音楽の巨匠を理解したかった。 

January 31 [Tue], 2006, 19:04
夏にアジアに長期で旅行に行ったとき、環境にも気をつかってシャンプーとか無添のものもってった方が現地の人からも嫌がられないとかいうアドバイスをいただき、シャボン玉石鹸の液体シャンプーをはじめて買ってもっていった。シャボン玉石鹸中和用リンスとともに。けども、いやー、無添加って・・・すごいね・・シャボン玉せっけんの思想とかはもちろんすんばらしいのだが、自分の髪の変貌ぶりにびっくりしました。ばさばさ。ほうきみたいな。
おとといから残ってたの使い始めました。わかってはいたものの、やっぱりばっさばさ。毎日セルフ染めの後のような髪に。というのも、リンスがきれてるのです。でも新しいの買っても使い切る自信ないから、オムレツ特製リンスを使用中。成分は何でしょう?(あててね)....お酢です。毎日中和のために酸性のお酢を髪にぶっかけてるんです〜あほですね。

さて、気をとりなおして。

今日はリラックス気分なので、こんな時に聴きたいCDです

/05 /坂本龍一




最近気になって買いました。まだ一曲一曲に的確なコメントをつけられないのだけど、(思うに、アルバムとか買ってから、100回くらい聴かないと、その曲に対する自分の印象って決まらない気がする。最初は気に食わないと思った曲も、ずっと聴いてると理解できるようになったり、いいと思った曲が実はうすっぺらいもので聴けば聴くほど飽きたり。)全体的な印象としては、

「心地いい、けど、思ったほどじゃない」


って感じですかね。ちょっとわたしの感性にぴーーんとくるものではなかった気が。なぜだろう。
あくまでもさらりと聴く感じ。でもこのさらりと聞き流せるあっさりさが坂本龍一のすごさなのかしら。
いやー、ピアノの音大好きだからもっとものすごいヒットを期待していただけに、
少々残念。くー聴き込めばかわるのか。

オムレツ的ヒット度:★★★

Ratings:
★★★★★ (オムレツ殿堂入り)
★★★★   (かなり感性にぴったりなアルファー波系)
★★★    (一般的にみていいアルバム)
★★     (いまいち物足りない、流し聴き用)
★       (気に入らず。あるいはジャンル的に受け付けず。)

なお、評価は独断と偏見に満ちたものですので、あしからず!!

いちばんすきな曲 

January 28 [Sat], 2006, 22:45
今日は友だちに会うのも兼ねて大学にいった。
試験があさってだから勉強もしようと思ってたんだけど、ほとんどはかどらず。
けっきょくちょっと自習した後で帰宅しました。はやく試験おわんないかな。
でも今日の自分の服は好きだったな。なかなかかわいく着れていた思う。
じこまーん。おしゃれなんてそんなもんよね。
自分とセンス同じ人なんていないわけだし・・・でも男うけ狙ったおしゃれは
じこまんじゃないか。おとこまんぞく。

そんなに書くこともないところで今日の一枚:

せっかくなので、わたしの原点ともいうべきCDの紹介。




Led Zeppelin IV/ Led Zeppelin

まずオムレツとツェッペリンの出会いを説明・・・
最初の出会いは小6のとき。じぶんがロックが好きだなとわかってきたところで、「もしかしたら自分の求めてるロックって洋楽にあるんじゃないの」と思ってツェッペリンを買ってみた。プレーヤーに掛けた途端、美しいギターの音と伸びやかで繊細で力強いヴォーカルにものすごく感動して、ものすごくかっこいいと思って、繰り返し繰り返し何度も聴いた。
自分のCDプレーヤーなんて持ってなかったから、夜みんなが寝たあとで」リビングのプレーヤーにでっかいヘッドホンつなげて外を見ながら聴いてると、ぞくぞくして興奮した。
それからツェッペリンのアルバムばっか買いまくる不思議な小学生となったわけだが、やっぱり一番すきなのはこのアルバム。
この中でもGoing to Californiaがだいすき。ということはこれが世界で一番好きな曲か。
でも全体の流れもすき。何度聴いてもかっこいい。

ほんとに好きな曲について落ち着いてレビューなんてできないもんだねー

オムレツ的ヒット度:★★★★★

Ratings:
★★★★★ (オムレツ殿堂入り)
★★★★   (かなり感性にぴったりなアルファー波系)
★★★    (一般的にみていいアルバム)
★★     (いまいち物足りない、流し聴き用)
★       (気に入らず。あるいはジャンル的に受け付けず。)

なお、評価は独断と偏見に満ちたものですので、あしからず!!

にっきとおんがく、はじまり〜 

January 27 [Fri], 2006, 17:36
タイトル通り、オムレツの日記と好きなおんがく中心でいこうかと。
最近やたら音楽熱が高まってきて、レビュー交換とかしたいな〜とおもったからね。
たのしみじゃー。
ちなみにオムレツが音楽に求めるものはどことない美しさ。
これはどのジャンルの音楽にもあってほしいとおもいますね、はい。

レビュー読んだら、ぜひぜひみなさんコメント残してってください

さっそく今日の一枚:

Lift Your Skinny Fists Like Antennas To Heaven/Godspeed You Black Emperor!



ここんとこの自分の音楽熱を引き出してくれた一枚。

ジャンル:ロック

ボーカルなしで、まさにおんがく。
ひとつの作品の中に、人間の喜怒哀楽ぜんぶつまっているような、激しく美しい曲です。ロックだけど、バイオリン、チェロ、ホルンなんかも使ってるらしい。壮大なスケールでいろんな風景のフラッシュバックを見ているよう。荒々しいのに繊細というかな(ほんとツボ)
もし最近ピンとくるinstrumentalがないって人がいたら、聴いてみてくだされ!




オムレツ的ヒット度: ★★★★☆

Ratings:
★★★★★ (オムレツ殿堂入り)
★★★★   (かなり感性にぴったりなアルファー波系)
★★★    (一般的にみていいアルバム)
★★     (いまいち物足りない、流し聴き用)
★       (気に入らず。あるいはジャンル的に受け付けず。)

なお、評価は独断と偏見に満ちたものですので、あしからず!!
P R
■プロフィール■
name: オムレツ(好きなキャラクターからうばった)
しごと: 都内の大学に通うだいがくにねんせい
活動の幅はひろく、深い。のか。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nikkitoongaku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる