「無限次元の頭脳を使って生きる」(五井昌久氏著作より) 

2011年09月26日(月) 9時26分
「無限次元の頭脳を使って生きる」(五井昌久氏著作より)
1.この、三次元の世界が人々の目にうつってくる、その根源には、無限次元の波動の世界が存在するのでありまして、その無限の世界から、神々はその人々、その国々に必要なものは常に与えられるようになっているのであり、形の上、三次元の世界の上では、有限と見える、この地球世界が、実際は無限の世界から、いくらでも欲するもの,必要なものを、与えつづけられる世界なのだ、ということが真理なのであります。「本もの贋もの(白光出版)」
2.ところが、真実の人間というものは、この肉体よりも数等倍も優れた機能をもつ体が幾層にも奥に奥に存在しておりまして、奥にゆくにつれて、微妙この上もないものになってくるのであります。そしてその一番奥の存在が宇宙神の御心の中心にある直霊(なおび)ということになるので、この直霊が神そのものということになるのであります。ですから、人間の心の一番奥深いところは、神そのものとなるのです。そうした神そのものの働き場所を神界というのであり、次第に霊界、幽界、肉体界と、その働きのひびき(波動)が遅鈍になってくるのであります。
3.人間の頭脳というものは、肉体だけのものではなく、肉体とはくらぶべくもない、霊体、神体の頭脳があるのです。こうした高度の頭脳の働きも、肉体頭脳のほうが常に、休みなく働きつづけていますと、その高度のひびきをつたえることが出来ないのです。いいかえますと、肉体頭脳の波動が、直霊のほうからのひびきとは無関係に想念の働きを続けていますと、肉体の働ける範囲の、狭い浅い判断や行為よりできなくなって、永遠の生命,宇宙の大きな流れに沿ってゆけるような働きは出来ないのです。
4.人間の体というものは、大きく分けて、肉体身,幽身、霊身、神体というように四つに分かれております。それは、七つの名称をつけて、七つにわかれているといってもいいし、細かく分ければ数限り無く分かれているのであります。ですから、あらゆる体から智慧が湧き出で、あらゆる階層の知識もあるのであります。肉体身は、一番鈍なる体なのであります。そこで、肉体頭脳にまつわる知識や想念を、肉体身より微妙なる体のどこかの頭脳に一致させてしまえば、肉体身の頭脳で考えるより、微妙な考えが湧いてくるのであります。普通、インスピレーションというのは、人の肉体身以外のどこかの階層の頭脳波動から肉体頭脳に伝わってきた、智慧なのであります。
2、3、4は「老子講義(白光出版)」より。