にきび跡クレーターができる理由

January 09 [Fri], 2009, 1:38
にきびが悪化すると、時にクレーターとなるのはどうしてでしょう。

にきび跡クレーターができる理由を知る前に大切なのは、
ニキビができる理由を知らなくてはならないでしょう。皮脂が分泌されやすい部位の毛穴が、
皮脂や汚れによって目詰まりを生じ炎症が起きるとにきびになります。
尋常性挫創とも呼ばれており、その毛穴からは皮脂が分泌できなくなってしまいます。

従って、皮脂の分泌量の多い部位ほどにきびができやすく、
顔だけでなく肩や背中にも発生するのです。
よく言われるにきびという単語が表すものは、顔に出る尋常性挫創です。
このにきびがどこまで化膿し大きくなったかで、皮膚へのインパクトも違います。
できたばかりのニキビは中心が白く、まだ腫れていません。

この白ニキビの状態でケアできれば、クレーター跡を心配することはありません。
白にきびが悪化して症状が進むと、周囲の浅い層で炎症が起きます。
皮膚が赤く腫れてしまった段階でも放置しておくと、にきびが更に悪化して炎症が広がり、
奥へ奥へと影響が広がっていきます。

このように、皮膚の奥にまでにきびの影響が出てしまうと、
ケアをしてもクレーター跡になることがあります。
一旦にきび跡クレーターができてしまうと、
下層まで悪影響を受けた皮膚は思うようには戻せません。
にきびによる皮膚のでこぼこを回避するには、早め早めのにきび対策が大事といえます。

にきび跡クレーターの治療方法

January 10 [Sat], 2009, 0:21
にきび跡クレーターにはどんな種類の治療方法が効果があるでしょうか。

ニキビをさらに悪化させ、皮膚の深い部分まで侵食させてしまうことがあります。
これは初期症状でのにきびケアができなかったためです。
そのせいでできてしまったらどのようなケアをしたらよいのでしょうか。

結論から言うと、
皮膚ににきび跡クレーターができてしまった場合、初期症状のにきびケアのように、家にいて、
自分の力だけで改善させることはできないでしょう。
専門的な治療が不可欠なのです。

にきび跡クレーターの深さによっていろいろと違うのが治療方法だといえます。
治療方法はにきび跡クレーターの場合いくつかりますが、
ひとつはクレーター部分を切開して縫い合わせるというものです。

もうひとつの治療方法としては、レーザーを照射して薬やコラーゲンなどを用いるというものもあります。
けれど治療方法によっては、保険が利かないこともあります。
ですから費用がかなりかかってしまうこともあるでしょう。

自分の力だけで治すための機器もあるので、専門的な治療を受けない人もいます。
この場合、専門的な治療をうけたときと比較すると、
にきび跡クレーターの改善はそれほどは見込めないのも事実です。
専門的な治療に比べると、効果が現れるまでにかなりの時間がかかることから、
継続することが難しい傾向にあるようです。

にきび跡クレーターの予防ケア方法

February 18 [Wed], 2009, 17:11
にきび跡がクレーターにならないようにするには、早期のにきび対策、治療を怠らないことでしょう。

正しい洗顔で毛穴の汚れを落とし、皮脂で詰まることのないようにすることで予防になり、
ニキビ跡クレーターの予防にもなります。
だからと言って、むやみに洗顔の回数を増やしてもケアにはなりません。
むしろ、洗顔し過ぎたせいで皮脂の分泌を増やしたり、
皮膚を傷つけたりしてしまうことで、逆効果を与えることがあります。

かえって皮膚にとって、にきびを作り易い皮膚環境を作ってしまうことになってしまうかもしれません。
朝と夜、1日に2回から3回の洗顔がにきびケアには丁度良いようです。
適切な洗顔剤を選んで、自分の皮膚のコンディションに合わせて使いこなすことも、
にきび跡クレーター防止には必要です。

にきび跡クレーターを作らないため正しい洗顔の手順を知ることも大切です。
早期対策でケアができたはずのにきびでも、誤った洗い方で化膿を進ませてしまうこともあるようです。
間違えた洗い方をいつまでも正さなければ、にきび跡クレーターを増量させてしまいかねません。

正しい洗顔方法を知り、そのケアをを日々継続させましょう。
にきび跡クレーター予防のためにも、丁寧に洗顔をして汚れをきれいに落としましょう。
P R