鼻の下ニキビの正しい治し方

April 01 [Fri], 2016, 14:48
鼻の下のニキビは目立つけれど1日ですぐ治すのは難しいです。逆に言うと膿を潰すと悪化するだけなので絶対にやめておいたほうが良いです。

オロナインを使って赤ニキビの炎症を和らげることはできるものの、痛みと腫れが一時的に和らぐだけです。根本的にニキビを治す効果は期待できません。


ニキビを治すにはとにかく肌の新陳代謝(ターンオーバー)を整えることが必要不可欠です。ニキビができない肌作りをしていく必要がります。

肌のターンオーバーは約1か月周期となっていますので、今日のニキビケアが1か月後の肌を作るんだと考えて取り組むとよいです。



ターンオーバーを正常化させるには肌表面と内側の両方からアプローチするのが効果的です。肌表面に汚れが蓄積していれば、重しのような弊害となってターンオーバーを妨げます。

そこで汚れを取り除きつつ、肌の内側に対して必要な栄養を補給してターンオーバーが効果的に機能するように促していくわけです。


肌表面の汚れを取り除くにはとにかく洗顔です。洗顔フォームで優しくマッサージするように洗い、洗い残しが出ないように丁寧にすすいでいきます。

洗顔フォームで洗う時間は顔全体でせいぜい1分もあれば十分です。それよりもすすぎを徹底的に時間をかけて洗い残しを確実になくすようにしましょう。


そして1回の洗顔を念入りに時間を長くするんじゃなくて、回数を増やすようにします。過剰分泌された皮脂を丁寧に適量を保てるように意識します。正しい洗顔を心がけるだけでも肌質はかなり改善できます。

あと洗顔でもう一つ気を付けてもらいたいのは、肌への刺激が少ない低刺激のニキビケア用品を選ぶことです。市販品は刺激の強いものが多いのでさけたほうが無難です。


市販品はどうしても安価に作らなければいけないので、洗浄成分として界面活性剤という安い化学成分を使うことが多いもの、ニキビ肌には刺激が強すぎます。

市販品は基本的に健康な肌の持ち主を想定してぎりぎりのラインで成分が構成されています。自分の肌にあうものを探すのに大変な苦労をすることになります。



そこでこのブログではビーグレンをおすすめしています。ビーグレンはニキビ肌でも肌に負担をかけずに使える成分だけで構成されているので、わざわざ成分を調べて肌の刺激が強くないかどうか調べる必要がありません。

洗顔フォームは自然から採取される泥(クレイ)が使われていて、非常に粒子が細かいため毛穴の奥へと入り込み、汚れをざくざくとかきだしてくれます。それでいてすすぎで簡単に洗い流せるので洗い残しによって肌に負担をかける危険もきわめてゼロに近づきます。


ビーグレンの美容液には最新のがん治療に使われる技術が応用されていて、美容成分の分子サイズが最小限に細分化されています。

分子サイズが小さくなると何が良いのかというと、従来の美容液では浸透できなかった細胞の隙間にまで成分を浸透させられるところ。肌のより深い部分まで美容成分が浸透していきます。



従来の美容液だと肌から流れ落ちてしまうものも少なくなかったのですが、ビーグレンに関しては逆にニキビの裏側に潜り込んでいきます。

ニキビを肌の内側から押し出すように改善してくれるので、ニキビケアにはもってこいというわけです。


万が一、自分の肌質に合わなかった場合には使用途中であっても返金保証が付いていますし、何よりも購入者向けサポートが充実しています。

あなたの肌質に合わせたニキビケアの方法を専門家からアドバイスしてもらえるので、トータル的に肌の調子を整え、ニキビができにくい肌を自分で作れるようになりますよ。


ビーグレンの効果を全額返金保証&トライアルセットで試してみるにはこちら
↓↓↓