大人ニキビの原因と、予防方法 

February 19 [Tue], 2013, 9:56
思春期の頃にできるニキビと違って、大人になってからできる大人ニキビ。
治りにくかったり、長引いたりすることもあるので、原因をきちんと知って改善したいものです。

思春期の頃にできるニキビは、皮脂の過剰分泌が主な原因ですので、皮脂分泌の多いおでこやあごだけでなく、顔全体にできやすいというのが特徴です。
大人ニキビの特徴は、皮脂の過剰分泌だけでなく、乾燥肌でも発生し、あごのあたりを中心にできやすいということです。

大人ニキビの原因として考えられることはいくつかあげられます。
ストレスや疲れ、寝不足や食生活の乱れ、便秘など。
中でも女性に多いのは、ストレスからくるホルモンバランスの乱れなどもあげられます。

こういった本となる原因の改善をすることが、大人ニキビを作らないようにする手立てです。
黄ニキビ 治し方はこちらに載っています。

なるべくストレスの改善に努めることや、たっぷり睡眠時間をとる事が大切です。
肌に良い睡眠方法としてお勧めなのは、長時間寝るということではなく、肌のゴールデンタイムとも言われる22時〜2時の時間帯にしっかり睡眠をとることです。
なかなか難しいかもしれませんが、できるだけこの付近の時間帯に質の良い睡眠をとることを心がけることで、ニキビの予防だけでなく、美肌にも効果的です。

また、食生活の乱れや、それにともなう便秘も大人ニキビの主な原因の一つですから、毎日の食生活の見直しも必要です。
なるべく脂っこいものを避け、良質なタンパク質の摂取と、野菜、海藻などの食物繊維をしっかり摂ることが大切です。

スキンケアは、自分に合ったものを使う事が一番ですが、なるべくならオイルフリーの化粧水などを使うことがいいと思います。

大人ニキビは、しっかりとした保湿をすることも大切ですので、生活習慣の改善に加え、きちんとしたスキンケアでお肌を健康に保ちたいものです。
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28