化学調味料に頼らない!にんべんのだし

April 09 [Thu], 2015, 13:16
あなたは料理の時、だしの素を使っていますか?
私も今までは、
市販されている顆粒のだしの素を使っていました。


昔、母は味噌汁を作る時は、
鰹節や煮干しでダシを取っていましたが、
最近はだしの素を使うようになりました。


そう、ダシを取るのって面倒なんですよね。
手間をかければおいしいのはわかるのですが、
2人だけの料理にわざわざだしを取るのは時間がかかってしまいます。


■化学調味料は身体に悪い?


市販されているだしの素などには、
「アミノ酸等」といううまみ成分が使われています。
これ、ほとんどがグルタミン酸という化学調味料だそうです。


化学調味料は身体に悪いと言われていますが、
人間が感じるうまみ成分を抽出しているだけで、
絶対に身体に悪いという根拠はないそうなんです。


ですが、摂り過ぎると味覚障害を起こします。
味覚障害が起こると、食べ物本来の味がわかりにくくなり、
ついつい濃い味付けになってしまいます。


そうすると、塩分を取り過ぎてしまい、
異常に喉が乾く、ということになります。


また、人工的に作られている化学調味料で
低体温症や腸内細菌の減少など、
健康障害が起こりやすくなります。


実際に、化学調味料が多く使われているお弁当などは、
食べ過ぎると身体が受け付けてくれなくなります。


だから、惣菜屋以外のお弁当なんかは、
食べられなくなってしまったんです。


この化学調味料はだしの素だけではなく、
市販されている食べ物などには多く使われているので、
自宅での料理にはできるだけ天然の物を使うのがベストです。


■日本橋だし場の、本格だし


日本橋に、本物のだしが味わえると人気の
にんべんのだしBARがあります。


ここは、だしをドリンクの様に飲めたり、
だしを使ったごはんやスープなどが楽しめます。


天然のだしを使うと料理がやさしい味になり、
食材のうま味も引き出してくれるんですよ。


にんべんのだしは、
カツオの出汁の本当のおいしさを知ってもらおうと、
作られるようになったんだそうです。


■家庭でも味わえる!自宅用の本格だし


ただ、自宅で毎回だしを取るのは大変。
それにだしを取る時って、
絶対に沸騰させてはいけないんですよね。


間違えて沸騰させてしまうとえぐ味が出てしまい、
料理そのものもマズくなってしまうんです。


そんな時にはやっぱりだしパックが便利。
だし作りに失敗してしまうことがありませんし、
時間がかかるとか、面倒なこともありません。


にんべんの本格だしパックなら、
化学調味料無添加なので、安心して使えます。


カツオだけのだしと、カツオ・昆布のとがありますが、
私のおすすめはカツオと昆布のお出し。
これで雑炊を作ると、とってもやさしい味になるんですよ。


今まではチャーハンを作るときも顆粒のだしの素を使っていたのですが、
にんべんのだしパックも、袋を開けて、
そのままふりかけて使うことができます。


だしが変わると、こんなに料理がおいしくなるのか!
とびっくりしますよ。
家族からも、「料理がおいしくなった」と言われています。


にんべんのだし場でお出しを味わうのもいいですが、
おいしい料理を自宅でも作りたい!と思うあなたに、
ぜひこのだしパックを使っていただきたいと思います!
↓   ↓   ↓