競売 解説A

May 19 [Sun], 2013, 10:28
自宅が、実家が、競売に掛けられそうなんですが・・・
身内に競売で落札してもらえば、住み続けることはできますよね?
と、質問をいただくことがあります。

一般の人で、競売物件を購入しようと思っている人以外は、あまりよく知らないのが”競売”だと思います。
私も、競売という言葉は聞いたことがあっても、理解をしたのはほんの数年前ですから、わからないのが当然です。
ただ、競売に掛けられた当事者となったら、勉強しておいたほうがいいでしょう。


競売の基本的な進み方は次の通りです。

@競売の申立
A開始決定/差押え登記
B執行官による現況調査/評価人による鑑定評価
C売却基準額の決定
D公告/入札開始
E開札/売却許可の決定
F代金納付
G所有権移転登記/配当

前回、@について説明したので、今回はAになります。

A開始決定/差押え登記

これは、@の申立を受けて、裁判所が申立内容に不備がなく受付られると、債務者のところに開始決定の通知が裁判所から届きます。
また、差押え登記がされ、登記簿(現在事項証明書)に記載されるので、登記を見た人は競売の申立をされたことがわかるようになります。

競売 解説@

May 14 [Tue], 2013, 14:36
自宅が、実家が、競売に掛けられそうなんですが・・・
身内に競売で落札してもらえば、住み続けることはできますよね?
と、質問をいただくことがあります。

一般の人で、競売物件を購入しようと思っている人以外は、あまりよく知らないのが”競売”だと思います。
私も、競売という言葉は聞いたことがあっても、理解をしたのはほんの数年前ですから、わからないのが当然です。
ただ、競売に掛けられた当事者となったら、勉強しておいたほうがいいでしょう。


競売の基本的な進み方は次の通りです。

@競売の申立
A開始決定/差押え登記
B執行官による現況調査/評価人による鑑定評価
C売却基準額の決定
D公告/入札開始
E開札/売却許可の決定
F代金納付
G所有権移転登記/配当


@の「競売の申立」ですが、これは債権者(住宅ローンを借りた金融機関等、返済するべきところ)が裁判所に対して、必要書類を作成提出し、裁判所に競売の費用となる予納金を納付することです。

Aは次回に。

親切な対応

March 04 [Mon], 2013, 9:03
本日のご相談も、積雪が多い地方からでした。

住宅ローンの支払が出来ずに、既に6ヶ月を経過し
書類が届き、慌てて債権者へ連絡したというのです。
今月末までに、支払ってくれなければ、競売の手続きを取る。
と言われ、延滞分を全額払ってくれれば、その手続きを
避けられると言います。

どうしても、家を取られては困るので、そのお金を用意すると
話をしたそうなのです。

で、その際に、金融機関(債権者)の担当の人から

「そのお金を用意するのに、クレジットカード等で借りて用意しては
ダメですよ。金利の低い住宅ローンの返済に、金利の高いお金を
借りて払うということは、将来的に無理が生じてしまいますから。
親戚に頭を下げて、借りられるのなら、そこで借りた方がいいでしょう。」

と言われたと言います。

これって、いい意味でもわるい意味でも、スゴイ!です。
普通に考えると、お金を貸した側とすれば、どこで借りてこようと
うちに返してくれればいい。というのがホンネでしょう。
でも、まだまだ返済をしてもらわないといけないので、どっちみち
借りるのであれば、金利や返済期間に柔軟な”親戚”を挙げたのでしょう。


この方、心配でここ数日間、ろくに睡眠も取れていないそうなのです。
電話で話をし始めた時は、元気のない声でした。
しかし、最後には元気な声になり「頑張ります!」と言う言葉が
聞けることが出来ました。


何はともあれ、元気になって良かったです♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ninibaikyaku
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像看護師とは
» 催告書 (2011年02月17日)
Yapme!一覧
読者になる