大神神社とにゃんこの出会い

February 02 [Mon], 2009, 23:55
今日は年末からどうしても行きたかった奈良の大神神社にようやく参拝することが出来ました日本最古の神社で全国的にも有名な神社なのでご存知の方も多いと思いますが、奈良県桜井市の三輪山が御神体山の神社です。こちらの神社はお山も含めて、いつ、お邪魔しても、とても穏やかな優しい雰囲気で、この場所に立っているだけでも心が洗われるように安らぎます。ここは私にとっても、大事なパワースポットなのです。四季の折々にはお邪魔するようにしているのですが、年始にお供えした鏡餅の拝受と旧年の神札の奉納と大神神社のお隣に鎮座されている狭井神社の薬井戸から湧き出るご神水(いつも家族の為に頂きに行ってます)を今回も頂きにあがるつもりでリュックを背負って出かけました。私は以前から静かなお山の神社が好きなので、行ける時はなるべく平日に出かけるのです最寄りの駅は本当はJR三輪駅なんですが、私はいつも行きは近鉄桜井駅から歩きます。約30分何で、行きだけだというとリュックの中身は1.5ℓの空のペットボトルが3本。…つまり、それが、帰りは背中に満々と…てなわけで。歩くの、大好き人間はムリしない時に歩くのです(ヲイ)結構、車数も多い幹線道路を、あるかないかのキワモノな歩道に沿って歩かないといけないのですが寒さも徐々に暖かさに変わって心地良く…が。あれ?あれれ?山に近づくにつれ、人が…、人が…、人。人。人。人〜〜何、コレ?今日、平日だよね?何、この人だかりあ。皆、何か、持ってる。破魔矢とか。お正月の注連飾りとか。待て。今日は…15日…そだ今日、お炊き上げの日。とんどだ〜。しかも“大とんど”よく確かめてから来いよ〜。みわみわ〜いつもは静かな澄んだ空気が張り詰めているお山とは違い、人の熱気で大賑わいになっていましたでも、直接、私の持っていった古神札も目の前でお炊き上げをして頂き、一年間、守って頂いたことに感謝、感謝ですさて。改めまして。拝殿への参拝拝殿の鳥居は大縄になっていて、いつも信者の方々が年末に皆さんで作られるのです。凄いよなあ。結構、太巻きなのでかなり力が要ると思うんですけどね…。この後、狭井神社への参拝とお水を…となる訳ですが。私、いっつも、この薬井戸で色々な方の色々な人間性を見てしまうのです。ここのご神水は無料。言うなれば、“タダ”というものです。幾ら汲んでも、持って帰っても、神様からのお叱りは受けません。が。『独り占め』というのは、どうでしょう?今日は“大とんど”もあって普段よりも確かに混み合ってはいたのですが、ここの薬井戸は各汲み口上部にステンレスのボタンがついており、それを押しつつ水を汲み上げて頂く訳ですが、一般に今、そのお水をこの場で頂かれる汲み口が4箇所、そして、私のように持ち帰る人の為用の汲み口が2箇所となっています。しかし。スミマセンお風呂でも沸かしはるんですかぁ先にその場所の一つにどっかりと陣取っていた中年夫婦さん。ご主人が水の入れ役。ひたすら、ひたすら…奥さんが50cm×30cmはあろう位の折りたたみ式BOXにてんこ盛りに入った空のペットボトルを次々にご主人に渡し…はい、はい、はい…まるで、餅つき風景。いやあ、息があってるのは、仲の良い証拠でよろしいんですが終わったんやね?…と思ったら、又、別の『てんこ盛りペットボトル折りたたみ式BOX』が…。どっから、出してくんねんアンタはドラ●もんかでも、まだ、このご夫婦。それでも。もう言いたくないんですがどっからかカートに乗っけた、それにてんこ盛りの…私も含めて、他にも順番待ちの持ち帰りの人がイライラしてるのもわかってきて…さすがに奥さんの方が「ちょっと、だいぶ、待ってはるから…」と言い出したので、ほっとするもつかの間。旦那。「あっちもあるやん」あのね〜あっちは直接、頂く方なの万物に平等な神様。呆れ顔でお笑いになりつつ、この行為をご覧になっているんでしょうねさて。せっかく、リフレッシュしに来たのだから、と。気を取り直して、展望台の方にも登ってみました。目前に広がっているのは大和平野。真ん中にどっしりと座しているのは、これこそ、大神神社の大鳥居です。その左手に見えているのが日本史でも有名な“耳成山”。写ってませんが、その左に“畝傍山”そして“天の香具山”と続きます。(カメラマンの腕が悪くて…。実際に見えた風景はこれよりも、もっと綺麗でしたよ)思い残すことなく、大神神社の参道を下り始めると。あらら?参道の真ん中で凄い人だかり〜何?何?そう、その人だかりの原因↓にゃ〜ごにゃ〜ご通り過ぎようとする人たちの足に絡み付いて動こうとしない、このにゃんこを参拝客の方々が、構っていたのです。「あなた、どこの子なん?」「どうして、こんなトコにおんの?」ムリはありません。だって、この参道二の鳥居を出るまで約0.5km、回りは全て林で家はなく…「神様の子かな?」私も思わずそう思っちゃいましたよその参拝客一行が消えても。次から次へと上ったり下りたりしてくる別の参拝客の団体をも物ともせず、参道のど真ん中で、じっと、この格好で座り続けていましたから。余所見している人に蹴られるよ、アンタ…(思わず、病気かな?とも思い、私も抱っこして顔も見てみましたが、目やにも鼻汁もなく、体を触ると、よく食べているのかお肉もついていたので安心)色々なことがありつつも、やっぱり、にゃんことの繋がりがあった今日。私の気持ちをより穏やかにさせてくれる為に、本当に神様が、このにゃんこに会わせてくれたのかもしれません
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nijpihsv
読者になる
2009年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる