要チェック3つのメディア 

2010年04月20日(火) 23時57分
◆ 経済の動向を知るには日経新聞を読みこなす ◆
為替相場の動きを予測するには予測するための分析が必要になります。
分析するためには、自分が取引している通貨ペアに関するニュースを常に把握していなければなりません。
そこで活躍するのが経済を知るための定番『日経新聞』(日本経済新聞)。
他紙でも経済関係の話題が取り上げられてはいますが、『日経新聞』は為替相場についてかなりページが割かれています。
中でも夕刊の「マーケット総合」面。
この蘭には東京時間の主に午前中の値動き等が書かれています。
毎日チェックしておきたいですね。
ありがたいことに、そのときの動きが一目でわかる見出しがついているので頭の中で値動きを整理しながら読むことができます。
夕刊に掲載の「ウォール街・ラウンドアップ」コーナーもお勧めです。
この蘭ではニューヨークの株式市場を含む金融市場の動きや市場参加者のコメントなどが掲載されています。
特にドル/円を売買している投資家は要チェック!と思います。
それから今度は、朝刊のほうで「マーケット総合1」面に掲載されている「マーケットウォッチャー」というコーナーがあります。
この蘭では、株式相場や為替相場、債券などその日によって注目される日本の金融情勢について掘り下げて書かれています。
同じく「マーケット総合1」面の右端に掲載されている数値の中で「通貨オプション」の項目に「円・ドル ボラティリティ」が掲載されています。
できれば常に目を通しておきたいところですが、それが難しいようならまずは為替相場に関係ある話題が取り上げられている時だけでもチェックするといいでしょう
。ちなみに、月曜日の朝刊に掲載される「予定・サーベイ」面には一週間の経済指標の発表予定、政治、外交、金融に関する行事予定等が詳しく書かれています。
◆ インターネットは必須のツール ◆
インターネットは、ありとあらゆる情報の宝庫。
しかも、新聞に比べて速報性があります。
みなさんもインターネットの情報を上手に利用して、相場の変動に機敏に対応できるようになりましょう。
口座を開設した外為業者のサイトでは、誰でも見ることができる情報以外に口座開設者に限定した情報サービスを設けているところがほとんどです。
電子メールや携帯メールで発信しているところもあるので、これはぜひ利用しましょう。

@NIKKEI NET(日経ネット)http://www.nikkei.co.jp/
トップページを開くと、右上蘭に日経平均株価とドル/円の2WAYプライスが表示されます。
また経済に関するトップニュースが入ってきた場合は、両面に大きく出されるので便利。
NIKKEI NETでは毎日、東京時間については、「早朝、9時、10時、12時、14時、17時」の6回に分けて為替相場の状況が掲載されます。
これを読むことで、一通りの動きが把握できます。
日本円を基準に書かれているので読む時に注意しましょう。

AREUTER(ロイター)http://jp.reuters.com/
ロイターではNIKKEI NETと同じく、「外為マーケットアイ」というコーナーで9時から17時ごろにかけて4〜5回に分けて為替相場の動向が掲載されます。
市場参加者の声も盛り込まれています。
より相場の地合いや観測を分析するのに便利です。
また、それ以外にも要人発言や経済指標が発表された後の市場参加者の反応などが、随時タイムリーに掲載されます。
タイムリーな情報が欲しい方は是非アクセスしてみましょう。

Bモーニングサテライトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/biz/
テレビ東京が放送している番組「モーニングサテライト」のサイトです。
テレビでリアルタイムに見る、もしくは午前5時45分からの放送ですから朝が苦手な方には、ウェブサイトで内容をチェックする方法もあります。
通常、午前9時〜9時30分ごろに更新されるようです。

C為替を読むhttp://www.yomiuri.co.jp/atmoney/kawase/
YOMIURI ONLINE(讀賣新聞のウェブサイト)の中の1コーナー。
みずほコーポレート銀行の国際為替部の方が最近の為替全般について予測も含めて詳しく解説しています。

この他にも、月単位で経済指標等の発表予定が掲載されているところが多い様です。
また、無料のメルマガを発行している業者もあります。
これらを常にチェックできるようにしておくと、すぐに情報が見比べられて便利です。
◆ テレビやラジオでも ◆
新聞やインターネットを見た上で、テレビを見るに越したことはないのですが、それがなかなか難しい場合は新聞やインターネットでの情報収集はできる範囲内で行うことにして、大まかな情報はテレビで補うのでもよいでしょう。
例えば、G7などの大きなイベント前後の各国の動向、国際情勢や各国要人の発言、政治動向テロやハリケーンなどの突発的な事件などにつてはニュース番組で必ず取り上げられます。
お勧めの番組としては、先ほどご紹介したテレビ番組としては先ほどご紹介したテレビ東京の「モーニングサテライト(通称、モーサテ)」があります。
早朝5時45分の開始ですが、ニューヨークの株価、債券、為替の動向を現地から生放送で伝えているのが魅力です。
そのときの話題になっている金融や経済に関してわかりやすく解説してくれ、銀行や証券会社などの現場のプロが当日の株価や為替の予測を行います。
この番組は業界でも視聴している人が多いようです。
同じくテレビ東京が午後11時から放送しているのが「ワールドビジネスサテライト」。
こちらの番組はモーニングサテライトほどの臨場感はありませんが話題になっている経済、時事問題や金融に関して専門家が解説しますので非常に役に立ちます。
当日の株価や為替について相場変動の理由や今後の見通しについても取り上げています。
「為替ラジオ(FOREX RADIO)」もお勧めです。
ラジオといっても、これはインターネットラジオで、サイトに保存されていますので、自由な時間にリンクして聞くことができます。
これらのメディアを上手に活用して、自分にあったやり方、相場観を養っていただければいいかと思います。
2010年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる