産休社員の手も借りたくなる忙しさ

November 07 [Thu], 2013, 17:53
仕事が忙しいってのは喜ばしいことだが、産休で休んでいる社員に「少し出てこれない?」と連絡するほどの事態は初めてのことだ。仕事量は調整できるもんじゃないからな、新規のお客さんからどっさどっさと依頼が舞い込んできたものだから、職場はてんてこ舞いだ。いやいや、まいったぞ(苦笑)。

仕事量って上手いことできてないんだよなぁ。多い時は多くて、少ない時は少ない。「一定になれよ!」ってワガママな願いだけど、いっつも思ってしまう。そんな都合よくできたらとっくに対策してるってのにな。

まぁ、少なくて暇をしているよりは忙しいほうが良い。暇な時はもう最悪だ。ただ職場で同僚とくだらない話をしているだけでお金になるのだ。申し訳ないって思っちまうよ。それに凄い眠くなるしな。ランチ後の2時3時なんて地獄だ。忙しければあっという間に5時になって「はいみなさん帰りましょ〜」ってなるのに、暇だと1分が物凄く長く感じる。そして時間が勿体無く感じる。

ただ、忙しいほうが良いっていっても今の忙しさはとんでもないけどな。
俺は今週に入って仕事量が減ってきたんだけど、設計や事務の方じゃ相変わらずみたいだ。
現場に関しては殺伐。俺も1、2時間程度の残業で帰るんじゃ悪い気がして、現場の手伝いをしてから帰るようにしてる。

だって産休で休んでる人が現場に借り出されるくらいだからさ、手を貸さないわけには行かないよ。
まだどう見ても赤ちゃんって子を連れてきて、それを事務に預けて仕事してるんだぞ。
それか旦那が帰ってきたら子どもを預けて、深夜から朝まで働いてる。
「お金が出るからいいよ〜」なんて笑ってるけどさ、うちも同じくらいの子がいるから辛いのがよーく分かる。
子育てと仕事は大変すぎるって。

本当は支社の方から助っ人が来る手はずだったんだけど、なんか向こうも忙しいらしくて話が飛んじゃったんだってさ。
以前も同じようなことがあって派遣社員を送り込んでもらったんだけど、如何せんそいつが使えない奴だったもんだから、もう派遣会社とは縁を切ってしまった。
だから頼れるのは身内だけってわけだ。

幸いうちの社には「うちはブラックだ!」なんていうようなやつはいない(と思う)から良いけど、会社の雰囲気が悪かったら、そう言われてしまっても仕方がない気がする。
雰囲気が良くて働きがいがなきゃ、こんな人使いが荒い会社に俺だっていないよ(笑)。

全然話が変わりますが、友達が手帳日記というブログをスタートさせたのです。
今更?ブログ?とか思いましたが、本人は楽しんでいて趣味にしているようです。
私も友達なのでブックマークにしてます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:わかね
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nikutabetai3/index1_0.rdf