異常角化とは? 

2011年05月07日(土) 13時24分
異常角化とは、

「角層が普通の状態よりも厚くなってしまうこと」

です。

角層とは、皮膚の一番外側の細胞の層のことです。

角層が厚くなることで、毛穴がふさがれ皮脂が排出できなくなり、
ニキビができてしまいます。

では、異常角化が起きる原因は何かというと、それは

「ホルモンバランスの崩れ」

です。


ニキビといえば思春期ですが、思春期にニキビが出来やすいのは、10代が一生のうちで一番ホルモンバランスが不安定な時期だからです。

巷では「思春期は皮脂の分泌が活発だからニキビができてしまう」などといわれていますが、実際のところ、
皮脂の分泌の多さとニキビはあまり関係はありません。

その証拠に乾燥肌でもニキビができる人はたくさんいますし、オイリー肌でいつも顔がテカってるけどニキビが全くできない人もたくさんいます。


また、ホルモンバランスが崩れるのは、女性の場合生理の前後です。
生理前になると必ずニキビができてしまうのは、このホルモンバランスの崩れが起こるからです。

女性の場合、そういったホルモンバランスの崩れによって慢性化しているニキビは、ピルを飲むことでニキビが劇的に改善することがあります。

実際に、ニキビ治療が日本よりずっと進んでいるアメリカでは、ニキビ治療にピルが使われています。

生理が原因で出来るニキビが辛い場合、一度産婦人科に行ってお医者さんに相談してみるのも良いと思います。


ただ、思春期のホルモンバランスの崩れも、生理前のホルモンバランスの崩れも、あくまで正常な範囲の崩れです。
自分ではコントロールできないことなので、あまり気にする必要はありません。

異常角化は、ピーリンなどをしていらない角質を取り除いてあげれば問題ないからです。



今すぐ、本当に正しいニキビケアの全てを知りたい方はこちらをクリック
↓    ↓    ↓
「敏感肌のための、本当に正しいニキビケア」


ニキビの2つの原因とは? 

2011年05月06日(金) 14時52分
思春期ニキビ、大人ニキビ、それぞれ原因が違うといわれていますが、
ニキビができる直接的な根本の原因は同じです。

ニキビの原因は2つ。

それは、

「異常角化」



「皮脂の酸化」


です。

この2つが皮膚で起きるのでニキビが出来ます。

具体的な流れを説明すると、


「異常角化が起こる」
     ↓
「角層が毛穴の中に入り込んでいく」
     ↓
「毛穴の出口が狭くなる」
     ↓
「皮脂が排出できなくなる」
     ↓
「皮脂が詰まる」
     ↓
「皮脂が酸化する」
     ↓
「ニキビができる」

という流れになっています。

異常角化と皮脂の酸化については、次回以降お話ししていきます。



今すぐ、本当に正しいニキビケアの全てを知りたい方はこちらをクリック
↓    ↓    ↓
敏感肌のための、本当に正しいニキビケア



ビタミンC誘導体とは? 

2011年05月02日(月) 15時35分
ビタミンC誘導体とは、
簡単にいえば、ビタミンCを皮膚に浸透しやすくするために、人工的に加工されたビタミンCのことです。

ビタミンCは本来、皮膚からほとんど吸収されませんが、リン酸と結合させて誘導体の形にすると皮膚に入り込みやすくなり、通常のビタミンCの数十倍も皮膚に吸収されていきます。

ビタミンCが皮膚に良い働きをするというのは、科学者ならば、皆当然の如く知っている事実です。

<ビタミンCの効果>
皮脂が酸化するのを防ぐ
・皮脂の分泌を抑える(オイリー肌の改善)
・活性酸素を除去する
・紫外線のダメージを最小限に抑える
・毛穴引き締め効果
・色素沈着の防止
・メラニン色素生成を抑制(美白効果)
・セラミドの合成に関わる

など、皮膚の中にビタミンCが吸収されれば、オイリー肌を99%の確率で改善し、コラーゲンの増加やセラミドの合成などが行われ、コメドの発生を防ぐだけではなく、炎症したニキビをも沈静化し、ニキビ跡、皮膚陥没なども修復する作用もあり、ビタミンC誘導体は、ニキビケアにおいて最強の存在といえます。


今すぐ、正しいビタミンC誘導体の使い方を知りたい方はこちらをクリック
↓    ↓    ↓
「敏感肌のための、本当に正しいニキビケア」

ピーリングとは? 

2011年05月02日(月) 15時19分
ピーリングとは、AHA酸(アルファヒドロキシ酸)を皮膚の表面に塗り、新陳代謝が悪くなった角層をはがす治療法のことです。
新陳代謝が悪い角質をはがすによって、ターンオーバーの遅れを正常に戻し、肌本来の再生力を高めるというのが、ピーリングの目的です。

ただ、はがすというのは、ピーリングを直訳したとき「剥ぐ(はぐ)」「剥く(むく)」という意味があるためそう呼んでるだけで、実際は物理的刺激を与えて古い角質や肌内部の老廃物を取り除くという「肌の掃除」という意味が正しいです。

また、ピーリングは古い角質を取り除くと同時に、ビタミンC誘導体の浸透率を上げる役割を果たします。
これは、ピーリングをすると角層が薄くなるので、ビタミンC誘導体が浸透しやすくなるからです。

つまり、ピーリングとビタミンC誘導体をセットで行うことで、ビタミンC誘導体の効果を2倍にも3倍にもすることができ、ニキビをより確実に早く治すことが出来るということです。


ピーリングは、皮膚科やエステで治療を受けることができます。治療費は平均で1万円ほどです。
ただ、ニキビ治療目的の場合は保険適用外なので、全額負担になってしまいます。また、1回の治療では効果があまり表れないため、複数回治療を受けなければいけなく、最終的に5〜10万円の治療費がかかってしまいます。

私はあまりお金をかけたくない、通うのが面倒、だったので自分でピーリングをしていました。
ただ自分でやる場合、効果がある反面、濃度とphに気をつけないと、逆に肌荒れの原因に繋がってしまうので注意が必要です。

そこら辺色々心配な人は、ピーリング石けんから始めてみるといいと思います。
ピーリングほどの即効性はありませんが、徐々にいらない角質が取れていき、ニキビが出来づらくなっていきます。



今すぐ、本当に正しいニキビケアの全てを知りたい方はこちらをクリック
↓    ↓    ↓
「敏感肌のための、本当に正しいニキビケア」