ニキビができやすい食べ物について!

September 02 [Mon], 2013, 14:08
肌の炎症性疾患が可能でやすい食べ物は、大きく分けると次の三つです。

・糖質
・油分の多い食品
・辛い食品

にきびが出来やすい食べ物と言われて、すぐに思い浮かぶのは、やはりお菓子と言われているものです。

甘いケーキやチョコレート。

糖分が多く、消化されると、毛穴を塞ぐ皮脂(の元ようですよ。

糖分が多い炭水化物の食パンやもち米も、過剰に摂取してしまうとニキビを悪化させる要因となるのですので注意が必要ですね。

からあげやトンカツといった、油分の多い揚げ物も要注意でしょうね。

スナック菓子は当然として、アーモンドなどのナッツ類も油分が多い事で有名ですから、食べる際には気をつけたいところです。

意外なところで、辛い食品も吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)ができやすいと思っています。

トウガラシなどといった刺激物を摂取すると胃が荒れてしまい、胃腸に想像以上の負担が掛かってしまう事がその理由です。

甘いものじゃなくて辛いものであれね大丈夫だろうだなんて思っている方は、要注意でしょう。

ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)ができやすい食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を絶対に食べちゃダメだと思ってしまうとストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)になりますから、控えめに食べつつ、バランスの良い食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)を心かけるようにしてください。

ニキビができやすい場所があるのか?

September 02 [Mon], 2013, 14:08
ニキビが出来やすい場所は、次の4箇所です。

・Tゾーン
・口のまわり
・首
・背中

まず、Tゾーンは尋常性瘡が可能でやすい場所として、最も有名ですよね。

その原因として、他の場所よりも皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)の分泌量が多いからなのです。

特に思春期の頃は、日常的に皮脂の分泌が盛んとなりますので、毛穴が詰まってしまい、おでこや鼻のラインから顎にかけて、ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)が出来てしまうかもしれませんね。

また、口の周りは、胃腸が弱っている時にざそうができやすくなる場所となるのです。

それ以外にも、口の周りを手で触ってしまう癖が強い方は、その刺激でニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)が可能でやすくなるみたいですね。

首は男性ホルモンの影響で吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)ができやすい場所です。

ホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられています)が崩れて、男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうと、首の付近に吹き出物ができて、しまうでしょう。

そして、背中もTゾーンと同様で、体の中でも皮脂の分泌が盛んな場所です。

それに、洗髪時の髪の毛のケア製品の洗い残しが原因で、背中の毛穴を塞いでしまう事もあります。

どちらにしても、背中は目が届きにくい場所ですから、日頃から注意が必要でしょう。

ニキビができる原因について!

September 02 [Mon], 2013, 14:08
<PR>
足を細くしたいならコチラ!



ニキビが出来る原因には、次みたいなことがあげられるでしょう。

・肌のターンオーバーの乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・食事習慣の乱れ
・洗顔時のすすぎ不足

ターンオーバー(組織や細胞の入れ替わりをいうことが多いですね)が正常だと、肌に古い角質(ケラチンと呼ねれるタンパク質でできた古くて死んだ細胞のことです。表皮にあります)が残ることもなく、毛穴が塞がれる事もません。

ところが、なんらかの理由でターンオーバーの周期が乱れてしまうと、角質(ヒトや動物などの表皮や毛、羽毛や蹄、爪を構成している角化組織です)が硬くなってしまい、毛穴が塞がれてしまいますね。

ホルモンのバランスの崩れも、にきびに深く影響しているのです。

ニキビは男性ホルモンの影響が強いと思っているのですので、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが普通よりも多く分泌されてしまうと、ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)の原因になります。

また、食生活の乱れにも注意が必要ですね。

暴飲暴食は胃腸に負担がかかって免疫力が落ちるのでますし、糖質や脂質の摂り過ぎも面皰の原因になるのです。

脂っこい料理や甘いお菓子が好きな方は、十分な注意しなけれねなりませんね。

それに、洗顔時には、すすぎも丁寧に行ってください。

吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)には丁寧な洗顔が必要になるでしょうが、如何に洗顔を丁寧に行ったとしても、すすぎが不十分だと洗顔料が肌に残った状態となって、洗顔した意味がないでしょう。

肌に刺激を与えないようにして、充分なすすぎを心がけてください。

ニキビにいい洗顔のやり方について!

September 02 [Mon], 2013, 14:08
ニキビによい洗顔のやり方のポイントは5つです。

・洗顔しすぎないようにする
・オイルタイプのクレンジング剤を避ける
・たっぷりとした泡で洗顔する
・すすぎを丁寧に行う
・清潔なタオルを使用する

尋常性瘡が出来てしまうのは、毛穴に詰まった皮脂が原因であることが多い為、この皮脂を落とせばニキビが治ると思い、1日にくり返し洗顔する方がいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、これは間違いです。

何度も洗顔する事により、肌本来の持つバリア機能が働いてしまい、反対に皮脂をどんどん分泌させてしまう結果だと言われています。

朝と夜、1日2回の洗顔がちょうど良いとされていますねから、くれぐれも顔を洗い過ぎないようにして下さい。

また、メイクをされている方は、クレンジング剤にも注意してくださいね。

オイルタイプのものはメイクともなじみが良いため、愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)用している方も多いかもしれないですが、皮脂を過剰に落としてしまっている危険性があります。

メイクとなじみが良いということは、皮脂ともなじみが良いというと言う事ですね。

肌に必要である皮脂まで落としてしまいいる事もあるため、吹き出物が気になるようともなるとオイルタイプ以外のクレンジング剤を使ってみてください。

それから、洗顔の時には、洗顔料をたっぷりと泡立てるのが基本です。

近年の洗顔料は、泡で汚れを吸着し、落としてくれる働きがある為、十分に泡立てて優しく洗う事を心がけましょう。

皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)を取り除こうとして、重点をおいてゴシゴシ洗うと、肌を痛めてしまいます。

すすぎは洗顔料が肌に残るのを防ぐために、ちゃんと行いましょう。

そして、最後は、必ず清潔なタオルで顔を拭くようにされて下さい。

汚れたタオルで顔を拭いては、それまでの洗顔がムダになってしまうでしょうよ。

P R
月別アーカイブ