ニキビは日焼けで治ることはありません!正しいニキビケア

June 30 [Thu], 2016, 14:50
理屈的に考えると、ニキビができている部分が新陳代謝によって剥がれ落ちればニキビは消えてなくなります。ということは日焼けして無理やり新陳代謝を促せばニキビが早く消える?と考えることが出来そうです。
実際には上手くいかないと思ったほうが良いです。ニキビで痛んだ肌は、そもそも紫外線の刺激に耐えられなくなっている可能性があるので、余計に炎症したりニキビ跡を悪化させる危険があります。

ニキビ肌の場合、新陳代謝が滞っている可能性がありますから、紫外線を浴び続けることによってシミができやすく、さらにシミが消えにくい危険だってあります。
ニキビができている場合はどちらかというと日焼けは避けるべきです。肌を刺激から守りつつ、丁寧なスキンケアで新陳代謝そのものを促してあげるべきです。




繰り返す赤い・痛いニキビも消す正しいニキビの治し方

June 30 [Thu], 2016, 14:36
■肌を清潔に保とう

ニキビケアの基本はとにかく洗顔です。肌表面を清潔に保って汚れが毛穴に詰まったり、汚れをエサにして雑菌が繁殖して毛穴の中で炎症を起こすのを防がないといけません。

正しい洗顔とは洗顔フォームを使う時間よりもすすぎの時間を長くします。洗顔フォームの洗い残しもまた、肌にとっては汚れになるからです。



顔全体で1分程度でも良いのでさっと洗顔フォームで汚れを洗い、その後、2〜3倍の時間をかけて顔全体(特に生え際や顔の中心など洗いにくい部分)を丁寧にすすぎます。



■新地代謝を促そう

洗顔は最低限必要なこと。積極的にニキビを減らすには肌の新陳代謝を促す必要があります。ニキビ肌の場合、ニキビによって新陳代謝が邪魔されているのでニキビケア用品を使って新陳代謝を促す必要があります。

新陳代謝を促すために特に有効なのはやっぱりビタミンCです。ビタミンCは肌の新陳代謝を促してくれるだけじゃなくて、ニキビの炎症を防いだり、新陳代謝を邪魔する活性酸素も除去してくれる強力な美容成分なんです。



ただビタミンCは成分が壊れやすい上に肌への浸透力も弱いんです。そのため、効果があることがわかっていても、従来のスキンケア用品では、そのまま配合されていることがめったにありません。

その代わり、ビタミンCに添加物を加えたビタミンC誘導体にして肌へ浸透しやすくしています。通常のビタミンCに比べて濃度が薄まってしまうので、効果も薄れてしまうデメリットがあります。



■ビーグレンがおすすめ

私が使っているビーグレンなら、独自技術によってビタミンCをそのままナノサイズの小さなカプセルに閉じ込めています。肌への浸透力も強いので、ビタミンCをそのまま肌の奥に浸透させることができるんです。

通常のビタミンC誘導体配合のスキンケア用品に比べても、ビタミンCの濃度が7.5%もあるのはビーグレンだけです。



トライアルセットがついているし、何よりも返金保証がついていたので、試しに使ってみたんですが、美容液を手にした瞬間、肌にじんわりしみ込んでいく感覚があってビックリしました。

トライアルセットを使い切った時点で、すでに赤ニキビが確実に小さくなっていて、ビーグレンが効いている手ごたえは十分にありました。



その後も使い続けたんですが、3か月ほどですっかりニキビが落ち着いて、新しいニキビができかけても大きくなる前に自然と消えていきました。肌の新陳代謝が良くなったのが良くわかります。

おかげさまで今は化粧のりもすごく良くなったし、そもそも、ニキビを隠すようなメイクをする必要がなくなりました。すっぴんでもすごくみずみずしく柔らかくなったんです。

私の肌を小学生並みに若返らせてくれたビーグレンがこれです。今ならまだ返金保証もトライアルセットもついているので、効果を試してみるなら
↓↓↓







ネイルチップでネイルアート

June 29 [Wed], 2016, 13:55
ネイルチップは、自分の爪に合うように削って使いましょう。外し方ですが、はがすための薬剤も100円ショップにあるので、説明書通りに使ってはがしてください。
ネイルチップでネイルアートを楽しむ場合も、ベースにマニキュアを塗ります。グラデーションにしてみたり、自由に塗ってみましょう。それから、シールを貼ったり、ラインストーンを貼ったりしてみてください。最後にトップコートを塗っておくのを忘れないようにしましょう。コーティングされるので長持ちします。自分でデザインするのもいいですが、ネイルチップを購入して貼るというのもいいでしょう。
プロが作ったネイルチップなら、自分では難しいかわいいデザインもたくさんございます。
直接自分の爪に塗るのとは違って、気分に合わせて付け替えたりもできますし、ネイルをしていない方が良いときは外しておくこともできます。
指先 手荒れ