近ごろ草食系なオレ

April 22 [Tue], 2014, 13:17
イグサ、いる?

今年の抜け毛は

April 01 [Tue], 2014, 10:37
ごわごわして量も少ない と、カラスに不評らしい。
なぜならそれは、洗車用のブラシだから。 消費税も上がったしな。

モデルはあたしだったかも

March 24 [Mon], 2014, 10:14

ブラックスワンのささやき

September 08 [Sun], 2013, 11:32

そんな白黒はっきりさせなくてもよくね?

E.

May 09 [Thu], 2013, 15:18

M

May 08 [Wed], 2013, 8:52

i

May 02 [Thu], 2013, 19:52

L

May 01 [Wed], 2013, 9:42

Big Freeze(1)2013.3.31

April 09 [Tue], 2013, 16:52
車に乗るのは何年ぶりのことだろう。しかも三台立て続けに、である。
忘れもしない一台目は先週の水曜日…そう、あの日も雨が降っていた。

この頃ときどき頭や身体がしびれて、動けなくなることがある。水曜日はママの仕事がお休みで、お昼に台所に下りてきた時ちょうど我輩は上半身だけ小屋からずり落ちるようにして倒れていた。
ママは慌てて走ってきて、何度も我輩の名前を呼び、毛布をかけたり傘をさしかけてくれたような気もするけど、初めて乗るペットタクシーの車が迎えに来た時には、嘘のように元気になっていた。
それでも念のため、タクシーのおじさんに抱えられて車に乗って、ママと一緒にクリニックまで行ったのさ。そこで色んな検査をされて「たぶん『てんかん』の発作でしょう。」とかなんとか、次に発作が起きた時の座薬をもらい、待機していた同じタクシーで帰ってきた。
その日と翌日の夜は、パパとママとお散歩にも行けて、金曜日はパパの帰りが遅く、土曜の夜から雨だった。

そして今日は日曜日。パパが遅めの朝ごはんを食べようとテーブルに座った時に、我輩が小屋の脇の草むらに頭をつっこんで動けなくなっているのを見つけたんだ。
今度はパパとママが走ってきて、傘を一本ずつさしかけてくれたけど、パパは我輩を二階の家の中に運ぼうと言う。
「立てれば抱っこできるんだけど、このままじゃ無理だ。毛布でくるんで二人で運ぶ?」ママ「えー、できるかなぁ。階段で落としちゃったらゴメン^^;」
うわ!ダメだこりゃ。毛布にくるまったまま階段から落ちるのだけはご免被りたいというワケで、数分後必死で立ち上がった我輩は、パパにめでたく『王子様抱っこ』されて二階の寝室へと。
その場でゴローンとしたら、もう二度とは起き上がれなかった。本当に最後の力をふりしぼった感じ。だけど運良く出勤前のゆずにも会えた。出かける時に「ライムまたね」って言って、そばにあったピンクのクッションを我輩の目の前に置いて行った。
おかげで、それからしばらくの間ピンク一色の世界♪とっても幸せな気分に浸ることができたよ。

そういえば今年の三月は、ありえないことが次々に起る奇跡的な日々だった。
まず月初めのお散歩で、久しぶりにレディーちゃんの家の前を通り、元気そうな彼女に再会することができた。
そして3/9(土)今年になって初めてペットクリニックでシャンプーしてもらい、新しいトリマーのお姉さんに「ラブラドールみたいにカットしましょうか?」と薦められて、文字通りイメチェンしたのさ。
これでレディーちゃんもきっと惚れ直す?むふふふ♪…ん?待てよ?…ってことは、し、しまった!レディーちゃんに最後に会ったのは、最大級に汚れたきったない我輩だった。オーマイガー!ありえねー!!
まぁでもすぐに気を取り直して家に帰ると、いつもは外階段の下で「まーたーね」って言われるのに、その日はママが「一緒においで」って言うんだ。
ママが階段の上のドアを開けると、かつて我輩のケージがあった場所がカプセルホテルみたいな部屋になってて、ゆずがくれた毛布やクッション、ウサギの親分みたいな目玉のでかいぬいぐるみもあった。
その日から毎日、夜の散歩が終わると二階の部屋に泊まり、朝食と共に外に出て、そこらへんでまたお昼寝〜という、今にして思えば夢のような優雅な生活だったなぁ。
満開になった夜桜も見たし、知事選があったから開花直前の昼間の桜並木も歩けた。昼間お散歩できるのは選挙とクリニックに行く時くらいだからね。
お誕生月間、にしても出来すぎじゃないかと思ったね。

Big Freeze(2)

April 09 [Tue], 2013, 16:46
気がつけばオレは走行中の二台目の車の天井辺りにいた。
そのすぐ下には、動けなくなったまま間抜けな顔で寝ている我輩の身体が大きな木の箱に入れられていて、窮屈な車内だった。
初めて通る道を、一体どこに向かっているんだろう?ふと外を見ると、すぐ後にパパが運転する車が付いてくるのが見えた。助手席に座っているママが、ごほうび用のビスケットと昨日の誕生祝に買ってくれたやわらかジャーキーを持っているのも見逃さなかった。
三台目のパパの車に乗り換えるのは意外に簡単だったよ。いくら妄想カーチェイサーのパパでも、この展開は想定外だったと思うな。

間もなく二台の車は同じ駐車場に止まり、パパとママ(勿論オレも)は箱入りの我輩の身体と最後のご対面をした。
箱の中に太っ腹のパパがごほうび用のビスケの残り全部を袋ごと入れると、ママもやわらかジャーキーを全部入れてくれたことも、しかと見届けましたぞ。
それから二人(と一匹)は係りの人にカラオケルームみたいな部屋に案内されて、そこで一時間半くらい待つことになった。
だけど二人とも一曲も歌わないで、なんかぼーっとしちゃって、どうしたのかなぁ?そのうちポツリポツリと、パパとママの結婚披露宴で仲人さんと一緒に『同期の桜』を歌ったパパのパパ(?)の話とかしてたので、代わりにオレがマイク独占して何曲も歌ってやった。誰も聞いちゃいなかったけどね。

次に係りの人に呼ばれて、ご対面の間に行くと、焼けたての骨がトレーの上にきれいに並べてあって、そのまんま組み立てれば博物館に持って行けそうな具合になってた。
頭から順に係りの人が「ここはどこで、そこはあそこで…」みたいに説明してくれたけど、自分の骨を見てるというのも不思議な感じだ。初めて知ったのは、爪が焼けずに残っていること、細い尻尾の骨にも関節みたいなのがあって、それが星の形をしていることだ。
ママは「娘が会えなかったので」と言って、その星っぽを二本だけ紙に包んでもらってた。オレだったら一番太いやつを咥えて帰るけどな。ま、他の骨も全部、二重包装の入れ物に入れて持って帰るみたいだからいいとしよう。

さて、オレもぼちぼち帰るとするか。
ペットロスのパパたちは「49日まで待て」って言うんだけど、オレに「待て」は1分が限度って知ってるでしょ?
このまま運良く天国に行ければ、本当のお父さんとお母さんにも会えるかも知れないし。
それに、ここだけの話…「虹の橋を渡る」って言うけど、あれってけっこう滑りやすいんだよね。昔こっそり一回やってみたけど、失敗したんだ。
カッコ良く渡れなかった奴には、ぶさいくるだかリサイクルだかのスカウトがしつこいんだってさ。オレは今度こそジャニーズ☆事務所の所属になるつもりだから、ちょっと練習しとかなきゃ。
寒い親父ギャグなんかで滑ってもトシがばれるだけだから、黙ってクールに去らないと…

じゃ〜に〜☆ってね!
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像しおる
» Big Freeze(1)2013.3.31 (2014年01月26日)
アイコン画像矢野涼子
» E. (2013年05月09日)
アイコン画像ドクターわち虫
» 毛皮パッチワーク (2011年07月08日)
アイコン画像さくちゃんまま
» 我輩の近影 (2011年05月08日)
アイコン画像ポン田ライム
» 何か間違えちゃったー (2011年05月07日)
アイコン画像ドクターわち虫じゃw
» 何か間違えちゃったー (2011年05月01日)
アイコン画像シーナ
» 我輩の近影 (2011年04月30日)
アイコン画像ドクターわち虫じゃw
» 我輩の近影 (2011年04月28日)
アイコン画像ポン田ライム
» お散歩セラピー復活だワン! (2011年04月28日)
アイコン画像しおる
» お散歩セラピー復活だワン! (2011年04月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nikukyu_pon
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nikukyu_pon/index1_0.rdf