認知療法の流れ

February 06 [Thu], 2014, 14:39
認知療法、認知行動療法の最大のメリットとしては

「自宅でもできる」ということです。

認知療法とはいわば宿題みたいなものです。クイズとか、そういう風にもとれます。

結構楽しいものです(笑)


もちろんそういう風に自宅でする作業というものに苦痛を感じてしまうタイプの人には不向きですが、

誰にも見られずに一人で治療ができるというのは多くの人にとってポジティブなことだとおもいます。


質問がなされ、あなたならどう考えますか?というようなものを選びます。

あなたのその回答が適切であるかそうでないかを判断し、適切に導いていきます。

だいたいの流れはこんな感じです。適切であるか、適切ではないか、という判断のボーダーラインは少し曖昧かもしれませんが、指標のようなものはあります。

少なくとも悪いように導くような療法ではないので其の辺は安心してくださればと思います。

言っても基本的なことばかりですしね。なんだか小学生の宿題をしているような感じです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コロ
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ninchi233/index1_0.rdf