認知症の人の介護ストレスを溜めないことが大切

June 04 [Sun], 2017, 17:16
介護に効果がある認知症の9大基本(2、3)
覚えておくと認知症の方の行動が理解しやすくなり、介護ストレスの軽減につながる法則です。


法則2 親しい人に対しきつく症状が現れる
ふだんは介護の 手助けがないとなにひとつできず、合点が行かないような振る舞いをするのに、お医者さんや訪問調査担当者、知り合いなどの来客があるとまるできちんと返答をするというケースは割とあります。介護する肉親は、面倒さ辛さをわかってもらえず失望します。


そのような実態の波のはっきりした要因はわかっていませんが、「近しい人には甘えが出てくるのだろう。頼りになる証拠なんだろう」と考えてしかたが無いと認識しましょう。


法則3 自分自身にとって損なことは明らかに拒否する
認知症の特質の一つですが、挑発的に切り返されると介護する側も警戒してしまいます。その言い分が誤ちや不具合を宿すなら、「好きなことを言う」と腹が立つことだってあります。ただ、これは認知症の方にとって、ご自身の技量の下降を承認したくないための心理的な自己防御かも知れません。


とにかく認知症の人の介護ストレスをためないようにすることが大切です。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ninchistress
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる