岩井勇一郎でチータ

September 15 [Thu], 2016, 0:00
インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。
痛み止めの薬などを服用して、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。
顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。
インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。
他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるワケですが、これはさらに人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれますが、インターナルタイプの方が近頃はメジャーになっています。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。
陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を創れるかどうかは、何といっても歯科技工士のスキルによります。
人工歯の制作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。
いわば一点一点がオーダーメイドですから、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定指せるために、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療しゅうりょうまでの間、禁煙を決意して下さい。
歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
しかし、この治療法も決して万能ではなく、留意すべき点もあるのです。
それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあることです。
いくつか例を挙げると、ガンで治療をうけている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、インプラント治療をうけられなかったり、準備に時間がかかることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和奏
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ninetpfuamniao/index1_0.rdf