毎日疲れが取れない!肉体労働をしている40代のための疲労回復法!
2015.02.21 [Sat] 13:53

「肉体労働をしているけど、40代になってから
 肉体疲労がひどくて毎日疲れが取れない!」

と、悩んでいませんか?



肉体疲労の原因は活性酸素だ、
という事が最近分かってきました。

以前は肉体疲労の原因は乳酸が溜まること
だと言われていました。

しかし研究の結果、
肉体疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素である、
という事がわかってきたのです。

乳酸は活性酸素を取り除く、
つまり疲労回復する働きがある、という事も
同時に分かってきました。

筋肉を動かすと活性酸素が発生しますが、
その活性酸素が細胞を傷つけるので疲労を感じる
という事が分かってきたんです。


それで、40代になると活性酸素を取り除く働きが衰えるので、
しっかり寝ても疲れが取れなくなり、
毎日疲れている状態になってしまうのです。


そしてもう一つ、エネルギー不足になると疲れを感じますが、

食べ物をしっかり食べても体内でエネルギーを
作り出すことができないとエネルギー不足と同じ事になりますので、
疲れを感じてしまうのです。

食べたものは腸から吸収されたあと、
肝臓で分解されてから体中の細胞に運ばれ、
そしてエネルギーに変わります。

それで、肝臓が弱ると食べたものを分解できなくなりますので、
エネルギーに変えることができなくなります。

また、食べたものを肝臓で分解できたとしても、
細胞でエネルギーを作り出すことができなくなると
エネルギー不足と同じ状態になります。

40代になると、肝臓は弱くなりますし、
細胞がエネルギーを作り出す働きも衰えますので、
疲れを感じやすくなるのです。


それで、肉体労働の疲れを取るには、
活性酸素を取り除き、食べたものをエネルギーに変える
ようにすることが大切になります。


これらは食べ物によって補うことができます。


肉体疲労を回復させることで
知られている食べ物といえばにんにくではないでしょうか?

にんにくや玉ねぎ、長ネギなどのネギ類に
含まれているアリシンという成分が疲労回復に効果的なんです。

アリシンは活性酸素を取り除く作用が強いです。

そして、食べたものをエネルギーに変える
ビタミンB1と結びつくと働きを持続する効果があります。

にんにくなどのネギ類にはビタミンB1も含まれています。

それで、にんにくなどを食べるとエネルギーを
作り続けることができるようになるのです。

ですから、にんにくなどのネギ類は
肉体労働の疲労を回復するのに効果的なんです。


そして、しじみは肝臓機能回復に効果的です。

しじみに含まれるオルチニンは
肝臓の働きをサポートしてくれます。

ですから、肝臓の負担を軽くするので、
機能回復に効果的なんです。


ただ、にんにくとしじみを同時に食べるのって、
ちょっと難しいと思いませんか?

しじみといえばみそ汁かお吸い物ですよね。

それらと一緒ににんにくを食べるのって、
ちょっと変な感じがするのは私だけでしょうか?


そして、にんにくもしじみも調理が面倒なので、
手軽に摂ることが難しいですよね。


そこで、にんにくとしじみの有効成分を手軽に取ることのできる
「しじみにんにく極み」がおススメです。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓  ↓  ↓
しじみにんにく