妊娠線の原因と肉割れしない予防法は?

January 03 [Sat], 2015, 23:38
妊娠中の女性、ダイエット中の女性、
過去に出産した女性や急激な体重増加を経験した女性など
肌の肉割れを予防していないと大変なことに・・・。

肌の肉割れってお腹周りだけじゃなくて
自分の目の届かない太ももの裏とか背中とか
いろんな箇所に出来てしまうんですよね。



突然ですが、あなたは肉割れの写真って見たことありますか?

肉割れって怖いです。
一度出来たら傷跡は一生残ってしまうほど消えにくいものです。

だから、

妊娠中やダイエット中の肉割れ予防は必須


出産後や過去にダイエットして急激な体重の変化を経験した人も
まだ諦めないでくださいね。ケア次第では必ず良くなりますから。


そもそも、
妊娠線とかの肌割れ現象は何故起きるの?

それは、ズバリ乾燥肌が主な原因。

一度伸びて引っ張られた肌の角質層がひび割れを起こして
お腹や二の腕、太ももなどに肉割れとして残ってしまうんです。

じゃあ、
予防や出来てしまった後のケアはどうしたら良いの?

それは、

超保湿を心がけること。


簡単なようで簡単じゃないんです。
特に妊娠中のお腹とか、ダイエット中の腰周り太もも腕周り辺りは・・・。


そこで、人気ブロガー10人と板野友美ちゃんがタッグを組んで開発した
妊娠線や肉割れに特化した美肌クリーム『primo(プリモ)』の出番です。
今までに無かった発送で超保湿してくれる画期的なクリーム。

肌を潤すだけじゃなくて美肌にしてくれる♪


急激にお腹が大きくなったりダイエット後の肌の膨張は
そのスピードに肌組織が付いていけずに、肉割れ線となって現れます。

肉割れでボコボコになったお肌は、もう完全には元通りになりませんから、
絶対に肉割れしないためにこのアイテムは必須な訳なんです。

しかもprimoの凄いところは肉割れを予防しながら、肌を目覚めさせて
つるすべ肌にしてくれるところが人気の理由でもあります(^^)


ライマメ種子エキスやペプチドエキス、ハナショウガエキスなど
サロンで良く使われている有効成分を配合しているので、
肉割れのダメージを減らしてハリまで取り戻してくれるんです。


どうですか?

肉割れ予防は今からでも遅くは無いです。
お肌の肉割れは本当に見た目も嫌で、一生後悔する人も多いから
早めに気づいたあなたは逆にラッキーかもしれませんよ♪

有名カリスマブログガールズが絶賛しているprimo(プリモ)。
今ならキャンペーン中で激安で購入できるみたいです

有名ブロガー10人の意見が気になる!』と思った方は
下記の公式ページで詳細をご覧になってみてくださいね。

↓↓





妊娠線や肉割れのメカニズムとは?

January 03 [Sat], 2015, 23:38
妊娠線などの肉割れが出来るメカニズムは意外と単純で、
一つは皮膚の急激な伸びによるもの。

特に妊娠中は体重の増加もあることから、お腹周りはもちろん
お尻やバストなども大きくなり皮膚に負担がかかります。

皮膚の伸びはある程度の余裕はありますが、皮下組織に関しては
一部コラーゲンや弾性繊維で出来ているので、急激な伸縮には
ついていけずに断裂して線状斑として現れてしまいます。

それから妊娠中にはコルチコステロイドというホルモンが
増加することによって肌の弾力が弱くなる働きもあります。

これによって正常なお肌のターンオーバーも阻害されて
コラーゲンの生成まで抑えられてしまう悪影響も肉割れの原因になります。


このように、
妊娠などによる肉割れには単純ではありますが、
目に見えない皮下組織での影響もありますので軽く考えないようにしましょう。

正しい肉割れ予防とは?

January 03 [Sat], 2015, 23:37
最近では肉割れに関する情報も多く見られるようになってので、
妊娠線などの悩みは解消されつつありますが、
まだまだお肌のトラブルに悩む女性も多いのが現状です。

妊娠線(肉割れ)を起こしにくくするには急激な体重増加や
急激なダイエットなどは避けて専用のクリームや美容液などで
しっかりと潤いをキープしてハリのあるやわらかい肌にすることが大切。


特に妊娠中などは身体が動きにくくなるために、
お腹の下のほうなど目に見えにくい箇所も丁寧にケアしておきましょう。

妊娠中の女性の体内はホルモンの変化によってコラーゲンの生成が
抑制されやすい状態になっているので特に注意が必要なのです。

単に皮膚の伸縮だけではなく、肌が乾燥しやすい状態になっているということ。

だからお腹が大きくなっていく段階だけじゃなくて、
臨月に入ってからもスキンケアは怠らずに続けたほうが良いです。

しかもターンオーバーが衰えがちな妊娠中は肉割れしやすいので、
妊娠線予防の専用クリームで無理やりにでもケアを心がけてくださいね。