ブログ、変わります! 

November 01 [Tue], 2005, 23:13
10ヶ月ちょっと、こちらにお世話になっていましたが、
本日からお引っ越しして、
新しいところでブログを始めます。
新しいブログはhttp://blog.ningyouhime.vivian.jpです。
これからもよろしく


ハッピー・ハロウィン!! 

October 31 [Mon], 2005, 23:33
今日と明日と、息子の幼稚園は代休です。本当に、もう、ものすご〜く疲れているのだけれど、気持ちいい興奮が身体の中をまだ駆け巡ってる。娘とオットを送り出さなくてはいけないから起きて、そのあともう一眠りしようかなあと思ったけれど、もったいなくてそのまま起きる。っていうか、あまりにも家の中が荒れ果てていたので掃除せずにはいられなかったのぼんやりいろんなあれやこれやと思い出して反芻し、ひとりにやにやしたりしてちょっと不気味だったかも。部屋の整理まで手がまわらなかったけれど、明日もお休みだからまあいいかな。これでやっとお人形遊びする時間もできそう。いや、でもまだまだ微妙に役員の仕事は続くのだ。卒園まで楽しもう
夕方、娘の通う英語教室でハロウィンパーティー衣装に最後まで悩んだけれど、数年前姪がおさがりでくれたおじゃ魔女どれみのあいこちゃんの衣装がなんとぴったりでした帰宅後、大喜びのオットがまたぞろしつこく撮影大会とんでもないピンク大好き娘だけれど、ブルーも好きなの。息子にも似合う!今、一番の私の使命は、この子達の幸せのために尽くすこと

やっぱり私は運がいい 

October 30 [Sun], 2005, 21:19
雨音がしないかと眠りながら耳を澄ましている自分がいる。それを意識することで目がさめた。やった、雨粒はおりていない。いよいよ今日が幼稚園バザー!祭りだ!祭りです泣いても笑っても今日が本番なのだ。気合いをいれて出掛ける。昨日よりさらに10分早く出掛けてみました。仲間と合流して現場へ集合。肝心の食品の搬入を出迎えるために門にスタンバイ…そして、怒濤のバザー開催
食堂の装飾、はっきりいって素晴らしい出来映えでした。もう誇らしくて誇らしくて胸を張っちゃった。私ともう一人の手芸好き役員さんとで夏休みに手分けをしてアップリケしたエプロンも、みんながつけると本当に可愛くて先生方にも褒められちゃった黄色いバンダナ、白いトップ、ボトムはジーンズ。全員揃えたユニフォーム姿も好評で、役員同士で何十回も討議し、計画を練りに練って仕入れた食品はお昼前に全部完売。見回りにやってきた副園長先生が「なんだか今年の食堂はとっても感じがいいわね。本当にいいわ。うん、雰囲気がいいですね」とわざわざ私の前で足を止めて褒めてくださったもう、役員・係一同大感激。実質、幼稚園のである方からのお褒めの言葉は値千金どころの騒ぎじゃないのだ、もう涙涙の大喜び。
バザー終了までには飲み物も完売。大大成功です
バザー終了の合図の後、仲間の一人は本気で落涙文字通り「えがおいっぱい」で今まで仲良く楽しんでやってきたけれど、まさかの役員選出の時からすごくすごく気を張りつめてもいたのよね。だけどなんだかすごく幸せ。皆にお礼を言って解散してからも最後の最後まで私達役員は残りながら口々に「私、役員をやってよかった!」「うん、本当にそう思う!」と言葉がでた。そう言えるってすごくすごく素晴らしいことじゃない?巡り合わせが素晴らしかった、みんないい人達で、すごく大人で、でも可愛くて、謙虚で優しくがんばり屋さんで、すごく素敵な素晴らしいママ友達だ。こんな出会いの場に来れて、私はやっぱりすごく運がいい人間です。間違いない。幼稚園名物どら焼き。持って帰って家で食べたらあまりの美味しさに感動の涙が本当にでました。幸せ。

楽しくなければ嘘でしょう? 

October 29 [Sat], 2005, 23:06
みっちり働いた後のファミレスでのステーキは、ものすごく美味しかったです、ごっつぁんです

早朝に幼稚園にかけつける。いよいよバザーは明日。つまり決戦前日状態な訳で、準備日は全園児母出動なのだ緊張で朝早く目が覚めるも、なんだかすっきり立ち上がれた気がしない。コーヒーの熱さばかりが舌を刺激するけれど、それが脳まで達しない感じ。なんとももどかしい。テンションがあがりにくい…低い。やっぱり昨日の息子の就学問題が胸に響いているようだ。いかん、がんばろうと決意をし直して家を出る。一番くらいに付くつもりだったのに、もう他の人達が来ていて、大原wでそのまま準備に突入。
何が大変って備品移動だ。私が担当する食堂は園の大ホールで行われるのだが、何十もの机や椅子を運び込むのはもちろん、ありとあらゆる備品の数は半端ではない。しかし私はつくづく運がいい。有能な人ばかりが集まったクラスに配置されていたのだから。
予想外は委託業者の開店のための荷物運びで、古い園舍の段差だらけの狭い廊下や階段を何十往復もした労働だ。前年からの申し送りファイルにこのことについて一切触れられていなかったため、業者さんを入れさえすれば勝手にしてくれるものと役員全員が思い込んでいた。ところがどっこい、状況的に見て見ぬふりなどできるものではなく、勢い手伝いの手を貸さずにはいられない。朝から信じられないほどの汗をかき、一気に筋肉がやられたのが判った。その後もあらゆる動作を含めて15時まで飲まず喰わずであった。
でも辛くなかった。働いているという実感があった。飲まず喰わずで大汗かいていると、一切トイレには行きたくならないものだね、なんて変なことに仲間と感心しあったり、差し入れにもらったキャンディの美味しさが身にしみたり。後、心配なのはお天気だけ。念力で雨雲を祓うしかないわと皆で祈る。大変だけど、楽しい。そう、なんだかとっても楽しい。春からずっと気にして気にして用意して来たことの結実を明日見ることができるなんて、こんなにワクワクすることはそうはないよ。いい仲間がいていい企画が出ていい仕事ができた。これで楽しくなければ嘘でしょう?

泣いたり笑ったり 

October 28 [Fri], 2005, 23:24
瞳が切り取る空は青く、秋の空気を感じさせるけれど、まだまだ今年はイチョウも紅葉も紅葉せずこんな秋は初めてのような気がします。

いよいよ今週末にバザーを控えて、連日役員・係の人達と一緒にすごしている。午前中に充実した作業をして、それからみんなでランチにいくのがとても楽しみ。こんなに楽しくていいの?といいながら、時間がくると「今日はどこいく」なんて雰囲気が華やぎだす。美味しい食事をいただきながら、あれやこれやの共感できる話、面白い情報にもりあがる。今後、何回も打ち上げをして楽しんで行く約束もできあがり、バザーもすでに成功したような気分でいます。今日はまた格別おいしいトンカツのお店に、仲間の一人の車をぶっとばして向かい、全員でウットリと舌鼓をうった。その後最寄りの有名ケーキ店でケーキセットを平らげる。もうあまりの幸せに全員恍惚状態。つくづく思うのだけど、女の真の幸せは気の合う女友達とのおしゃべりと美味しい食事だ
こうしていると、本当に私は楽しい。みんな私が抱えている問題をそれとなく知ってはいても不安と悩みを抱えている人に見えないと言う。そうかな、と笑ってしまう。でも…例えば私が不幸なのだとして、いかにも見るからに不幸そうではなんだかお粗末で仕方ないじゃない?内心ドタバタアタフタであっても、涼しくあきらめて悪あがきせず生きたいと私はいつも思っている。

ドールハウスあれこれ 

October 27 [Thu], 2005, 23:59
あいかわらず、マザーグースの森さんのドールハウスが可愛くて困ります 中身はこうこちらも可愛い。 全部買えたらいいのにな。ずっと遊んでしまうであろう、私心理療法、箱庭治療ってことでお許しいただきたいわ

どんな人形が欲しいかな 

October 26 [Wed], 2005, 23:15
Dllybirdそういえばこの本を買って、毎日折々にページをめくって楽しんでいることについて書いてなかった。ええ、楽しんでます。私には興味ない人形、というのはないから、こういう本は漏れなく楽しいのだ。買わない人形っていうのは当然、間違いなくあるのだけれど。  最近、すごくすごく買わずにはいられない!というほどの衝動を感じる人形はない。さすがに落ち着いて来たのかなあと自分で思うけれど、バービーなんか明らかにお顔が変わってしまったし、どうかするとスタイルもえ!?と思うことが在る(頭デッカチになって、頭身バランスが好みじゃなくなってしまった…)ジェニーには時々ドキンとするし、リカはいつも絶えず可愛い。タイニーベッツィーはかなりもう気が済んでます。ブライスも同じ。momokoもそうかな。でも球体関節人形の魅力は深い…とはいえ、これからも無限に欲しくなる、ということはないと思う。いずれ数年のうちに心に想い描くお人形を全部買い集めて、そうしたらもうあまり新しいお人形に手を出さなくなる見込み(あくまで見込みですけど)。

障害児のスクールライフ 

October 25 [Tue], 2005, 23:24
幼稚園(楽園)に通うために歩き続けたこの道は、我が家の横からすぐ脇の、川沿いの遊歩道。春には爛漫の桜が咲いて夢のように美しく、感動のフィナーレとともにツツジが咲き、梅雨の訪れる頃には紫陽花が咲く花の道でありました。川には鯉がたくさん泳ぎ、鴨と小鷺が住んでいます。そしてもっとたくさんの野鳥と蛇と昆虫達…。あ、狸にも時々出くわすし、ハクビシンを見たという人もいます。いろんな地方に住んだけれど、いずれも大都会ばかり…そんなどこよりも自然味あふれる東京都心。いい味だしてます。ちょっと前は近くの撮影所でマジレンジャーの撮影をしていたこともありました。マジレンジャーまで観られるなんていいでしょう!

息子の就学健診に行く。娘の時には多少緊張もしたけれど、今回は私と同じく2回目という人が多い。2回目の母達は1時半から2時までの受付と言われれば2時ギリギリに行くものなのだあとできいたらやはり1時から並んだ人達もたくさんいたよう。終わりかけがゆったりしていていい感じ。とはいえ、大きな学校なので人数の多さも半端ではない。友と一緒に出向いた私が一番笑ったのは、迎える学校側が世の中には健常児しかいないとでも思っているかのような対応をすることだった。受付と控え室は良かったのだが、最初の集団面接でんまず、親から離れて子供5人1チームにして連れて行く段階でもうつまづく。言葉が出ない息子の横に付き添っている私を、係の若い女性教師はハナから過保護丸出しの母として扱い、声と口調に非難をこめて「お母様、ここはもうお子様と離れてお待ちいただかないと困るのですが」と言いにくる。「自閉症でもですか?」「え!?あ、は、はい!?」「自閉症で、この学校の特殊クラスに入れて頂こうと思っています。言葉によるコミュニケーションができませんが、どうすればよいでしょうか!?」「あ、ああ、あ、え、えっと、えっと…あ、わかりましたぁ…あの、そのままどうぞ……………」部屋に入ると教師が5人。またも私に同じ注意をする。同じことを言うと全員狼狽。年配ベテラン教師二人がさっと理解の色を浮かべて、突然親切になる。退出時もわざわざ私に「ご苦労様です。がんばってください」と言ってくださる。次の視力検査の時も同じことが起こった。

ランドセルを探そう 

October 24 [Mon], 2005, 19:55
明日は息子の就学児健診色々な不安を抱えての入学だけど、だからこそ希望をこめたひとつひとつの支度を整えてあげたいと心から思う。最初に思い浮かぶのはランドセル。娘の時には迷いがなかった。数人のお友達から「もうどのランドセル買うか判ってるわ」と笑われた通り、娘は迷いなくメゾピアノのピンクのランドセルを選んだ。それまでの娘の人生を通して貫いて来た主義主張にあまりにふさわしかったので、私とオットはもとより贈り主の義父母さえ反対は一切せず。今だとシャーリー・テンプルのピンクのランドセルにも心が揺れるけれど、外側に苺のアップリケ、内側に苺の布張り、蓋の鋲も何気なく銀色の苺なインパクトを思えば、やはり娘はこれを選んだことでしょう2年後の息子には同じメーカーの鮮やかなブルーのランドセルをと当時は思っていたけれど、いざとなると心は揺れる。男の子のおしゃれってただでも難しいけれど、特に鞄関係靴関係は、なにげにこだわりがあると絶対おしゃれこんなのはどうかな かなり胸にドキュンと来ました ちなみにオットはこれと似たタイプのキャメルカラーの鞄で通勤しています。お揃いっぽくなっていいかも。     カジュアルだけれど、こんなのもいいかもでも一番心惹かれているのは

風邪に酔うように 

October 23 [Sun], 2005, 23:06
ぼんやりした風邪独特の麻痺に身をゆだね、うとうと眠りの海の中にいたら、本当に先日見に行った海の波の音が聞こえたような気がした。風邪ってたまにひくと気持ちいい…危ない発言のようですが、そういうところなんとなく判ってくれる人も多いんじゃないかな。いっそ寝込むと決めて寝ていると、身体がじわじわウイルスに浸食されているのが判る。飲んだ薬がじんわりと効いて行こうとしているのも感じる。
酔うように、自分の呼吸、鼓動の音に混じって聞こえる幻聴を楽しんで横になっていた。
朝方にはかなりヤバいと思えた体調が、上向きになって行くのが判る。
こうして休むのもいいな、たまにはね。

現在、息子に閉め出され、夫婦でリビングルームで眠る支度をしている我が家は寝室に鍵をつけているし、家族全員で眠る時にはそれを内側から締める。今夜は子供達を先に寝かせて夫婦でリビングでを楽しんでいた。さて寝ようと思ったら寝室のドアが開かないではないかまだ起きていた息子が鍵をしめ、それから眠ってしまったのだ、深く深く。私とオットでかわりがわりにドアをたたき、声をからして子供達の名前を呼んだが、さっぱり応答がない。まさか何かおきてないよね!?と怖くなって夫婦で固唾をのんでドアに耳を推し当てたら、スピー、すや〜という実に安らかげな寝息が聞こえてくる。なんと子供達の眠りは健全に深いのでしょう。あきらめて私達はリビングルームで眠ることにした。オットが妙にてきぱきと、クッションをあつめ、バスタオルを敷いて寝床をつくってくれる。「学生時代にしょっちゅう友達ン家に泊まってたから、こういうの得意なんだよ」まあ、15年一緒に暮らしていて初めて知った特技ですわよ、あなた。1枚だけ子供部屋にあった毛布を私がかぶり、オットはロングのダウンコートを羽織ってねることにした。やれやれ、治りかけた風邪はどうなるでしょう。このまま機嫌良く退散してほしいところ。それにしても子供達…あんたらもう十分一人で眠れるじゃないこれからはそれぞれの部屋で寝てちょうだい……ああ、でも眠りながら無意識にからみついてくる子供のすべすべした柔らかい手足がないと寂しいなあ、やっぱり。
■プロフィール■
■語り手:かりん■
■趣味:着せ替え人形の収集■
■家族構成:オット、娘、息子■
■住処:東京■
■招待:人形姫
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

最大の、信頼できる

ネットショップ

人形も取り扱っています!

サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

ご存知

ロボクリスさんの

楽天ショップ

Click Here!

マザーグースの

可愛い雑貨屋さん

エレガントな雑貨店

Click Here!

ネット通販手芸店としては

最大手

ニットに強い手芸店

ホームページ開設を

お考えなら

オシャレ&オチャメな子供服

ベビー服と雑貨が充実!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ningyouhime
読者になる
Yapme!一覧
読者になる