ナイキ(nike)の歴史

December 13 [Sat], 2008, 22:15
 1964年にフィル・ナイトとビル・バウワーマンがナイキの前身ブルーリボンスポーツ社を設立。オニツカ・タイガー(現アシックス)のシューズの輸入,販売と開発をはじめた。バウワーマンのシューズに対するアイデアは豊富で、そこから生まれた「コルテッツ」や「マラソン」の評価が特に高く,ビジネス拡大の原動力になった。1970年に自社ブランドNIKE(ナイキ)を立ち上げ、1971 年にはオニツカ社との取引を停止、独自の発展の道を選ぶ。バウワーマンのフルレングスミッドソールやナイロンアッパーなどの新アイデアの他「ワッフルトレーナ」で全米ベストセラーとなり、ナイキは誕生からわずか数年で,アメリカにおけるトップブランドに成長した。1978 年には「AIR」を「テイルウインド」に初搭載。さらにバスケットボールシューズにも展開。1982 年にバスケットシューズである「エアフォースT」を発売。バスケットボールシューズのシェアを大きく拡大した。1987 年にトレーニングシューズであるエアマックスでナイキの人気は決定的となった。その後エアもバリエーションを急速に拡大、1991 年の180°エアや1995 年のズームエア2などである。2000 年には新しいクッショニングシステムである「SHOX 3」を発表した。エアと並ぶナイキの2 本柱である。

ナイキ(nike)の主なサポート選手

December 13 [Sat], 2008, 22:10
タイガー・ウッズ (ゴルフ)
マイケル・ジョーダン(バスケットボール)
ロナウド(サッカー)
ロナウジーニョ(サッカー)
中田英寿(サッカー)
松田直樹(サッカー)
清原和博(プロ野球)
ダルビッシュ有(プロ野球)
中村紀洋(プロ野球)
上原浩治(プロ野球)
松坂大輔(大リーグ)
岩村明憲(大リーグ)
城島健司(大リーグ)
ロジャー・フェデラー(テニス)
ラファエル・ナダル(テニス

ナイキ(nike)の主な契約チーム

December 13 [Sat], 2008, 22:04
サッカーブラジル代表
サッカーオランダ代表
サッカークロアチア代表
サッカーポルトガル代表
サッカーロシア代表
サッカーアメリカ合衆国代表
サッカー韓国代表
サッカータイ王国代表
サッカーオーストラリア代表
FCバルセロナ
バレンシア
アトレチコ・マドリード
マンチェスター・ユナイテッド
アーセナル
インテル
ユヴェントス
ボルシア・ドルトムント
パリ・サンジェルマン
FCポルト
PSVアイントホーフェン
セルティック
ボカ・ジュニアーズ
横浜F・マリノス
浦和レッドダイヤモンズ
鹿島アントラーズ
埼玉西武ライオンズ