来ないことになっていますが、消費者金融があっさりと申し立てを認める事はなく、訴状に対して反論してきます。

さらに、弁護士などを立てて強硬な抵抗をしてくる場合もあり、どうしても相手の反論が理解できずに、反論したらいいのかが分からないままだと、相手に押し切られてしまう恐れもあるので、その時は専門家を使って、新たに攻撃ができるようにする必要があります。