10月12日 

October 12 [Mon], 2009, 15:03
今思うと2009年3月からの役5ヶ月は壮絶な日々だった
5ヶ月と簡単にいうけど単純計算して
30日×5ヶ月=150日×24時間=3600時間
この3600時間という限られた貴重な時間の中で
その大半を占める1400時間を僕はゲームに費やした
ゲームをつけっぱなしで寝たこともあったけど・・1400時間て・・・

06月23日 

June 23 [Tue], 2009, 21:45
日記書いてた学生の僕とその日記をひさしぶりに見ている社会人の僕は
同一人物なんですか?って思うくらいに堕落した生活を送っていたことを実感した
こんなことを言って昔の自分を否定して今の自分を肯定できるほど
今の僕だって何か足りないはずなんだ
社会人の僕の日記をみて、学生の頃の僕が高笑いしているよ

11月09日 

November 09 [Sun], 2008, 6:36
今日ひさしぶりにピーターパンを見た気がする
ネバーランドはどこにもない理由を教えてくれた
峯田のひげ姿は完全にプロレスラーだったな

ってことでまぁー引きこもってるわけなんですが
今日は夜の12時くらいから部屋で友達と4時間くらい喋っていた
明日は平日だけど関係ないから寝まくる予定だけど
早起きしよーかなーなんて考えてるわけ
なぜならば・・・・いい曲ができそうだからです
今はまだイントロしか作ってないし
仮のリズムでメインの音の流れを考えているくらいだし
これから音色いじっていこって段階なんだけど
自分の中では凝れば凝るほどよくなっていきそうな気がしてる
耳から聴いて体の内側に宇宙が広がっていくような
耳から聴いて体の内側にネバーランドが広がっていくような
そんな自信作になってくれそうな感じだからいじるの楽しいわ
まぁそんな感じ出し明日は健全な趣味に没頭しようか・・・・
でも逆転してて今は朝の7時前くらいだ・・・・
まずは生活を健全にしよう

11月04日 

November 04 [Tue], 2008, 5:36
中学のとき 英語の辞書を忘れたから隣の女子のを共同で使わせてもらった
家も近所だし気さくで話しやすいやつだったもんで
彼女が見ていない隙に
ふざけてその辞書の「vagina」の項目を○で囲んでやった

・・・・・・あれから10年以上が経ち、そんなことずっと忘れていた
休みで実家に帰省して部屋の整理をしていたときのこと
英語の辞書が必要になって 中学時代のを探して使った

そしたら覚えのない落書きを見つけた

「penis」が○で囲んであって余白に
「お返しだバーカ!! 昼休み図書室で待つ」と書かれていた
それで思い出した
あの時あたりからだったか
彼女は昼休みになると真っ先に教室から出て行くようになったの
俺は「何委員だか知らないけど忙しいんだなぁ」なんて思っていた
中学最後の昼休みも 彼女は教室にいなかったけ・・・・。

で 嫁にそれを見せたら 顔真っ赤にして
「今頃みつけるな!」だって



爆笑や涙とは違う でもほろ苦くて時に涙が出そうになり
思わず微笑んでしまうような「幸せ」という感情は
きっと人から人へ感染すると思う
だから動画で見つけた悲しみへの心の薬的な文章をお裾分け

11月03日 

November 03 [Mon], 2008, 2:10
一人で酒を飲むペースと比例して増えていくビールの巻数
真夜中に小さな明かりを一つだけつけてブログでも書こう!
と思ったけど文字には感情の本質を伝えきれないと思い進まない
この前テラと二人で焼肉屋で話した大学生活の4年間
本当にいろんなことがあったと感じている
極論を言うといろんなことを通して僕は自信と行動力を失った気がする
心の芯では自信なんてこれっぽちもないけど
それに触れられたくなくてくだらない自信が心の芯の周りにこびり付いたし
曲げちゃいけないプライド曲げて、いらないプライドを守り傲慢になった
不安はあったけど迷いがなかったあの時の自分
瞳を閉じればいつだってあの時に戻れる
口だけ達者で一歩がでない今の自分
どうしてだろう どうしてだろうと足踏みしている
ってどんだけネガティブよ!!!
音楽でも聴こう 今日はなんかアニソンが聴きたいな
よし『ハレ晴れユカイ」を聴こう 最高のつまみになる!

いつだっていい そうだ!できるだけ晴れた日に
僕が想像なんてできない 魔法以上の愉快がかぎりなく降り注いで
僕は言うんだ「不可能じゃないさ」ってね

10月22日 

October 22 [Wed], 2008, 5:54
今日は世の中では仕事ができる人たちと生まれて初めて絡んだ
その人たちはやっぱりすぐに僕の甘えを見抜きやがって
両親に甘えているのはやっぱりダメなんだなって思った

祇園の料亭も経験させていただいて
自分の力ではあと30年以上はいけない世界であることを知った
夢のようで緊張した空間を経て
若女将の美貌に取り付かれていたことを感じた
着物の女性や毅然とした女性にいつか・・・・

10月20日 

October 20 [Mon], 2008, 3:17
学校は火・木・金・たまに水という生活の中で
それ以外の曜日はパチンコと曲作りが二大巨頭
今月は大金を叩いて曲作りセットを買ったのにも関わらず
たまにパチンコ屋が恋しくなってしまうわけで・・・・
しかも京都では小負け→小勝ち→大負けのループに陥り
今月は貯金やら財布からたぶん25万くらいどっかに消えた
そして今になり この夜の闇の中
とりあえずツラいっす

10月10日 

October 10 [Fri], 2008, 4:49
目で見ること以外信じることができないの
どんなに積み重ねられたロジックだって
この目で見ないと意味がなくなるの
だから複雑不純で不確かな世界でも
確かもものを信じて確信する術は
この目で確かめることだけなのかもしれない
どんなに幽霊がいるって主張されても
どんなにUFOがいるって主張されても
信憑性のかけらは心の中にはないの

疑い深くなっても許してね
それが僕が大切な人を思いやる表現方法だから
どんなに傷ついても付いて来てね
それが僕が望んでいる一番のことだから
エゴの向こうに思いやりがあって
思いやりの向こうに二人の未来があって
二人の未来の向こうにさよならがあるって思わなかったら
朝日を迎える夜はどこかに消えてくれるのでしょう

10月09日 

October 09 [Thu], 2008, 4:46
俺音楽家になるわ

うん
色々やってみたけどさ
結局そこにたどりついたわ
人生をささげてもいい魅力がそこにはあるわ
4次元の世界って素晴らしいとおもうわ
うん
4次元の世界を一人で創れちゃう音楽ってすごいとおもうわ
音楽家目指すわ俺
でも弦切れたからやっぱやめるわ

suadasama

09月01日 

September 01 [Mon], 2008, 3:16
きゅうがつ