認知症は薬で治るの?ボケないためには予防が大事|アロマの活用

April 26 [Sat], 2014, 6:09
家族のおじいちゃんおばあちゃんが
認知症(痴呆症)になったかも、と思ったら
まずは専門医の診察を受けましょう。

言葉は悪いですが、ボケたかも?と思ったら
できるだけ早く専門家に見てもらいましょう。

認知症は脳の細胞が壊れてしまって、
日常生活に支障が出る病気です。

また、よく耳にするアルツハイマー病は
認知症の原因となる最も多い病気です。

認知症を早期発見できれば、
進行を遅らせることができるため
いつもと違うと思ったら見てもらうことが大事です。

【認知症の症状】

認知症になると記憶障害が理解力や
判断力の低下などの症状が出てきます。

主な症状としては、

・同じ事を繰り返し言ったり聞いたりする
・食事したことを忘れる
・物を盗られたなどの妄想が起こる
・徘徊するようになる
・疑り深くなる

などがあります。

以前と性格が変わった?と感じた時は
認知症の兆候かもしれないので
まずは専門家に相談してみましょう。

【認知症の治療法】

残念ながら今のところ、発症してしまった認知症を
根本的に治せる特効薬はありません。

しかし、アルツハイマー型認知症であれば
早期の治療開始を行うことで
進行を遅らせることができる病気です。

・薬による治療
・家族以外との交流を持つ
・趣味や軽い運動を楽しむ

等のように、薬と薬以外の治療を取り入れることで
病気の進行を遅らせたり改善する事もあります。

そして、本人が穏やかな生活を送れることを
第一に考えて行きます。

【認知症の予防】

認知症になる人は脳が萎縮して
前頭葉や側頭葉に流れる血流が少ない
ということが分かっています。

以下のようなことを生活に取り入れることで
認知症の予防になります。

・散歩
・家族以外との交流を楽しむ
・本や新聞を声を出して読む
・血液をサラサラにする食生活を心がける

認知症は生活習慣病の1つといえます。

生活習慣の改善で認知症予防になりますので
ぜひ上記の事を取り入れてみてください。

【自宅でできる予防】

また、アロマオイルを生活の中に効果的に取り入れることで
自宅で簡単に予防が出来ることがわかっています。

テレビ番組で放送されてから話題となっており、
認知症の改善にもつながるのと評価を得ています。

大学の教授が研究して成果の上がっている方法であり
以下の4種類のアロマオイルで予防・改善が可能です。

・ローズマリー
・レモン
・ラベンダー
・オレンジ

この4種類のアロマの香りを嗅ぐことで嗅神経(きゅうしんけい)
を刺激して記憶をつかさどる海馬を活性化するのだそうです。

アロマオイルを使用する際には天然のものを使用し、
最適なブレンドをしたものを昼と夜の2回嗅ぐといいそうです。

認知症は65歳を過ぎた辺りから発症しやすくなるそうです。

ですが、それ以前から脳内では変化が始まっていると
言われているので、40代頃から始めても良いそうです。

ちなみに、番組で紹介されていた配合比率で
ブレンドされたアロマオイルが
「ナチュラルアロマ」で販売されています。

天然100%のアロマオイルをそのまま使えるように
ブレンドしてあるので手軽に予防が出来ます。

60mlと10mlの2タイプが販売されているので
気になる方は下記の公式ショップをご覧ください。
   ↓       ↓       ↓