ヘルマンミヤマクワガタでクリフト

December 26 [Mon], 2016, 21:19
「誕生石」をご存じですか。
女性のかたの多くはご存じでしょうが、紳士の場合はわからないかたも多いかもしれません。
誕生石と申しますのは、生まれた月ごとに割り当てられた宝石のことをいいます。
例えば、これから夏季ですが7月額はルビー、8月額はペリドットというように12カ月分割り当てられていらっしゃる。
ギフトに悩んだ時折、誕生石にあたる宝石をプレゼントするなど知っているとなにかと便利です。
7月額がお年齢のかたには、ルビーのピアスやネックレスなど可愛らしくて良いですね。
さて、こういう誕生石、いつ頃、いつの国の何者にて定められた商品なのでしょう。
誕生石をご存じであっても、そこまでご存じのかたは乏しいことでしょう。
宝石などの石がお好きなかたは、トリビア位に覚えておくと良いですよ。
功績における文筆におきましては、誕生石の最初は2つあります。
現在でも普及している誕生石に繋がる最初としては、18世紀辺りのポーランドであったと言われています。
ポーランドの宝石商が編み出したそうです。
もうひとつは、旧約バイブルの時までさかのぼります。
ユダヤ教の高僧が、12個の宝石が縫い垂らしられたおっぱい装飾をつけていたことから始まったと言われています。
何月額はどの宝石といった取り決めは、いまだになかったようですね。
月ごとに宝石が割り当てられたのはポーランドのほうで、始め、各宝石商にて月ごとの宝石はさまざまに異なっていたのですが、なんとも経ってから誕生石は均一した方がいいのではないかという演出が始まったのです。
そうして1912カテゴリーになり、米で開催されました「アメリカ合衆国宝石会社フェスティバル」におきまして、なんとか月ごとの誕生石が統一されたのです。
とはいえ、後々、ナショナリズムにおいて誕生石に定められた宝石は、多少の幅を見せている。
勿論我が国でも、誕生石は設定されていますが、断然海外のナショナリズムと多少の違いが見られます。
ひとまず、プレゼントする時折、お客の世界中に合わせた誕生石を調べたほうが、ますます必勝ということになりますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Keita
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる