「個人・国家・人類を守護するそれぞれの守護神」(五井昌久氏著作より)

2011年09月26日(月) 9時18分
「個人・国家・人類を守護するそれぞれの守護神」(五井昌久氏著作より)
守護神の中には、個人個人の救済を主として、働く守護神もあれば、そうした守護神
によって,守護霊となった神霊もありますし、国家を護り、人類を護るのを主にとし
ている守護神郡もおります。わたしどもが、救世の大光明と呼んでおりますのは、人
類を護る守護神郡のことであり、個人個人が世界平和の祈りをすることによって、そ
の個人の守護の神霊も、救世の大光明の仲間入りをして、人類救済の仲間入りをして
働くことになるのであります。そういたしますと、それまで、単独で個人救済にあ
たっていた守護神、守護霊が、人類救済の大光明の大きな光明力の一つとなって、こ
とにあたれば、いつでも、救世の大光明の大きな救いの力を流しいれてもらえるとい
うことになり、個人も得をし、人類全体としても、一人でも多くの人の協力を得られ
たことになり、一挙両得というか、個人人類同時成道ということになってくるので
す。「(非常識・常識・超常識、白光出版)よりの抜粋。」
  • URL:http://yaplog.jp/niniginomikoto/archive/33
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。