ニキビ跡☆活性酸素や遺伝体質のお話

May 10 [Fri], 2013, 9:40
基本的に、ニキビが出る原因として、
毛穴に皮脂が詰まることから起こってきます。

ニキビというのは、皮脂が毛穴に詰まりそれが酸化することで、
遊離脂肪酸や過酸化資質という物質に変化して起ることになります。

そして、その出来たニキビがさらに悪化して炎症を起こす
ことによって、ニキビ跡を作ってしまうのです。

また、活性酸素というのは、酸素の中でも特に酸化力が強い酸素となります。
この活性酸素が増えることで、皮脂の酸化をどんどんと促進させてしまいます。

活性酸素も減らさないとニキビやニキビ跡は改善されません。
活性酸素を減らす方法としては、普段の生活の中の食生活に注意しましょう。

抗酸化物と呼ばれるビタミン類、ミネラルなどを積極的に摂取していくことで、
活性酸素を減らすことができますよ。

なかなか食べ物での摂取が難しい場合は、サプリメントを上手く活用してみましょう。

また、ニキビ跡ができる原因で「遺伝」もあります。

ニキビ跡ができやすい方は、遺伝的な要素を持っている可能性が
高い場合は、そうでない方と比較した場合、少しでも皮脂の分泌が多いと、
にきびやにきび跡を発症させてしまう確率があがってきますからね。

ニキビ跡ができやすい体質や遺伝が気になる場合は、
特に食生活や生活習慣の改善を行っていきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カピカピちゃん
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nikibiato93/index1_0.rdf