8月27日 9月議会にむけての説明やヒアリングがはじまっています

August 26 [Fri], 2016, 15:29


 今日は、大塚愛さんとアチコチに。元気、元気で、よく体と頭がうごきます。すがすがしい表情がとても好きです。

 9月2日から岡山市議会がスタートしますが、もう議会でははじまっていると同じです。
 8月30日にすべての委員会の議会前の常任委員会がありますので、ご案内します。内容については、字の色が変わっているところをクリックしてください。ご関心のあることには、どうぞ、傍聴をお願いします。
 委員会にあたっての説明などを受けています。

 

 

 

8月25日 9月10日に行う「横田えつこさんに思いを馳せ、愛と未来をつむぐ秋フェス」にご参加ください。

August 25 [Thu], 2016, 17:58




「横田えつこさんに思いを馳せ、愛と未来をつむぐ秋フェス」にご参加ください。

と き:2016年9月10日(土)13:30 〜 15:30
ところ:ピュアリティまきび 孔雀の間
    (岡山市北区下石井2-6-41)
主 催:チーム♡ i (大塚愛後援会)
*参加無料
*連絡先:TEL 086-244-7721 FAX 086-244-7724

 昨年10 月10 日、岡山県議会議員 横田えつこさんが亡くなってまもなく1年を迎えます。一周忌を迎えるにあたり、えつこさんを偲ぶとともに、悲しみを希望に変え、大塚愛さんとともに未来をつむぐはじまりの日としたいと思います。
 故横田えつこさんから大塚 愛さんへ! 岡山県の未来をつむぐ、新たな一歩を踏み出しましょう。ご参加くださいね。
 「大塚 愛/ビデオ・メッセージ」をごらんください。大塚さんが県政チャレンジへの思いを語っています。


8月24日 臨時議会

August 24 [Wed], 2016, 19:29


 今日は臨時議会がありました。1月には慣例的に毎年ありますが、8月は人事案件があるときなどに行われるようです。
 開会前に、佐々木副市長と鉄永政策局長からの挨拶がありました。いずれも中央から来られている方です。
 そして、交通事故損害賠償額の議案と、8月31日で任期満了となる教育委員の人事案件が提案されました。いずれも全会一致で可決しました。
 臨時議会終了後は、会派会合です。おもに9月議会代表質問にむけての質疑です。私自身も質問にむけて準備をしなければなりません。気になることなどがありましたら、ご連絡をください(086-244-7721)。

8月23日 北区区別計画調査特別委員会がありました

August 23 [Tue], 2016, 19:37





 ステキな残暑見舞いが届きました。まるでホンモノの金魚鉢みたいですね。大塚愛さん、がんばれ〜とのメッセージでもあります💕。さわやかな風が心にそよぎます。
 我が家のなかで私が大好きな縁側に置いています。日本の縁側は夏も冬も暮らしやすくしてくれますね。残暑はまだまだ厳しいですが、皆様にも、お体を大切にお過ごしくださいね。

   *        *        *

 今日は、北区区別計画調査特別委員会がありました。長期構想にもとづき、前期中期計画(分野別計画、区別計画)を策定中です。区別計画について、各区の議員が所属する調査特別委員会で審議されています。
 議会が区役所の現状や区別計画策定状況などについて調査レポートを作ってくださって、とても参考になります。みると、区別計画策定にあたって調査特別委員会を設けたのは岡山市だけのようです。なお、岡山市北区は全国にある政令市の区のなかで、人口が3番目に多いのですね。1、2番目は横浜市の区です。ちなみに面積は4番目で、静岡、浜松、札幌にある区に続いてです。
 第2回の今回は、区作りの重視すべき視点と施策展開の方向性があわさり「たたき台」が示されました。分野別計画で進めるものは基本的に区別計画から外される形になり、正直なところ、具体性に乏しく、どんな区を作っていくのかというイメージがもちにくいものでした。評価・検証をしていくということですが、評価指標は設けないということであり、どのように進捗管理をするのかもつかみにくいです。
 区別計画であるのに区長の発言はほとんどなく、たたき台は、区の権限が乏しいという現状を反映しているように思われます。政令市になった実感がないと多くの市民の皆さんが言われる現状を改善していきたいです。

8月21日 久しぶりにアーサー・ビナードさんに会いました。今日も朝からスケジュールいっぱいでした

August 21 [Sun], 2016, 19:48





 写真は、アーサー・ビナードさん(作家)とです。今日はアーサーさんのトークがありました。終わってからの交流会に途中参加。いつもながら、太陽のように、皆さんに元気をシェアしておられました🤗。
 横田 えつこさん、犬飼明子先生が亡くなられたことにも触れてくださいました。亡くなったときには力が抜けていくようだけど、向き合うと大切なものを与えてくれている。見えないけれど一緒にいる。一人ではできないことも、こうしてつながってがんばっていける。というようなこと(ママ)を言われ、励ましてくださいました。
 横田さんも犬飼先生も、アーサーさんが大好きで著書をしっかり読み込まれ、お話しするのを楽しみにしておられましたものね。アーサーさん、大切にしてくださって、ありがとうございます。

   *        *        *

 今日も早朝から、「津島はっさく踊り」の片付けです。そして、反省会。皆さん、本当におつかれさまでした。年々、いろんなことがよくなっていっていると思います。
 午後からは、「映画『a2-B-C』&アーサー・ビナードさんとのお話し会」と「熊本地震支援チャリティ 「飯舘村の母ちゃんたち〜土とともに』上映会」。映画『a2-B-C』は先日後半部分を笠岡市でみたので、前半をみました。
 夕刻からは、松崎夏祭りを楽しみ、写真のアーサーさんとの交流会に。どの夏祭りも子どもたちへの愛情がいっぱいですね。心が温かくなるとともに、いろんな宿題もいただきます。
 朝からスケジュール目白押しでした。大塚愛さんのことも皆さんにお伝えしています。

8月20日 「津島はっさく踊り」の一日

August 20 [Sat], 2016, 19:42




 「津島はっさく踊り」の一日。早朝から地域の皆さん総出での準備です。私も夜にはしっかりと踊って楽しみました。踊りはなかなかマスターできませんが、節が心楽しいです。
 間には申し訳ないけど、会議等々。事務仕事が山積しています。
 そして夕刻。津島小学校運動場は踊りもお店も大にぎわい。外国人の方の参加があるのも津島らしさです。地域の皆さんから子どもたちへの夏休みのプレゼントですね。心から感謝します。

8月19日 全国政策研究集会で国立市です。自治体議員として刺激いっぱいです

August 19 [Fri], 2016, 19:07






 国立市です。国立駅をおりたら、この光景。都市景観形成条例で守り育てられている国立駅から一橋大学にかけての緑の地帯はみごとです。歩車分離もしっかりしています。
 昨日来、全国政策研究集会2016にきています。昨日は現地フィールド視察でした。今日は、自治体議員として身ぶるいしながら討議に参加をしました。
 木村草太さん(首都大学東京)による「地方自治って何だ 自治体と立憲主義」。ライブの木村さんははじめてで、とても人権を尊ばれる方でした。外交や軍事なども自治体と具体的に関係すること(消防所設置基準や都市計画など)がある。辺野古のことは閣議決定で決められることではなく、本来は国会で法律を制定し、当該市での住民同意が必要だと憲法上からも整理してくださいました。
【日本国憲法】
・第41条 国会は、国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である。
・第92条 地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める。
・第95条 一の地方公共団体のみに適用される特別法は、法律の定めるところにより、その地方公共団体の住民の投票においてその過半数の同意を得なければ、国会は、これを制定することができない。

 上原元国立市長、阿部多摩市長、保坂世田谷市長による、てい談「地方自治と地方創生」。素晴らしい首長の皆さんで、参考になることてんこ盛りでした。
 今回はとても短い時間での発言しかできなかったので、阿部さんが市政方針演説を真剣に読んでほしい。どういう哲学なのか、それに基づいて予算を組んでいる。高齢社会のなかでどういう哲学をもった市長を選ぶのか。しっかり議論をしていきたいと。さっそく読ませていただきました。

 そして、尊敬する大田区議の奈須りえさんも報告者の「TPPで日本は、自治体はどうなるか」。自分たちの安心できる暮らしのために、TPP批准の前に自治体で決める必要があること(学校給食など)を整理しなければなりませんが…。
 刺激いっぱいです。皆さんといっしょに、がんばりたいです。

8月18日 全国政策研究集会2016(小金井市の環境楽習館 & NPO法人「地域の寄り合い所 また明日」

August 18 [Thu], 2016, 20:56








18〜19日と東京に「全国政策研究集会2016」で勉強に来ました。初日は、小金井市の「環境楽習館」とNPO法人「地域の寄り合い所 また明日」の訪問です。

環境楽習館は、東京都の地球温暖化防止にむけての補助金を活用して、市民・大学・行政が協力をして計画をたて、運営している、小金井市環境配慮住宅型研修施設です。環境楽習館そのものが、エクセルギーハウスということです。初耳の「エクセルギー」ですが、太陽光や風や雨水などがもつ温かさや冷たさが拡散していく能力(エクセルギー)をうまく活用して(電気エネルギーに変えることなく)、建物の温度を調整しているということです。
建物の屋根近くの両側に風を通す扉が並んでます。天井には雨水を利用した冷放射パネルがあり、蒸発による気化熱で温度が下がります。そんな工夫がいくつもあります。クーラーがなくても心地よく過ごせるということ。また、台所排水は、家の周りに水路をめぐらし、そこに棲む微生物の力で浄化をし、再利用させる仕組みです。
私が写っている写真は、この施設の運営を委託している「NPO法人こがねい環境ネットワーク」の瀧本さん(女性)と神村さん(左端)と建築家の黒岩さんです。
岡山市は旧山上最終処分場跡地にエコ交流館が4月にオープンしています。まだ行っていないので、訪問をして、どんな内容や仕組みで研修が行われているのかをみてみないといけませんね。







そして、NPO法人「地域の寄り合い所 また明日」の森田さんの話しを聞きました。この施設は、認知症専門デイサービス、保育園、地域開放スペースなど4つの複合施設です。ベビーからおばあちゃん、そして地域の皆さんが一緒に過ごしています。ベビーとおばあちゃん、いい相性だろうと推察できますね。
アパート1階、5部屋の壁をとっぱらった細長いスペース。ベビーとワンちゃんの鳴き声がして、私にはとても居心地いい場です。誰もがみんな支え手になれる、地域の人びとの力を引き出す場とのことです。なんと、がんばるなぁ。

8月16日 「競演!オリエントと中南米 オリエン太とペッカリーが誘う時空を超えた文明の旅」 & DV防止サポートシステムをつなぐ会

August 16 [Tue], 2016, 18:34





 岡山市立オリエント美術館で、「競演!オリエントと中南米 オリエン太とペッカリーが誘う時空を超えた文明の旅」を観てきました。
 岡山県内には、オリエントと中南米という初期文明を紹介する、オリエント美術館とBIZEN中南米美術館(備前市日生)があります。二つの所蔵品をもとに遠く離れた文明世界を比べながら、夏休み期間を含むということでしょうか。子どもさんにも楽しんでいただける工夫満載の企画です。どちらの文明の所蔵品にも、たくさんの動物が登場します。友達と二人、クイズに挑戦をしながら、見て回りました。
 9月25日(毎週月曜日休館、までです。9/13以降無休)。

 夜には、DV防止サポートシステムをつなぐ会です。
 11月7日に行うパネル展&バザーの検討や、県内のDV防止基本計画の策定状況についての調査結果について共有しました。どの自治体にも作っていただきたいですので、参考になる情報などの提供をしていきたいですね。バザー品を募集しています。ありますよ〜という方はご連絡ください(086-244-7721)。

8月15日 長泉寺にて平和の鐘 & 「幸せなら手をたたこう」に込められた平和への想い

August 15 [Mon], 2016, 16:37








 「幸せなら手をたたこう 〜 名曲誕生の知られざる物語」というドラマが、7月31日にNHKの BS1で放映されました。このドキュメンタリードラマを見て、全世界で愛されているこの曲に託された「平和」への想いを知ることができました。
 この曲は、東京オリンピックが開かれた1964年に坂本九さんが歌って大ヒットしましたが、作詞者は、当時25歳の大学生であった木村利人さん(早稲田大学名誉教授)です。
 木村さんは、1959年にフィリピン農村でのYMCAワークキャンプに参加をしました。そこにはフィリピン人青年ボランティアもいたのですが、「日本人がきたら殺そうと思っていた」という程に殺気だっていたのです。訪れた村では太平洋戦争末期に、日本軍が抗日ゲリラとみなした民間人をたくさん殺しました。教会の碑には、「日本兵は村人をここに閉じ込めて皆殺しにした」と書かれていたそうです。
 木村さんは、心傷み、苦しみ、祈り、懸命に働き、ともに汗を流します。そんな木村さんの姿に、フィリピン人青年が、「過去の戦争のまちがいは赦します。戦争を再び起こさないよう、ぼくらが誓い合おう」と手をとって伝えたのです。
 その村で子どもたちが歌っていたのが、手や足をたたきながらみんなで楽しく遊ぼうと呼びかける歌でした。スペイン民話として地元に伝わるこのメロディーに、木村さんがオリジナルの詞をつけました。青年が木村さんへの感情を「態度に示した」ことと、聖書で出会った「手をたたこう」という言葉が元になっています。「幸せなら手をたたこう♫」の誕生です。
 帰国後、YMCAの集まりなどで披露をし、学生などの間に広まり、坂本九さんが耳にして、大ヒットにつながっていったということです。木村さんは、「歌で世の中を平和にしたい。怒ったり、悲しんだり、苦しんでいる人に希望の光を届けたい」と番組のなかで言われています。

 さて、私がフィリピンの言葉で歌える数少ない曲の一つが、この「幸せなら手をたたこう」です。ネグロス・キャンペーン活動にかかわって10周年の1996年。私は訪れたサンフリアン村で村人たちと本当に仲良く過ごしました。歓迎会で子どもたちが歌ってくれたのが、この「幸せなら手をたたこう」で、私はこれなら私にも歌えると、子どもたちから一番と二番の聞き取りをして、練習をしたのです。
 そして、このサンフリアン村で、はじめてネグロス現地に友達ができました。その友達が私に伝えてくれた言葉が、「これまで日本人はとても怖い存在だった。でも、のぞみと出会って、そのイメージが変わった。フィリピンと日本の平和のために、ぼくたちは永遠に友達でいよう」と。
 木村さんがワークキャンプでフィリピンを訪れてから37年経ってのことです。私はネグロスの人と出会うことで、私と同じ世代であっても現地の人は今も日本人を恐れ、例えば日本人との結婚はとても受け入れられない状況であることを知りました。

 そして、今年、YMCA関係の方から、このドラマ放映と「幸せなら手をたたこう」という歌の本当の意味を教えていただきました。
 今年も8月15日に、長泉寺で平和への鐘をつきました。岡山ユネスコ協会としては17回目、私にとっては20回目の節目の年になります。記念講演では、岡山空襲についての話をお聞きしました。戦争への道を許さないために、戦争とは何かをきちんと知り、顔の見える具体的なつながりのなかで「平和」をともに築くことを大切にしていきたいです。

*朝日新聞「be」掲載記事を参考にしました。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鬼木のぞみ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1961年
  • アイコン画像 現住所:岡山県
読者になる
・お酒 

・アジアが大好きです

*連絡先*
岡山市北区野田5-8-1
かつらぎ野田ビル2F
TEL:086-242-5244
FAX:086-244-7724
メール:hopequal@po7.oninet.ne.jp


1961年
鳥取県米子市生まれ。
岡山大学理学部化学科卒業。
1986年
友人たちとフィリピンネグロス島の人々と交流し支え合う「ネグロスキャンペーン岡山」を設立。現在、国際理解教育と国際協力に関する「南北ネットワーク岡山」事務局長。
岡山短期大学、山陽学園大学の非常勤講師を勤める。
2007年4月
岡山市議会議員選挙に初当選。
現在、3期目。2期目には保健福祉委員会委員長に。
現在は、保健福祉委員会、岡山へ人を呼び込む魅力調査特別委員会所属。

2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
イベント・学習会etcのご案内
議会質問と答弁
虹色通信(市政レポート)
P R
最新コメント
アイコン画像鬼木のぞみ
» 6月1日 父£川健作さん葬儀式  (2015年06月06日)
アイコン画像わく
» 6月1日 父£川健作さん葬儀式  (2015年06月04日)
月別アーカイブ