2階建てを平屋に減築リフォームする!費用は安い?

May 30 [Mon], 2016, 22:41

結論から言いますと、
2階建てを平屋に減築リフォームするのはやめたほうがいいです。


その理由はカンタンです。

●2階部分だけの解体は手間がかかって大変

●全部解体して平屋建築するのが安い


からです。
おそらく平屋にしたい理由は、

●年齢的に2階に上がれなくなり、使わなくなるから

●建物が古くなってきたから

●固定資産税が安くなるから


だと思います。
それぞれ理由を考えてみます。


■ 年齢的に2階に上がれなくなり、使わなくなるから


高齢化によって2階に上がれない。
これは仕方がないかも知れません。


しかし、よく考えてください。


2階に上がれない状態になるのなら、
介護にも使える平屋を新しく建てたほうが安くあがりますよね?

もちろん、固定資産税もその分安くなります。

■ 建物が古くなってきたから


日本の家屋は今の建築基準で行くと
だいたいローンが終わる30年〜が建て直しする時期になります。

たとえあと20年しか使わなくても
耐震や耐久を考えると新しい方が、安全に暮らす事ができますよね。


もちろん平屋に出来ない!
ということではありません。


あくまで費用と実用面から考えて、
減築よりも解体して平屋を建てるのが良いという答えになります。



■ 固定資産税が安くなるから

仰るとおりです(笑)
しかし、これは半分あっていますが、半分はマチガイです。

なぜならトータルコストを考えれば
固定資産税が安くなっても、2階部分だけを減築リフォームするほうが高く付くからです。


つまり固定資産税が安くなっても
2階を減築する費用は高いので意味が無いということです。


少しでも安くするのなら相見積もりをとること

安ければ良い、ということではありません。

相見積もりを取る理由は、

●本命の建築業者に適性な見積もりを出してもらうところ

にあります。

「他社はそんな金額なら、うちは・・・」

というのを期待します。
ただしやり過ぎは禁物。手抜きされてしまっては意味がありません。


適性な業者で
適正な価格で施工してもらう。


その手段を使うのも
使わないのも自由です↓

リショップナビ 見積もり