ラッセルと和気

March 28 [Mon], 2016, 19:28
妊婦にとって葉酸は最も大切な成分ですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると知られています。それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、是非、葉酸の摂取を心がけてください。妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特徴があります。普段の食事で得られる量では摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが開発されています。このようなサプリを飲めば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を減らす効果があります。厚生労働省が推奨するように、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。手軽に摂るならば葉酸のサプリメントで不足分を補給しても賢い方法だと言えます。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で乱れがちな自律神経を正常にするため、すなわちホルモンバランスも正常に整っていく、ということです。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、思い立った時にはすぐに始めることが出来ますよね。軽く息が上がる程度の運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。身体のケアと共に、こころの安定を図ってくれますので、ぜひ実践してみてください。葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。また、さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。妊娠しやすい体になるために、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も今から飲んでおくと安心です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夏希
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/nigeisat1ifchp/index1_0.rdf