ニキビに効く食べ物・悪い食べ物のはどれ?早くニキビを治したい!

December 06 [Tue], 2016, 11:24
ニキビを招く直接的な原因と言えばやはり過剰な皮脂分泌。皮脂は体内の脂肪によってつくられますから、脂質の多い食べ物はやはり避けたほうが良いです。

お菓子がニキビに良くないと言われるのも、甘いものには脂肪分がたくさん使われていることが多いからです。たとえばチョコレート、クッキー、ポテトチップスなんかはある意味、脂質の塊なんです。



脂質は脂質でも、食物性油脂はニキビには良いんです。食物性油脂には肌の調子を整えてくれる効果があるからです。

オリーブオイルや菜種油といった食物油以外にも、魚に含まれる油は食物性油脂なので、肉類じゃなくて魚中心の食生活にすると良いですよ。



■糖質にも要注意

動物性油脂ではなくて植物性油脂を食べるように心がけると同時に、糖質(炭水化物や糖分)の摂取はできるだけ控えるようにしたほうが良いです。

糖質は本来ならばエネルギーとして使われる栄養分ではあるんですが、過剰に取り過ぎてしまうと、脂肪となって体に蓄えられてしまうんです。



つまり皮脂分泌を活発にさせてしまうので、必要以上にご飯を食べてしまうのはいけないし、やはり甘いものをたくさん食べるのも良くないんです。

糖質の取り過ぎはさらに体内の雑菌の繁殖も促してしまい、次で説明する肌の新陳代謝を乱し、ますますニキビができやすくなってしまいます。



■肌の新陳代謝改善が必須

ニキビを治すには、今できているニキビを小さく目立たなくするための対策をするだけでは不十分です。ニキビを繰り返さないための肌作りをしてこそ、ニキビの悪循環から抜け出すことができます。

ニキビができやすくなるのは、肌の新陳代謝が低下していることが主な原因です。新しい皮膚が生まれにくく、古い皮膚が肌からなかなか剥がれ落ちにくくなっていることがいけないんです。



本来ならば、大きくなる前に肌から追い出せるはずのニキビも、新陳代謝が鈍っているせいで、着々と成長し赤く目立つようになってしまうわけです。

貼れて痛みを伴うような巨大化したニキビ自体も肌の新陳代謝を邪魔する要因となってしまいます。肌の新陳代謝を改善することがニキビケアのゴールなんです。



■ビーグレンのケアがオススメ

どうすれば肌の新陳代謝を改善できるのかと言うと、皮膚細胞を活性化させる美容成分を肌に与えていくのが手っ取り早い手段となります。

ニキビケア用品にはたいてい、肌を活性化させる成分が含まれているんですが、特におすすめなのがビタミンCを高濃度で配合しているビーグレンです。



ビタミンCはそのままだと肌にほとんどしみ込まないんですが、ビーグレンでは特殊な加工をすることにより、肌の奥までしっかりビタミンCを届けることができます。

トライアルセットが用意されていて、Cセラムと言う美容液を手に取ってみたところ、ジワリとすぐに肌になじんでいく感触があって驚きました。



ビーグレンを使って継続してケアを続けていたんですが、1ヶ月もする頃には既存のニキビはだいぶ小さくなり、新しいニキビもほとんどできなくなっていました。

2か月もする頃には、肌を良く探してみないとニキビが見つからないほど、肌がきれいになってしまいました。

おかげさまで今は、ニキビを隠すしぐさをする必要もなくなり、誰とどこであっても自分らしい表情で向き合えるようになりました。


私の肌にみずみずしさを取り戻してくれたビーグレンがこれです。今ならまだトライアルセットだけではなく返金保証がついているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓