安定したバランスに

September 09 [Mon], 2013, 12:36
苦味と渋味は生理学的には同一の感覚であり、味覚の差は苦味物質の濃度、混合比率、複合体の形成などによってもたらされます。

渋柿、茶、ワインなどに含まれるタンニンは、口に入れると強い苦味を感じさせます。

タンニンと同様の生理的作用を引き起こす苦味物質としては、他に茶などに含まれるカテキン、コーヒーなどに含まれるクロロゲン酸などがある。デナトニウムは、最も苦味の強い物質

適度な苦味はブラックコーヒー、魚介類の「わた」など内臓料理の珍味、酒、渋茶(濃茶)などで親しまれていますね。

運動前のコーヒーで脂肪燃焼
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nikaka14
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nikaka14/index1_0.rdf