大きいリード式のカレンダー、周暦(双暦と略称する)の機関

July 10 [Wed], 2013, 10:56
このような大きいリード式のカレンダー、周暦(双暦と略称する)の機関は構造の上に1の明らかな特徴があって、それはつまり1つの大きいリードがあって
奇抜思考(ひねくれ者につき閲覧注意!)
、そのためこのような機関も大きいリード式のカレンダーの機関を言います。機械を表して運行する時、時順番に当たって日のバックギアが反時計方向に順番に当たって回すことを推進して、日が歯車の歯の軸にまたがってまた日を動かして時計方向回転に順番に当たることを推進します。時の車輪と動かすこと 日車輪の伝動比は2:1で、ただちにくるくる回る2週間の(24時間)の時に、日を動かしてくるくる回ります 1週間。日を動かしてリベット締めに順番に当たる動かして売ることがいて時計スーパーコピー、それは1日の順番に当たる動かすことを動かすもとに大きいリード (F所)に接触して、そして大きいリードのエンド部左へ上方のモバイルを推進して、大きいリードのエンド部A 所の運動の軌道が絵のような中に点線の示した事をつけます。
売って最も左位置のJ点所に到着することを動かす時、この時にA点も最も左位置Gに到着して所をつけます;それから売ってまた上方のモバイルに大きいリードを動かしていることを動かして、大きいリードのエンド部A点がHに到着して位置をつける時火垂るの墓byジブリ、大きいリードEから所をつけて滑りだすことを売ることを動かします。この時、大きいリードは自身の復原モーメント効果の下で瞬時にカレンダーの輪の上の1つの歯を弾いて、つまりこの時大きいリードの先端はH点からA に帰ります点、それによってカレンダーのウィンドウに1つの数字を跳んだことがあらせます。この時に印棒は印棒のリードの効果の下で一回跳んだことがあって、そしてカレンダーのウィンドウの内で1日の数字の固定を交換することを。日 暦盤の上で共にS1つの歯(すべての歯が1日代表する)があってカレンダーの機関の動作原理は何です、そのためそれは脈打って1つの歯離れますと、期日すぐ次に一日替えました。カレンダーの機関が期日の入れ替えの作業に対して終わった後に、時車輪のは上述の運動の過程によって循環して働き続けることを下へ動かします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nihaoweilai
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nihaoweilai/index1_0.rdf