September 23 [Mon], 2013, 2:27
テスト

忘れろ忘れろ忘れろ忘れろ忘れろ!!!!!!!

April 01 [Mon], 2013, 23:37
はずかしはずかしはずかしはずかしはずかし!!!!!!!!!!!!!

なんとゆーか、現実と妄想の区別をつけることが正しいという言葉は自己啓発好きに向けて語られるべきなのではないだろうか。じぶんが黒魔導師だとか妖精使いだとかはある程度なりきって遊んでいたとしても本気度はたかがしれている。それらは現実に存在不可能であり、他者との差異化を目的とした自分設定としての基盤が揺らぎやすき。だって誰もなることはできないのだから。一方で自分はスーパービジネスパーソンだとかハイパーなんとかクリエイターだとかであると信じ込んでしまうのは、その限りで揺らぎにくい。確かにこの世にスーパービジネスパーソンだとかハイパーなんとかクリエイターは存在しているかに見えるし、自分も誰それさんのようになりたいと目標をかがげ周囲にアピールしていくことは異常とは取られにくいだろう。しかし、だからこそアピールは過激さを増し、我々の現実と妄想の境はメルトダウンしてしまう。

まあしたかったのはそういう話じゃないんだけど、私も自省いたします。自省というのは、具体的には自分に境界性人格障害のケがあることを自覚するということですね。私は自己中心的だし、苦痛から逃げ出そうとするし、虚言壁があるし、妄想癖もあるし、他人を見下しがちで、ついでに道具かなにかだと勘違いしている節があるし、限りない成功と愛情への夢想があるし、バイアスが掛かったものの見方をするし、自分の存在というものを過度に重要視しているし、自信なさすぎだし、伴って責任感というものがないし、見栄っ張りだし、自分が相対的にも絶対的にも一番じゃないと嫌だし、ということですね。誰しもそういう部分はあるのだろうけど、私のこれらは少し肥大化しすぎている。だからといってどうなるわけではないのだが、まあこういう傾向はあると思っていい。誰も私のこと好きでも嫌いでもないし、私がいなくなっても何も変わらないし、いなくなろうとしても誰も止めようとはしないだろう。それは私は個人として個人のために考え、判断するべきということであって、誰かのために何かをしようと自分を犠牲にするのは怨恨しか生まないことは経験上わかっている。愛は限りなく無限に搾取するものではなくて、瞬間瞬間に感じ取る空気のようなものなのかもしれない。愛とは、誰かという個人から量的に受け取るものではなくて、空間にふっとたち現れる空気のようなものなのだ。

秀さまは、あんなしかめっ面しといて、明確にちょろい。多分、関係性もあって、人格障害の私なら簡単に手玉に取ってしまえる。ターゲットにできてしまう。例えば徳とかマッシュたちにしたのと同じようなことをしてしまえる。でも絞っても絞ってもなにも出てこないのだ。確かに角栓を絞り出すのは快感だけど、出てきた油に価値はないし、残るのは醜い面皰痕と後悔のみである。何より秀さんをそういう風に扱いたくない。そこまでの価値を見いだしているわけではないし。

そう。そうなんだよな。そこまでの価値を見いだせるひとが、今周りにはいないんだよな。そして、ふと気づいたけど、私もターゲットにされてるんじゃないのかな。

文章について

April 01 [Mon], 2013, 0:12
 文章(私はこの文章という言葉が嫌いだが、広く一般に文章と書くしかない事象なのでしかたなくこう記す)が書けなくなったのは、別段うつ病のせいでもなんでもなかった。単純に鍛錬不足のたまものである。

 高校時代、私は狂ったように文章を書き続けていたように記憶している。バカがものを考えるのは(ほとんどの場合ものを考えた気になっているだけなので)有害であり、高校生だった私の執筆へむける過剰なまでの欲望と時間は、それで大学受験に失敗したと言っても過言ではなく、ほめられたものではない。しかし、それでも人文系の学部に進学するにあたって全く無意味であったともいえないだろう。ほとんどの場合において、私は語彙力や文章構成力、表現などをほめられたのだから(それで調子こいて大学院進学しようなどとたわごとを抜かしているうちに新卒就活の期を逃そうとしているのだからやはり有害以外の何物でもなかったかもしれない)。

 そんな私がここにきて「落ち目」と言われ始めている(しかし改めて文字に起こしてみると頭にくる)のは、文章を全く書かなくなってしまったからにほかならない。おそらくこの大学3年間で書いた文章の量は高校三年の一年で書いた文章の量にも劣るだろう。そうなってしまった原因は複数あげられ(twitterのアーキテクチャに慣れたとか文章書きまくっていた時期のインプットが明らかに貧弱すぎたとか大2病的意識とか、ゆるふわ2.5流大学の脳みそすっからかん専攻だとか)、またそれらの原因となった環境を保持していることは心地よくもあるのだが、文章を書けないことはなにより苦痛だということにようやく気付いたのだ。
 
 ここで文章という言葉の定義を試みよう。文章とは単語、節、一文、段落と日本語の構成単位が大きくなっていく、最上位に位置する。つまり、前述の単語、節、一文、段落をすべて内包するものが文章であるとここでは定義する。一文と文章の差はどこに生じるだろうか。私が思うに、それは文と文の関係性であろう (ここまで書いていて頭の悪さに辟易はしている。まあリハビリだから許してね)。この3年間でしてきたこと(主にtwitterのせいで)は、センテンスをひりだすことに他ならない。まあそれはそれで無価値だとは言わない。かのスティーブ・ジョブスも「自分のやりたいことを10語で的確に、かつ魅力的に言い表すことのできないやつには金を出さない」という意味のことを言っていたように記憶している(ビル・ゲイツだったかも)。しかしながら、やはりそれでは何かを十全に語ることはできないのだ。故・井上ひさしの有名な言葉で「むずかしいことをやさしく」というものがあるが、それでは立ち行かない領域も存在している。複雑なものは複雑なまま理解し、複雑なまま表現しなければならない。そうでなければ書きこぼしてしまうものが必ず出てくる。私にはそれが知的に誠実な態度だとはどうしても思えない。井上ひさしは「やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに書くこと」と続けるが、やはりそれはエンターテイナーのやりかただ。われわれは、学問の浅瀬の砂場で水遊びをしているにすぎないのだとしても、ここにいる以上、やさしいこと、すなわち単純な事象が果たして本当に単純な事象なのか懐疑することが必要なのではないか。そのときにキャッチコピー的思考だけでは立ち行かなくなってしまう。

 
 前置きが長くなった。以下に記すのは、私がかつて文章を書くときに心がけていたことの覚え書である。ロジカルシンキングやディベートが大好きな変な義務教育機関と複数の進学塾と受験勉強で得たテクニックをもとに、高校時代の経験知を加えたものなので普遍的かどうかはわたしにはなにも言えない。もしかしたら一般に言われていることと矛盾があるかもしれないし、今後以下は私の経験によって塗り替えられていくかもしれない。しかし、何もないところから進歩は生まれない。成長とは、現在、あるいは過去を批評していくことではじめて生じるのだ。



 まああとで書きます(逃げ)

(無題)

March 28 [Thu], 2013, 22:47
勉強スペース片付いて気分もスッキリ〜
毎日ここだけは片付けるようにしよ…

(無題)

March 27 [Wed], 2013, 21:05
てかさー、
人文学部なんかに通ってるとこじらせ系がいっぱいいるのね。で、流されやすいから流されちゃう。自他ともにみとめるメンタルの弱さだから自殺未遂しちゃう。やれやれだよね〜〜。なんか冷静になってふりかえるとまじ黒歴史だなあ。まあ大学なんてそんなもんか。な?あーやだやだ。朱に交わると嫌でも赤くなっちゃうもんだね。ま、感受性が豊かってことにしておく。

自称「考えすぎちゃうタイプ」ってのがいっぱいいて、それって「深い考えしてます」アピなわけじゃん。そのアピール自体があっっっさいし俗っぽいし、でもそいつらに私が浅い考えしてるとか言われるのは癪にさわるので、パワーゲームに乗っかっちゃうという。ばかなの?ティーンで卒業したんじゃなかったの?
考えすぎるって要するにバカってことですからね。悲観的になったり、話のすり替えを抽象化と勘違いしてるってこと。考えるべきことを考えずに、考えなくていいことを考えすぎてるってこと。考えるべきことを考えるのは調べたり話たりいろいろ大変だからね。
流される私もまだまだだけど、周りは基本バカばっかってことで。バカにも見習う箇所はあるけど、見習うこととバカを全肯定することは違う。バカはバカ。

あとさー、ついったとかに読書めもとか書いたりして勉強した気になるのもちょっとあたまおかしいとしか。勉強は机に向かってやるもんだよ。ばーか。
総括としてバカばっか。学部残り一年きばっていきましょー

若鶏の焼き漬け

March 27 [Wed], 2013, 19:15
今日はなかなか美味しそうにできた♡


(無題)

March 27 [Wed], 2013, 6:42
私の悪いところは何でもかんでも真に受けてしまうところだ。にちゃんの書き込みやTwitterの呟きなど、話半分でも没入しすぎと言えよう。
あそこにいるのは虎ばかりだ。役に立たぬ理念ばかりをかいふとらせた穀潰しどもがつどうばしょである。そんな俗物と競い合っていることが私のレベルの低さの象徴である。

(無題)

March 27 [Wed], 2013, 6:20
説明不要で本音をぱしぱし書いて行きます!(懐かしい)

小田巻ゆかりになりました!成人しても心のコントロールが苦手です!
精神弱いのがかっこいいとは思わない。怒るとか怒らないじゃなくて、遊びには付き合えないなーっと、ってことで一人で真剣にじぶんに向き合うね。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:小田巻ゆかり
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント