理性の落とし穴

July 21 [Tue], 2015, 13:11
一度は、私と話を莫嘉筠生活の中の感性と理性、莫嘉筠感性は感情とで物事に対して表面の現象の認識では、理性を処世ルールや生活論理に物事の本質を正しく認識。しかし私莫嘉筠に教えて、彼女の「理性の人」が感情の認識ではないかもしれない理性は感情の本質は正しい認識)ので、私に触れた班長。

班長は学友達公認の最も理性の人、思考がはっきり、筋道、全面的、繊細、至る所に人の話を処世のルールや生活論理、理係クラスで一番の成績で、しかし彼の思惟の中で溢れている非感情の要因、情感の要素が少なくて、彼は感動的な愛の映画やドラマがまったくない情もっと興味を体得することができない、愛情の魅力と惚れる。私は班長と話題取り上げた愛は、愛情はホルモンの化学反応は、女性が家庭の世話、男の家事の負担を減らすことができ、しかも二人の収入を維持家計やすく、続けて愛情は代々血統を継ぐや栄養児防老の前提で、班長喋りなことを話した、実は彼は愛情に対して全然わかりません。

弁証法的な角度からとって、時には、感性と理性は相互に含まれ、一部の感性の人(思考で感情の要素が高く、非感情要因低)は、感情の認識がとても理性(正確に、明らかに、深く認識気持ち)、そしてある理性の人(思考で非感情要素高、情感要因低)は、感情の認識は感性(だけ見ると感情の表面の現象、例えば:私の班長)。

クラスで一番感性の学友は美術学科の代表、彼女はとても満足している、わがままな女の子をよく守らない人処世ルールや生活論理、好きな彼女の感情と話して勘と仕事、学習成績最下位、しかし彼女の漫画作品は何回も受賞し、しかもとても唯美、感動のストーリー。もしかすると思惟の中で感情を十分高い要因ではなく、十分に低い(感情要素減少要因の制約と感情を抑えて、正確に、はっきり)才能、深く認識に達成に感情、感情の理性的認識。

人の思惟は感性と理性の共同で、時には、感性で理解して感情が、この感性は実は理性は、この感性は感情の本質は正しい、はっきりと、深く認識し、そう、最高の結果は全ての感性が上って理性が、感情の形式の理性(通常言った感性)の比率が高い成分が十分ではなく、感情の形式の理性の比例だけ低い。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nilexs
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nilexs/index1_0.rdf