ニキビを早く簡単に治す方法 ニキビ跡で色素沈着する前に!

June 24 [Fri], 2016, 14:39
思春期に入ってからずっとニキビに悩まされ続け、常に顔のどこかにニキビを抱えていました。同じ場所に繰り返して、色素沈着気味になっている個所もちらほら。

ニキビには良くないとわかっていても、膿が目立つ赤ニキビをついつい潰してしまって、後悔することも多かったんですが、今はすっかりニキビをなくすことができました。



どうやったらニキビをなくすことができるのか?ニキビを繰り返さないためにはどうしたら良いのか?徹底的に調べて対策をした結果、ニキビのできない肌を作ることができました。

今はニキビ跡の色素沈着も徐々に薄くなってきて、ニキビ撲滅まであともう少し!と言ったところなんですが、私がどんなニキビケアをしているのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■肌のターンオーバー改善

みっともないニキビは1日でも早く消したいものですが、ニキビをキチンと治すには最低でも1ヶ月は必要なんです。
私たちの肌は薄い皮膚がミルフィーユのような層になっていて、内側で生まれた新しい肌が1か月かけて徐々に肌表面に押し出され、最後は役目を終えて剥がれ落ちていくんです。


この生まれ変わりを肌のターンオーバー(新陳代謝)というのですが、ニキビができている部分はターンオーバーが鈍くなっています。


焦ってニキビをつぶしてしまったら皮膚に傷をつけてますますターンオーバーを遅らせます。ニキビを繰り返さないためには、ターンオーバーをじっくり改善しないとダメなんです。



■薬で治すべき?

ターンオーバーを促せる薬ももちろんあります。たとえばトレチノイン。肌表面の皮膚を半強制的にはがれ落として、ターンオーバーを無理やり促します。

効果的と言えば効果的なんですが、短期的には肌が赤く腫れてひどい状態になってしまいます。ニキビが繰り返しできるような肌には負担がかなり重いんです。



他にもディフェリンゲルやダラシンといった薬もありますが、いずれも、肌表面を雑菌を減らして環境改善効果は期待できるものの、それ自体がターンオーバーを促せるわけじゃないんです。



■ビタミンC誘導体が効く!

肌のターンオーバーを促すにはビタミンC誘導体が効果的です。ビタミンC誘導体とはビタミンCの肌への吸収率を何倍も高めた成分。

ニキビができている位置よりもさらに深い位置まで浸透して、ニキビを押し上げるようにターンオーバーを促してくれるんです。



私がニキビを克服できたのは、ビタミンC誘導体がさらに肌の奥へと浸透するように浸透力を強化させたビーグレンを使ったからです。

ビーグレンは洗顔フォーム・化粧水・美容液のシリーズとなっているんですが、美容液は手に取った瞬間に肌に浸透するのがわかるほど浸透力が強力なんです。



ビーグレンを使い始めて1ヶ月で、新しいニキビはすっかりできなくなって、できてしまっていたニキビもどんどん薄く小さくなっていきました。

おかげさまで3か月もするとぱっとみではニキビがあったなんてほとんどわからなくなり、今は色素沈着を減らすために使い続けています。



私の肌から忌々しいニキビを退治してくれたビーグレンがこれです。今なら返金保証&トライアルセットが用意されているので、効果を試してみるなら今のうちですよ。
↓↓↓








ニキビケアで口コミで評判のビーグレンとは?

June 24 [Fri], 2016, 14:34
ビーグレンではがん治療に使われているナノテクノロジーを使って、美容成分をナノ単位にまで細分化。細胞の隙間にまで入り込むほど浸透力が強いんです。そのためニキビを肌の奥の奥から改善することができます。

洗顔フォームは天然の泥(クレイ)を採用。泥は泡立てる必要がないので洗顔するときの手間が少ないし、肌に無駄な刺激を与える心配もありません。
水ですすぎげば簡単に洗い流すこともできるので、洗い残しが肌に残ってしまい、肌に余計な負担をかけてニキビを招いてしまう心配もありません。

ビーグレンならニキビに関するあらゆる相談ができる専門家とのホットダイヤルも用意されています。あなたの肌質に合わせたケア方法を教えてもらうこともできますよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nikibihayakuka
読者になる
2016年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
読者になる