女性の為の妊娠保険

February 11 [Tue], 2014, 21:44
妊娠が発覚した。でも保険加入って必要なの?
と思う方は沢山いらっしゃると思います。



そもそも妊娠中の生保新規加入は可能なのでしょうか?


娠中に新規で生命保険に加入するには、様々な制約があります。
初めての妊婦発覚の健診時から、妊娠27週までなら妊婦でも医療保険加入可能です。

しかし、女性は妊娠出産のための身体の機能を持っているために、男性とは違った病気にかかる危険性が……。
例えば子宮筋腫や卵巣嚢腫や乳がんなどが大半に値します。
特に妊娠中は免疫が低下しがちな為、さまざまな病気が襲う可能性が高くなります。
出産に関しては妊娠中毒症や羊水過多症にかかり、流産してしまうといったトラブルもあります。
それだけでも不安だし、医療保険に頼りたいところですよね……。
しかし医療保険の中には「特定部位の不担保」という条件があり、仮に帝王切開で手術を受け場合「特定部位の不担保」に相当するために給付金がもらえないことになるのです。
さらに、帝王切開の手術を受けると「過去5年間以内の手術が有る」ということに値してしまい、5年間は生保の加入が困難になってしまうのです……。
ですから、生命保険への加入は妊娠前にしておくことが望ましいですね。

しかし、そんな事言ったって既に妊娠中……と言う方。
ありました。妊娠後でも可能とした生命保険。

数年前に保険業法が改正され、少額短期保険会社という保険会社が誕生したそう。
比較的小さな額の保障と、短期間の保障であることで、大きな保険会社ではなかなか商品化しずらい特徴のある保険商品を販売できる ようになりました。
現在では約70社の少額短期保険会社があるみたいです。
是非チェックをオススメします。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柩
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nightmare0924/index1_0.rdf