タッキーで純やん

December 25 [Mon], 2017, 6:34
夜中に熱が上がって、40℃近くまで上がって健康状態が悪かったので、翌日病院で診察してもらいました。
先生はインフルエンザが検査できますよと尋ねられました。
私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、検診したいと願いました。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、体調にも影響を及ぼします。



女性に多く見られる症状の一つは便が腸にたまってしまうことです。


運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが提案します。

後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。


毎日続けて摂っている乳酸菌のおかげで私はきわめて健康的になることができました。毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。


ヨーグルトは工夫すれば味に変化をつけやすいですし、便秘にならずにすみます。乳酸菌を毎日摂るようにしてから、肌の方も調子がよくなってきて、体重も減ったのでした。大便が出なくなると、健康に必要ないものが体から出ないため、口臭が発生します。いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液などで口内をきれいにしても、口臭は腸から胃を伝わって必要でないものを出そうとし、口が臭い結果となるのです。



そうなると、お通じがよくなると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。インフルエンザに感染したことが判明すると学校などへの出席が5日間禁止になります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱は2、3日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。
熱がすっかり下がっても、体の中にはにウィルスが含まれており、第三者にうつしてしまう可能性があります。なので、お休み期間は守ることが集団感染しないためには重要なことです。


決まったものがありません。商品パッケージには適量と回数が、明示されているわけですから、1日の摂取量を一度 でまとめて取り込むよりかは、決まった回数に分けた方が効果を実感できます。ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒ですが、ビフィズス菌の方はそれに加えて、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る力があるらしいです。ノロウィルスの対策に良いとしているのですね。最近では、様々な感染症についての聞く機会も増えたので、、摂るといいかもしれません。私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。
便秘改善に効果があった方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私もヨーグルトを買いに行って毎日食べてみたのです。
毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、今では、便秘で困ることもなくなりました。


インフルエンザは風邪と比べて別のもの知られています。



大体、1日から5日くらいの潜伏期間を経て、短時間で高熱に達し、3日から7日ほどその状態が続きます。

型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など少々違いが見られます。時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、甘くは見ることはできない感染症です。最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、中でも整腸作用の効力が高いといわれているようです。腸内善玉菌の数を多くすることで腸の活動が活発になり体の中に溜まっていた便が排出されやすいのです。
ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。



乳酸菌を常用することで腸を整える効果が強まります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ruka
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる